中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ひぐらしのなく頃に ノベルアンソロジー [DMC NOVELS] (DMC NOVELS) 新書 – 2007/7/24

5つ星のうち 2.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

惨劇を乗り越えてなお課せられる最後の試練、それは愛する人の目覚めを待つ戦い。そして優しき日々を取り戻す戦い。詩音と悟史が歩む絶望と希望の日々の行方は…(「LOVE FOREVER―貴方を待ち続けて」)。梨花が羽入で羽入が梨花で!?ひょんなことからそっくり中身が入れ替わってしまった女王感染者と神さま。二人の明日はどっちだ?(「オヤシロさまも大変だ」)。悪夢を抱えて一匹の山狗と成り下がった男は、雛見沢で一人の少女と邂逅を果たす。彼女の名は北条沙都子。小さな出会い、けれど優しい触れ合いは、男の罪と孤独を癒すのか(「イヌジモノ」)。晴れの日も、曇りの日も雨の日も、すべてがレナにとって素敵な天気。心の傷も淡い想いもきらめく虹に変えて、今日も彼女は輝く一瞬を作り出す(「雨の色/風の香」)。神になろうとした女は、その罪のため永久に春の到来を奪われた…。贖罪の重圧と絶望に蝕まれた鷹野三四を窓の向こうの『春』へと導くために、富竹は動き出す(「春に、一歩」)。雛見沢ファイターズ対興宮タイタンズ。9回裏・ノーアウト二‐三塁。1点差を追うこの大チャンスに打席に立つは北条悟史。悲劇の一夜から復帰した彼の胸に去来する想いとは―(「復帰戦」)。惨劇の地平を越えて雛見沢に降り立つ奇跡のTIPS。珠玉のノベルアンソロジー。


登録情報

  • 新書: 234ページ
  • 出版社: 一迅社 (2007/7/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4758003866
  • ISBN-13: 978-4758003865
  • 発売日: 2007/7/24
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,160,114位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
イラストレーターのなかから犯罪者が出てしまいました。
内容やイラストに関係なく、この手の作品の叩きが多く発生するでしょう。
残念な事です。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
『ひぐらしのなく頃に』を素材としたアンソロジー短編小説集は、ソフトガレージ社から第7集まで刊行されていますが、同社では現在小説等、出版物の刊行がほとんどされていないため、本来第8集のために集められていたであろう原稿を編み直して、版元を一迅社に変更する形で刊行されたのが、この『ノベルアンソロジー』と称する一冊だと勝手に想像しています。
故に、小説の理念や傾向等はソフガレノベルズで刊行された7冊を引き継ぐ形で、本編を題材としつつも、それぞれの著者独自の切り口で紡がれるオリジナル短編小説集となっているのが特徴です。
原作は既に完結して久しく、謎や伏線の検証もほぼ終わっている作品であるだけに、流石に本編に直接絡んでいる作品は少なく、収録されている6編中5編までは昭和58年6月以降の後日談的な内容となっています。詩音、梨花(及び羽入)、レナ、三四(及び富竹)、悟史といったキャラクターのその後を、それぞれの切り口で描き出している訳ですが、やや小説としての完成度、特に読み易さと言う面でバラつきがあるように感じられたのが残念ですね。
ソフガレの頃から連作のように綴っているまじか氏の一連の詩音モノ(恐らくこれが完結編でしょうね)や、非常にコメディ色の強い佐藤ヘル氏の梨花・羽入入れ替わりモノ、メインヒロインだったはずなのに、イマイチ影の薄くなってしまったレナの内面にスポッ
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック