中古品
¥ 18
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【書き込みなし】経年によりページにヤケのある商品になります。読む上で問題はございません。十分な検品をしてから出荷をしていますが、万が一、書込みや記載不備がある場合はご連絡頂ければ対応を致します。全ての商品はamazonコンディションガイドラインに準じて出品を行っております。詳しくはamazonマーケットプレイスコンディションガイドラインをご確認お願いします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ひとつ目女 (文春文庫) 文庫 – 2011/11/10

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 18

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

生物と機械の境界が曖昧になった近未来のトーキョー。便利屋のおれが引き受けた「ラクダを捜してほしい」という奇妙な依頼が、謎の中国人、妖艶なひとつ目女を道連れにした、驚異に満ちた冒険へと発展する。著者の歩いたアジアの風景が、誰も見たことがない魅惑的な世界に結実した会心のシーナ的SFワールド。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

椎名/誠
昭和19(1944)年、東京生れ。作家。吉川英治文学新人賞を受賞した「犬の系譜」(講談社文庫)、日本SF大賞を受賞した「アド・バード」(集英社文庫)など著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 283ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2011/11/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 416733433X
  • ISBN-13: 978-4167334338
  • 発売日: 2011/11/10
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 710,614位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
SF3部作、特に一連の「武装島田倉庫」系作品に繋がるシーナSFです。
「砲艦銀鼠号」と同じく地名(国名)に実在の国名が使われており、シーナワールドと呼ばれるそれ以前の謎だらけで混沌とした世界観が薄まってしまったのが残念です。
主人公たちに「金儲けのためにここでもう一戦か?」と思わせておいて、結局はさっさと諦めて目的地に急ぐなど、SF三部作に比べるとあまりアドレナリンを出さずに読めるのんびりとしたシーナワールドともいえるでしょう。
そういう意味では厳密に武装島田倉庫系の連作かというとそうでもないともいえますが、シーナSFお得意の創作生物・テクノロジー・オールスターシステムともいう手法は健在です。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 小倉光雄 トップ500レビュアー 投稿日 2015/10/13
形式: 文庫
椎名誠のSFに執拗に繰り返されるモチーフが、中国(著者の知る現実の中国奥地を思い切りデフォルメしたものととらえてほしい)と生体改変およびそれによる異形の生物たちー内臓のイメージがキーワードかーである。この内臓のイメージは、環境汚染で変わってしまった世界イメージにも反映されている。これほど繰り返されると、ここに彼のオブセッションがあり、それが創作のエネルギーなのだろうと思える。筋としては、一応冒険譚であるが、世界観を楽しむ枠組み程度に考えて良いと思う。特に導入部である、ひとつ目女と出会うまでの情景の幻惑的なイメージがすばらしい。中間部での旅の情景には、叙情を感じる所すらある。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック