この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ひとりぼっちのジョージ―最後のガラパゴスゾウガメからの伝言 単行本 – 2007/4

5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 5

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

南アメリカの西、およそ1000キロ沖に位置するガラパゴス諸島。ながらく人の手が入ることのなかったこの楽園は、島ごとに独自の進化をとげた特異な動物相・植物相に溢れ、ダーウィンが進化論を着想するきっかけとなった。そんなガラパゴスの特徴的な動物の一つがゾウガメだ。だが、近海で操業する捕鯨船に数世紀にわたって食糧として乱獲され、ゾウガメは激減する。なかでもピンタ島では、20世紀初頭に標本にされた数頭を最後に、姿を消したと思われていた。しかし、1971年、偶然一頭のオスが発見される。保護されたそのゾウガメは、その孤独な身の上と世捨て人を思わせる風情から、「ロンサム(ひとりぼっちの)・ジョージ」と呼ばれるようになった。以来、ジョージは現在にいたるまでガラパゴスの観光の目玉、自然保護のシンボルとして、世界じゅうの人々に愛されている。だが、ジョージの来し方を辿り、生物学的特徴を検証すると、彼の驚くべき真実が明らかになる…。歴史とDNAに刻まれた「過去」から、最先端の生物学によって創造される「未来」まで、そして、小さな島の生態系から世界的な環境問題まで、一頭のゾウガメをめぐって自在なスケールで語られる人と自然の物語。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

ニコルズ,ヘンリー
1973年生まれ。ケンブリッジ大学を卒業後、シェフィールド大学にて進化生物学を専攻して博士号を取得。現在、イギリスの科学ジャーナリスト、科学雑誌編集者として活躍し、ネイチャー誌、ニュー・サイエンティスト誌、インディペンデント紙などに精力的に寄稿している

佐藤/桂
翻訳家。上智大学文学部英文学科卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 298ページ
  • 出版社: 早川書房 (2007/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4152088109
  • ISBN-13: 978-4152088109
  • 発売日: 2007/04
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.8 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 596,547位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 ――ジョージって誰だ?

 【ロンサム・ジョージのプロフィール】
  ・出身はガラパゴス諸島のビンタ島。
  ・体重88kg、甲羅の長さ102cm。
  ・推定で80歳代。人間で言えば壮年にあたる。
  ・草食。低木やサボテンの葉をかじるため首が長く、
   前方のへりがめくれあがる鞍型の甲羅を持っている。
  ・近縁種のメスのカメにまったく興味を示さず、
   性的不能ではないかと疑われている。
  ・『ゴルゴ13』に登場し、暗殺者に命を狙われた。
  ・実際に、ガラパゴス諸島近海のナマコ漁のいざこざ
   をめぐり、殺してやると脅された。

            (本書帯封より引用)

 ふむふむ。

 ダーウィンが進化論を組み立てるきっかけとなったのは、ガラパゴス諸島での短い体験だったといわれています。
 「諸島」であるにも関わらず、島によって全く違う生態系、近縁種なのに一つとして同じものが重なっていない独立性。
 そうしたもののなかから「生物は環境に適応して進化するのではないか」という仮説が生まれてきたといわれていますが、このジョージは、ガラパゴスゾウガメの一種。
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 ガラパゴスゾウガメの一亜種、そのたった一頭の生き残りである「ジョージ」をめぐる物語。カメのことよりもむしろ、カメ一頭に血道をあげる人びとや、自然保護活動において無視される島の住民たちの生活の方が気になって仕方がなかった。単なるゾウガメ賛美の書と受け取るか、それとも自然保護とは本当は何なのかについて考え始めるきっかけとするか、すべては読者の力量にかかっている。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
最後のゾウガメを通して、生物の保護とはどんなことか考えさせられる魅力的な本。とにかく読んでください。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック