中古品:
¥ 1,274
+ ¥ 391 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【レンタル落ちVHSビデオ】 1:中古ビデオの為、コンディションを気になさる方はご購入をお控えください。色褪せ、日焼け、映像・音に歪みやノイズがある場合がございます。※初回特典等は付いておりません。また、発売元・販売元につきましては登録情報と異なることがございます。2:VHS本体およびレンタルショップで使用されていたケースは発送前に可能な範囲でクリーニングしております(新品ケースへの入れ替えは行なっておりません)。※商品(紙箱や缶のケースなどに入っている場合等)によっては現状での発送となります。3:発送は日本郵便のゆうメール便となります。※5000円以上の商品もしくは3本以上ご購入された場合は基本的に佐川急便となりますが、沖縄・離島への発送は、ゆうメール便もしくはゆうパック等となる場合がございます。4:商品の詳細内容をご希望の場合(※ASINをご記入の上)や、到着した商品に不具合がある等の問い合わせにつきましてはメールにてご連絡ください。早急に対応させて頂きます。※土・日・祝日は休業日の為、翌営業日の対応となりますので、ご了承ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ひとつ屋根の下 (1) [VHS]

5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:9¥ 1,274より

キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【NBCユニバーサル TVドラマ】 -アメリカのTVドラマ50%OFFや日本初上陸の新作情報など、ユニバーサルのTVドラマ情報はこちら

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。

  • 【50%OFF以上多数】DVD・ブルーレイ冬の大セール開催中(2017年1月31日まで)バーゲンコーナーを今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 江口洋介, 福山雅治, 酒井法子, いしだ壱成, 山本耕史
  • 形式: Color
  • テープ数:: 1
  • 販売元: パイオニアLDC
  • VHS発売日: 1993/10/22
  • 時間: 142 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005FZ7G
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

レビュー

演出: 永山耕三/中江功
脚本: 野島伸司
音楽: 日向敏文
出演: 江口洋介/福山雅治/酒井法子/いしだ壱成/大路恵美/山本耕史/RIKAKO/山本圭
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

離れていた時間を埋め、ひとつ屋根の下で暮し始めた兄弟達を描いたフジテレビの大ヒットドラマ!
-- 内容(「VIDEO INSIDER JAPAN」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
4
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(4)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

私は江口洋介さん演じる「あんちゃん」が大好きです。
家族をまとめようとひたすら頑張り時にはかっこ悪いことも
家族のためにやります。
そして、あんちゃんは世間体なんかよりも家族の気持ちを
大切にします。そして名言が「そこに愛はあるのか?」です。
あんちゃんは時にはかっこ悪くてデリカシーがなかったり
場の雰囲気が読めなかったりします。
でも、人の気持ちを大切にすることは忘れない。
柏木家には様々な事件が起きます。
しかし、それは、あんちゃんの家族を思う気持ちで
乗り切っていきます。家族愛の理想の姿がここにあります。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
ひとつ屋根の下 の スタ−ト である。 ここのところを見ておかねば、後の展開がわからない。
いろいろの伏線が敷いてある。長男がマラソンを引退し、各所にあずけられていた弟や妹をひとりずつたずねて、ひとつ屋根の下に結集させる
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
家族の大切さや愛を実感するドラマです。さまざまな家族ドラマを観てきましたが、これ以上の傑作はないでしょう。
あんちゃんこと柏木達也が不器用ながらも、一生懸命兄弟を想う姿には心を打たれます。
あんちゃんのギャグもめちゃくちゃおもしろくて、最高です!ちい兄ちゃんもかっこいいし、小雪もすごくかわいいですよ。
「そこに愛はあるのかい?」
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
「高校教師」「人間失格」等すっかりシリアス路線のイメージが定着している鬼才・野島伸司が描いたドラマの中でコミカル&ほんわか路線の稀な傾倒のドラマが本作だった。
何なんだろう?野島氏の描いたドラマは、何らかの語句でその魅力を語る事ができるが、このドラマに関しては「このシーンが!」「この部分が!」と改めてシーンを述懐するのが困難だ。でも、けして無感動という訳では勿論無い。そういう偏ったインパクトというのは無かったけど、全体的に染み渡るような普遍的な魅力というのが本ドラマには漂っていた。野島氏のドラマはいわゆる、起伏に富んだ演出というかシリアル路線程、ドラマティックでメリハリあるシーンを挿入した訳だが、このドラマはイントロの生ギターにのせた、サボテンの花のイントロが流れる時点で既に、空気のような存在みたいな日常的な流れそのものが魅力でもあった。
このドラマの魅力は、ずばり兄弟愛に尽きると思う。兄弟数があまりに多く、各々の人物に焦点が当らないのでは?と思いきや、各回毎に実に緻密に各々の描写をし切った部分は流石野島氏だと思う。しかも、各々に実に特色あるキャラクターを付加させた。インテリもいれば、不良もいると言った具合に、でも根底では再び再会する事を結局望んでいたという部分が、何とも微笑ましい。印象深いシーンは、やはりマラソンシーンや襲われるシーンだと思うが、石田壱世がガレ
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す


フィードバック