¥ 1,512
通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ひとりで苦しまないための「痛みの哲学」 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ひとりで苦しまないための「痛みの哲学」 単行本(ソフトカバー) – 2013/10/24

5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
単行本(ソフトカバー)
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 1,042
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ひとりで苦しまないための「痛みの哲学」
  • +
  • リハビリの夜 (シリーズ ケアをひらく)
  • +
  • つながりの作法 同じでもなく 違うでもなく (生活人新書)
総額: ¥4,428
ポイントの合計: 90pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

「痛み」、それは他者が完全に理解することができない一方で、他者の共感を強く呼び起こすものでもある。
きわめて個人的体験でありながら、人間の社会的な共同性のただなかにある痛み。医師であると同時に、自ら脳性まひの障害の当事者として、「痛み」の思想的意義を考察してきた熊谷氏が、
大澤真幸氏・上野千鶴子氏・鷲田清一氏・信田さよ子氏という、哲学・社会学・臨床などの領域を代表する第一人者とともに、「記憶」「快楽」「言葉」「ケア」というテーマについて語りあう。

内容(「BOOK」データベースより)

「痛み」、それはきわめて個人的な体験でありながら、人びとの社会的な共同性のただなかで起きている。医師であると同時に、脳性まひの当事者として発言をつづける注目の論者が、痛みと「記憶」「快楽」「言葉」「ケア」をテーマに語りあう。境界を越える当事者研究の対話の記録。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 197ページ
  • 出版社: 青土社 (2013/10/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 479176739X
  • ISBN-13: 978-4791767397
  • 発売日: 2013/10/24
  • 梱包サイズ: 19 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 316,124位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

5つ星のうち3.5
他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(2)

トップカスタマーレビュー

2015年2月3日
形式: 単行本(ソフトカバー)|Amazonで購入
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年8月13日
形式: Kindle版|Amazonで購入
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。galaxy s7 edgegalaxy s7