中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ばくだん!~幕末男子~(1) (講談社コミックス) コミックス – 2011/8/17

5つ星のうち 2.8 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

著者について

加瀬 あつし
1963年、千葉県生まれ。血液型:B型。デビュー:週刊少年マガジン1990年17号 『カメレオン』。コミックス:『ジゴロ次五郎』1~21巻(以下続刊)、『ジゴロ次五郎 CAR GUIDE』(KCDX)、『カメレオン』全47巻、『KPCカメレオン』、『ポリ公マン』全4巻。受賞歴:『カメレオン』(平成11年度 第23回講談社漫画賞・少年部門受賞)。


登録情報

  • コミック: 192ページ
  • 出版社: 講談社 (2011/8/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063845435
  • ISBN-13: 978-4063845433
  • 発売日: 2011/8/17
  • 梱包サイズ: 17 x 11.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
本書(加瀬あつし『ばくだん!幕末男子 第1巻』講談社、2011年)は、週刊少年マガジン連載漫画の単行本である。基本的に同じ著者の人気作品『カメレオン』と同じノリである。ダメ高校生が運に味方されて成り上がる。大きな相違点は主人公が幕末の京都にタイムスリップしたことである。新撰組の近藤勇や土方歳三が登場する。
『カメレオン』は主人公がヤンキーとして成り上がる作品であったが、連載の長期化によってヤンキー自体が時代遅れの恥ずかしい風俗になった。それには『カメレオン』も敏感で、後半ではヤンキーが時代遅れであることを風刺する自虐的なギャグも登場する。さらにラストは大学受験というヤンキーとは無縁のイベントが展開された。これは現代におけるヤンキー物の行き詰まりを象徴する。
これに対して、『ばくだん』は舞台を幕末として新撰組をヤンキー集団的なノリで描いている。ヤンキーが時代遅れになったならば、過去を舞台に描けば新鮮になる。武士以上に武士らしさを追求した新撰組をヤンキーにたとえることは、マジメな新撰組ファンには噴飯ものであるが、ヤンキー物を描いてきた漫画家なりのユニークな歴史観の提示になっている。(林田力)
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
加瀬あつし先生といえば、カメレオンやジゴロ次五郎、最近では
ゼロセンですが、絵がうまく、下ネタギャグも面白いし、それだ
けでなく熱い友情ドラマがあったり、面白い漫画を読ませてくれ
ます。その先生の最新作は新撰組がメインテーマです。

カメレオン 全47巻完結 [マーケットプレイス コミックセット]
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ゆーた 投稿日 2011/9/16
形式: コミック
ゼロセンみたく短命で終わりそうな気がしてならない…
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
随分前にカメレオンも少々読んだ事があるのですが
正直、ばくだん!はノリもネタも話の展開もカメレオンそのものです…

いじめられっ子がイメチェンとハッタリだけでヤンキーデビューしてなぜかタイムスリップして
土壇場で発揮される超幸運だけでのし上がるというストーリー展開なんですが
カメレオンの時代には新鮮だったかもしれませんけど
現代ではやり尽くされた古臭い手法なのでもはやこの時点でカビ臭さすら伺えます
しかも展開だけでなく下ネタギャグの嵐がさらにかび臭い!!
セクハラ系のギャグやダジャレを用いたギャグがメインなんですが
全部、団塊世代のオヤジが飛ばすレベルのギャグなので正直失笑物です

作者の年齢のせいなのかもしれませんがそれならそれでギャグ路線ではなく
もう少しシリアスな展開でやればよかったのにと思います
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告