ひぐらしのなく頃に 劇場版 スタンダードエディショ... がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,734
通常配送無料 詳細
発売元: リンクス オンライン (ご注文当日または翌日に発送致します)
カートに入れる
¥ 2,734
通常配送無料 詳細
発売元: WEST online
カートに入れる
¥ 3,085
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ひぐらしのなく頃に 劇場版 スタンダードエディション [DVD]

5つ星のうち 3.0 25件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 2,734 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,370 (33%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、ハピトクショップ【365日迅速・丁寧・安心発送】が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:10¥ 600より 中古品の出品:9¥ 98より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • ひぐらしのなく頃に 劇場版 スタンダードエディション [DVD]
  • +
  • 劇場版「ひぐらしのなく頃に 誓」スタンダードエディション [DVD]
総額: ¥4,534
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 前田公輝, 飛鳥凛, 松山愛里, あいか, 小野恵令奈
  • 監督: 及川中
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: Frontier Works Inc.(PLC)(D)
  • 発売日 2008/11/21
  • 時間: 106 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 25件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B001ECUN0A
  • JAN: 4580143039069
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 132,926位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

突然失われる日常、正解率1%の謎
人か祟りか
偶然か
毎年同じ日に1人が死に、1人が消える・・・

【商品仕様】
●アニメ「ひぐらし」柄描き下ろしイラストを使用したリバーシブルジャケット
●サントラ&復刻版ドラマCD
現在では入手不可になってしまった、限定版パンフレット付属のドラマCDに、川井憲次作曲の臨場感溢れる劇場版BGMを追加収録!
●劇場上映生フィルム
実際に上映に使用されたフィルムを切り分けて封入!
●ピクチャーレーベル仕様

【スタッフ】
原作:竜騎士07(りゅうきしぜろなな)/07th Expansion
脚本・監督:及川 中(おいかわ あたる) 「富江」「吉祥天女」「ラヴァーズ・キス」「オクトパスアーミ/シブヤで会いたい」
音楽:川井憲次「INNOCENCE」「スカイクロラ」「リング」「輪廻」「予言」
主題歌:島みやえい子(I've)『WHEEL OF FORTUNE(運命の輪)』
配給:ファントム・フィルム
制作プロダクション:アルチンボルド
製作:オヤシロさまプロジェクト

【キャスト】
前原圭一:前田公輝 TV「ごくせん」「さわやか3組」
園崎魅音:飛鳥 凛「天使がくれたもの」「口裂け女2」「同窓会」
竜宮レナ:松山愛里 雑誌「ラブベリー」のモデル、TV「四つの嘘」
古手梨花:あいか(ミスヤングマガジン 2007年)
北条沙都子:小野恵令奈(AKB48)「伝染歌」
富竹ジロウ:谷口 賢志
入江京介:田中幸太朗
鷹野三四:川原亜矢子
大石蔵人:杉本哲太

【ストーリー】
毎年六月の村祭りの夜、一人が消えて一人が死ぬ ――
都会から離れた寒村、雛見沢で毎年起こる不可解な事件の数々。祟りなのか、陰謀なのか、
そしてまた祭りの日が訪れる・・・・果たして今年も惨劇は繰り返されるのか・・・。
絶望的な状況に屈せず、この惨劇に挑め。

【劇場公開情報】
2008年5月10日 池袋シネマサンシャイン・渋谷Q-AXシネマ他全国公開


ひぐらしのなく頃に 劇場版コレクターズエディション(初回限定生産) 同時発売!!

品番:FCBM-0005 POS:4580143039052 税抜\6,800 税込\7,140

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

07th Expansion原作による人気サスペンスアニメを実写映画化。家庭の事情で雛見沢村に引越して来た前原圭一は、クラスメイトのレナ、魅音、沙都子、梨花らと楽しく過ごしていた。だが、ある事件を境に圭一の周りで不可解な事件が起き始め…。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

やっぱりアニメ(ゲーム)の実写化は鬼門なんですかね。
どうしてもイメージが崩れてしまいます。
ヒロイン4人はよかったけど、大石さんや富竹はもう全然合ってない。
見る人によるでしょうけどね。

ストーリーとしては、原作鬼隠し編が丸々。
しかし情報不足過ぎて、元々ストーリーを知らないとほぼ理解出来ないのでは・・・
原作も最初はそうだったっけ・・・?
田舎での平和な日常が徐々に壊れていくのですが、かなり唐突におかしくなったような気がします。

舞台となる雛見沢村の雰囲気はバッチリですね。
奉納演武とか祭具殿とかいい感じでした。
たびたび電話ボックスが移されるのも、何かを暗示してていい感じ。
映像関連は結構頑張ってたと思う。
※ただし嘘だっ!を除く。

しかし、原作ファンにはキャストに違和感があり、原作を知らないとストーリー置いてけぼり。
どの層に勧めればいいんでしょうか(汗
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
原作について全く情報を得ずに観た者の感想として………。

かなりの田舎が舞台になっているわりに、制服が田舎ぽくなかったり、
カット割りや描写が独特の雰囲気をもっているなと思い、
観終わってから調べてみると……………
納得だった。

田舎に存在する風習や偏見、閉鎖的な人間関係など、
そこに住んでいない者や住んで間もない者が感じる「よそ者」感を含めた、
田舎独特の雰囲気はよく描かれている。

ただその分、原作を知らない者が観ると、
「え?どういう事?」となる部分があるのも事実。

長編作なので今後に、深く描かれていくとは思うが、
「え?どういう事?」を知りたくて、原作を観る(する?)なり次回作を待つなりと、この作品の世界に引きずりこむ力はあると思うのだが………
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
同人PCゲーム界で大きな評判を呼び、アニメ化等のメディア展開され、ついに実写映画化された「ひぐらしのなく頃に」。
予めハッキリ言ってしまえば、この実写映画は原作に強い思い入れのある方には特におすすめしません。
作品自体が面白いかどうかは関係なしに、登場人物を始めとして色々な要素が原作とはかけ離れているためです。
ちなみに私は純粋にこの映画を「ひぐらし」として観るなら☆1を付けますし、続編に対しても同じ評価を付けます。
今作のお話は原作で言えば鬼隠し編をベースにしたお話です。

以下は「ひぐらし」に全く触れた事のない方向けです。
舞台は昭和58年、田舎の山間にある雛見沢村に主人公の前原圭一が東京から引っ越してくる所から始まります。
新しい学校で仲間も出来て、圭一達は楽しく過ごしていましたが、そんな時ある事件が起こり話が展開していきます。
雛見沢では「オヤシロ様の祟り」と呼ばれる連続怪死事件が毎年起きており、今回の事件も祟りなのかそれとも何者かの仕業なのか、そこがお話の焦点となっていくわけです。
内容は和製ホラーに近く、ミステリーとは少し違いますね。
正直そんなに怖くもないのでホラー映画としても特別高い評価をあげられるわけではないのですが、原作を知らない分、悪い所も目立ちにくく見やすいはずなので興味がある方はいかがでしょうか。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
まず大石さんがイメージと全然違う。しかも次回作では大高くんが何故か強いし。

「嘘だっ!!!」のシーンでは劇場内に失笑がひろがりました。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ネル 投稿日 2010/3/22
原作がアニメなんだから実写にしたらズレるところもある! そういう所を理解せずして、キャストが似てない、しゃべり方が違う(原作を知らないのでわからないですが)、もっと可愛い娘をとか原作ファンのアニオタは理想が高すぎる。こんな次元の低い事言うなら実写を観なければ良いと思います。 何でもアニメだけの物差しで語るのはおかしいです。原作ファンでも楽しめた人がいらっしゃるみたいですが、その人は映画とアニメをごっちゃにしてないからでしょう。映画は映画として評価すべきです。僕は、演技経験のなさの割にはよく演技できてると思いますし、普通に楽しめました。ただあまりに低レベルな酷評に呆れました。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー