この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ひかりの足跡―ハンセン病・精神障害とわが師わが友 単行本 – 2009/8


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 11,950 ¥ 792
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

戦前・戦後を通じ90年近くハンセン病患者とその家族を苦しめ、強制隔離が行われる根拠となった"らい予防法"の廃止への道筋をつけた大谷藤郎氏。本書は、テクノクラートとしてハンセン病・精神保健に長年に渡り携わった著者が、生涯の師、生涯の友と仰ぐ人々の生き方によって自身の目を啓き、高め、影響を与えられてきたのか、ひいてはこうしたした人々の群像が保健医療福祉の歴史の一面を形づくってきたのか自身の半生を振り返りながら語られている。


登録情報

  • 単行本: 514ページ
  • 出版社: メヂカルフレンド社 (2009/08)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4839212902
  • ISBN-13: 978-4839212902
  • 発売日: 2009/08
  • 梱包サイズ: 22 x 16 x 3.6 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 256,613位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう