中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ひぐらしのなく頃に 綿流し編(1) (ガンガンWINGコミックス) コミック – 2005/12/22

5つ星のうち 4.2 24件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

出版社からのコメント

話題騒然のサウンドノベル、堂々のコミック化!!
寒村・雛見沢村での祭の日に毎年起こる惨劇。一人が死に一人が消えるという忌わしき事件が今年も起こるのか!?話題独占のサウンドノベルを完全コミカライズ!


登録情報

  • コミック: 182ページ
  • 出版社: スクウェア・エニックス (2005/12/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 475751591X
  • ISBN-13: 978-4757515918
  • 発売日: 2005/12/22
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 24件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
綿流しですね。ゲームをプレイ済み、ドラマCDで聞いた人にとっても、大変納得できる作品だと思います。
アニメ見たけど原作やってない、もしくはできない人にとっても、原作に近い話の流れが知りたいなら読むべきです。

原作知らずに読んで、評価低めにしている人もいるみたいですが、綿流しは『楽しい日常』から『恐怖の日々』への落差が凄く大きい作品です。
1巻は楽しい部分でしたが、6月発売予定の2巻ではかなり深くくると思われます。
個人的な予感では2巻の見所はレナの推理だと思われますので、そちらも期待しましょう。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
この「綿流し編」の作画担当者の方條ゆとりさんは、同じコミックで「迷想区閾」という作品を書いていた方です。絵もとてもきれいで初めてひぐらしを読む方にも読みやすく好感がもてる絵だと思います。

特設ホームページで「この謎は悪質。あなたはきっと騙される」とかかれてありましたがそのとおりな展開です。連載も終わりに近くなっていますが泣ける展開になってきています。買って損はないと思い☆5つ。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
なかなか良いと思います。
少女漫画的な絵が、恋愛要素の目立つ綿流し編の雰囲気に合ってるかと。
やはりこちらの絵も崩れが目立ちますが。
この絵は綿流し編だからこそ似合うわけで、鬼隠し編とかだったら
また印象が違うものになったと思います。
ひぐらしは各編の担当者が上手く振り分けられてますね。

話としては上手くまとまってます。
不満点はレナを豹変させた所です。
本来なら綿流し編のレナは一切豹変しません。
この編ではしっかりしていて頼もしいという印象のレナですが
1巻では不気味さの方が際立っていました。

全体を見ればよく出来た作品になってると思います。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
『ひぐらしのなく頃に』という作品は、PC用ノベルゲームとして制作された、雛見沢という鄙びた寒村で発生した(し続けている)事件をモチーフにした、サスペンス調のミステリーです。同じシチュエーションを、少しづつキャラクターのフォーカスを変える形で、幾通りもの切り口から描くという手法が特徴的で、原作者によると「全8編」のストーリーから成立する作品だということです。また、事件の真相が示されず、複数の視点からの物語を読み進めることで、読者自身が真相を推理するというスタイルも新鮮です。

内容的には、鄙びた寒村故の、人と人との濃厚なつながりを、プラスマイナス両面から極端に対比させて描いている点が印象的で、特に信じていたものが崩れ去っていく過程の描写が売り物となっています。

今回全8編中の1〜3編がそれぞれ書き手を変えてコミカライズされたわけですが、ビジュアルを得たことによりこの作品に新たな魅力が加わりそうで、大いに期待しています。

この『綿流し編』は第2編にあたり、スポットが「園崎魅音」に当たります。1編に登場しなかった、あるいはあえて注目されていなかったキャラクターにも光が当てられており、複雑な要素が徐々に明かされてきています。また中盤、第1編のメイン「竜宮レナ」が狂言回し的に立ち回っている点も注目。こういった「魅せ方のコントラス
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
私は今まであらゆる雑誌にひぐらしの記事が書かれていて興味は

持っていたのですが、原作の絵があまりにも酷いモノだったので

少々近寄りがたかったのですが・・

漫画版の方は表紙を見ても解るように、なかなか綺麗な絵なので購入しました。

最初の方は、よくあるハーレム系かな?と思って読んでいましたが

終盤になっていくにつれ作品のムードが一変し・・

まさに”狂気”です。

そしてこの作品には正解率1%の謎というものがあるようで

それを考えていくのは楽しくはありますが・・

原作のボリュームで正解率1%・・漫画版でその謎に辿りつけるのだろうかと疑問はあります。

そういう風に考えていくと・・だんだんPC版の絵も気にせずに

初めていけるようになりました。

ひぐらし・・いいですね。そして竜騎士おそるべし
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック