通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ひぐらしのなく頃に解 第二話 罪滅し編(下) (星... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古本になりますので多少の傷み、汚れ、日焼け、スレ、シミ、書き込みや線引などがある場合がございますがご了承ください。丁寧な梱包にて発送致します。 130701
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ひぐらしのなく頃に解 第二話 罪滅し編(下) (星海社文庫) 文庫 – 2011/12/9

5つ星のうち 3.8 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 905
¥ 905 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ひぐらしのなく頃に解 第二話 罪滅し編(下) (星海社文庫)
  • +
  • ひぐらしのなく頃に解 第二話 罪滅し編(上) (星海社文庫)
  • +
  • ひぐらしのなく頃に解 第一話 目明し編(上) (星海社文庫)
総額: ¥2,591
ポイントの合計: 80pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



スポーツ観戦ガイド特集
一流の選手達が繰り広げる、熱い戦いの数々。ガイドブックを活用して、スポーツ観戦を全力で楽しもう。 >詳しく見る

商品の説明

内容紹介

思い出せ──、仲間を信じる心を。
昭和五十八年六月、竜宮レナは自らが犯した罪を部活メンバーに告白した。彼らはレナを許し、再び日常が戻ってくるかに思われた……。しかし、 “綿流し”の前に鷹野三四から手渡された一冊のスクラップ帳──この小さな火種がレナを再び疑心暗鬼の渦に引きずり込み、やがて学校を舞台にした大事件へと燃え上がっていく──。文字2色印刷による“祟り”発現システムであなたに贈る、竜宮レナ、血と汗と涙のがんばり物語──ここに完結。

内容(「BOOK」データベースより)

昭和五十八年六月、竜宮レナは自らが犯した罪を部活メンバーに告白した。彼らはレナを許し、再び日常が戻ってくるかに思われた…。しかし、“綿流し”の前に鷹野三四から手渡されたスクラップ帳―この小さな火種がレナを再び疑心暗鬼の渦に引きずり込み、やがて学校を舞台にした大事件へと燃え上がっていく―。文字2色印刷による“祟り”発現システム導入の罪滅し編、完結。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 416ページ
  • 出版社: 講談社 (2011/12/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4061389238
  • ISBN-13: 978-4061389236
  • 発売日: 2011/12/9
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 106,022位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
罪滅ぼし編は鬼隠し編の解決編にあたります。
しかし目明し編のように同じ世界(厳密には綿流しと目明しは微妙に違う世界らしいですが)
を違う視点から見ていくという訳ではありません。
罪滅ぼし編の世界で、鬼隠し編での自らの過ちに気づいた「犯人」が命を懸けた罪滅ぼしをする
そんな物語です。
内容は「熱い」の一言。
終盤の盛り上がりはひぐらしの中でも最高レベルです、燃えますよ!
祟りシステムの赤での演出効果は一見読みにくそうですが、
物語に惹き込まれやや興奮している状態の人間にはほとんど気にならないかもしれません。
むしろ読みにくいせいでサラッと目で流し読みできないので、文字に目を近づけて食いつくようなポーズに自然となります。
すると人ってのは不思議なものでその気になっちゃうんですよ!いや本当に!(笑)
原作プレイ済みの人間にとっては細かい加筆・修正が地味に嬉しかったりします。
でも音楽が無い分やはり雰囲気で若干劣ります、やはりED曲が無いのが痛い。
しかし自分のペースでどこでも読めるなど小説である利点も多々あるので、
どっちが良いかは人それぞれだと思います。
あと表紙のセンスがいいですね
上巻の表紙と向かい合わせると・・・?
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
回答編ではありますが、厳密な回答ではありません。
たぶん…そうなんだろうな、という程度のものです。
なぜなら、回答を導き出す人間が出題編でも被害者であり加害者であり。
探偵役としての第三者ではないので、あくまでも主観的なもの。
だから、「納得できない」「ありえない」というブーイングが出るものしかたないかな。

だけど、謎解きを横に置いて、この本のみを読んでみれば。

頭に血が上った自分を冷静に顧みて、その反省をいかすチャンスなんてそうそう与えられないよね。
圭一そしてレナの暗い過去が語られ、やり直すことのむずかしさ、
それでも人を信じることのすばらしさが、恥ずかしいほどの熱い文章で語られます。

それでもやっぱり。。。
惨劇は起こってしまうのですね。梨花ちゃんと話してた名無しの正体は、次巻であきらかになるのでしょうか。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 一言で説明するのが困難なシリーズである。

 基本的には同じ設定から物語が始まるが、悲劇のメインキャラは毎回変わり、殺人が起こる。

 ミステリ的な扱いをされているが、これはメタ小説だ。互いに独立した世界(パラレルワールドのようなもの?)という体裁をとっているのに、登場人物の一部は、別のストーリーの記憶があったり、、、
この不思議な世界の種明かしが今後の作品で明らかになるのか、不思議なままで終わるのか、今後に期待したい。

 さて、本書は、とにかく「壊れていくレナ」が鬼気迫る。これを怖いもの見たさ的な気分で読めばよい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
遂に圭一が一つ目の関門を打ち破ります。屋上の決闘はアニメでも見てください。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック