ばかもの [DVD] がカートに入りました
数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ばかもの [DVD]

5つ星のうち 4.4 27件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,175 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 929 (23%)
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:5¥ 3,175より 中古品の出品:7¥ 1,760より
ディーン・フジオカx清野菜名『はぴまり〜Happy Marriage!?〜』
互いの利益のために契約結婚した御曹司と借金苦のOLが真の「夫婦」になるまでを描いたラブストーリー『はぴまり』がAmazonオリジナルドラマでスタート。毎週水曜新エピソード更新。 今すぐチェック

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • ばかもの [DVD]
  • +
  • ララピポ [DVD]
  • +
  • 成宮寛貴 1st DVD
総額: ¥8,250
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 成宮寛貴, 内田有紀, 白石美帆, 中村ゆり, 浅見れいな
  • 監督: 金子修介
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: TCエンタテインメント
  • 発売日 2011/06/03
  • 時間: 119 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 27件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B004OVDIPU
  • EAN: 4571390721036
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 4,748位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

一生忘れられない恋がある
成宮寛貴×内田有紀が挑む究極の愛の形!

第20回日本映画批評家大賞・主演女優賞(内田有紀)受賞!

芥川賞作家・絲山秋子の同名小説を「DEATH NOTE デスノート」の金子修介監督を迎え映画化。
強気な年上の女性に冷たく捨てられた大学生の転落人生と、お互いに変わり果てた姿での再会。取り返しのつかない喪失のなかで懸命に生きる、不器用な2人の姿を赤裸々かつ優しい眼差しで綴る。

主演は「ドロップ」の成宮寛貴と「クワイエットルームにようこそ」の内田有紀。


<ストーリー>
地元高崎の大学で気ままな生活を送る19歳のヒデ(成宮寛貴)は、近所のおでん屋で27歳の額子(内田有紀)と初めて出会った。
数日後、偶然再会したその日に、額子はヒデを部屋に連れ込み、半ば強引に童貞を奪ってしまう。額子の奔放さに戸惑いつつも、ヒデは額子にのめりこんでいく。
そんな二人の別れは突然だった。ある夜、額子はヒデに唐突に他の男との結婚を告げる。「遊び以外のなんだっていうんだよ」と言い放ち、去ってゆく額子、そして茫然自失のヒデ。
大学卒業、就職、とヒデの環境は変わっていく。友人(池内博之)の紹介で付き合うことになった翔子(白石美帆)と暮らし始めたヒデだったが、虚しさは募るばかり。
虚しさを紛らわすかのように、ヒデは酒に手を伸ばした。酒に蝕まれたヒデは会社で疎まれ、恋人や友人は去り、仕事を休んでは部屋で酒を飲み続ける。
そして、遂には飲酒運転で交通事故を起こしてしまう。事故を契機にヒデはアルコール依存症の治療を受け、苦しみながらも快復していく。
アルバイトを始め、新しい一歩も踏み出した。そんなある晩、ヒデは額子の母親と再会する。
母親が語る額子の人生、そしてヒデと別れてからの惨い運命。気づけば、額子と出会ってから10年もの年月が流れていた…。
額子に会いたい。気持ちを抑えられないヒデは、額子が住んでいる街へ向かう。待ち合わせたバス停で佇む額子は変わり果てた姿だった。
それでも、忘れたくても忘れられなかった2人の10年にわたる想いが溢れだす…。

<キャスト>
成宮寛貴 内田有紀
白石美帆 中村ゆり 浅見れいな 岡本奈月 浅田美代子  小林隆 池内博之古手川祐子

<スタッフ>
監督:金子修介
原作:絲山秋子『ばかもの』(新潮社刊)
製作総指揮:植村伴次郎 エグゼクティブ・プロデューサー:奥山和由


★特典映像 ★
・メイキング
・完成披露記者会見
・劇場予告編



(C)2010「ばかもの」製作委員会
発売元・販売元:TCエンタテインメント株式会社

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

芥川賞作家・絲山秋子の同名小説を「DEATH NOTE デスノート」シリーズの金子修介監督が成宮寛貴、内田有紀主演で映画化したラブロマンス。強気な年上の女性に冷たく捨てられたダメ青年が、どん底人生を歩んだ末に彼女との再会を果たすが…。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

パッケージの気持ちよさそうな内田有紀の表情に釣られて観たけど、心理描写が冴えわたる巧みな演出と、10年の歳月を実際の事件や出来事を背景に進めていくテンポのよいストーリー展開で、拾いもんの1本だった。

ちゃんとした婚約者がいてヒデとは遊びのつもりだった額子。額子に入れ込んで惚れ込んだ挙げ句にポイと捨てられたヒデ。その後、額子にある悲劇が訪れることで、別れはしたが、二人は傷だらけになった心を共有している。それを、額子を登場させず、堕ちていくヒデの姿を丹念に描写することで表わしているのが上手い。そのほうが、10年後の再会がただごとではなくなるもんね。

母親(浅田美代子)や姉、額子の母(古手川祐子)、翔子(白石美帆)、バイト先の料理屋の娘、ユキ(中村ゆり)など、ヒデを取り巻く女たちがみんなやさしい。男だって父親(小林隆)も親友(池内博之)も、料理屋のオヤジも会社の上司も、みんなヒデの味方。ああ、それなのにアル中になってしまう「ばかもの」よ!

いっぽうの額子の哀しすぎる「ばかもの」ぶりは映画のキモなので自分で確かめてください。題名どおり「ばかもの」の話だけど、このばかさ加減は胸に沁みるし、金を払ってまで観る価値が十分にあると思います。

お気楽な学生が額子との別れをきっかけに奈落の底へ突き落とされ地獄を味わ
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ネットの悩み相談に「昔つきあっていた女性が忘れられず、毎日酒ばかり飲んでいます。仕事もクビになりました。僕はこれからどうすればいいでしょうか。」とあったら、一体誰がそんな話に興味を持つだろうか。
誰も見向きもしないような題材で、面白い映画を作っている。地味だが秀逸な作品だ。
主演の成宮くんはいい俳優だ。調べたら主演作はそう多くない。なぜかな。もっと彼の演技を見てみたい。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 シーザー 投稿日 2011/3/4
Amazonで購入
私は去年約50本映画を観ましたが最も感動したのが、この『ばかもの』です。『悪人』でも『告白』でも『キャタピラー』でもありません。
とってもスキだらけの映画ですが、この映画の無骨さが好きです。3回観ました。特に内田有紀の演技力に惚れ惚れしました。成宮寛貴も人間臭さが出ていて良かったです。
shelaの主題歌もぴたりとハマり、思わずCD買っちゃいました(>_<)
『映画芸術』の2010年ベストテンにも入れてた評論家が複数いてちょっと嬉しかったです。
ぜひ多くの方に観ていただきたく存じます。
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
2010年末に劇場で観てきました。

大学生の「ヒデ」と、彼を翻弄する「額子(がくこ)」
一組の男女の10年越しの愛の行く末を描いた作品ですが、物語はいたって単純です。
また、登場人物たちのセリフや演技も、ちょっとぶっきらぼう過ぎるほどです。

だからこそ、なのかもしれません。それぞれの感情が観客である私に直接伝わってきて、痛いほど打ちのめされました。
誰でも陥りうる人生の中の小さな過ち、理不尽な運命。そして、気付かないほど徐々に心を蝕んでゆく喪失。

ヒデと額子は長い時を経て再会を果たしますが、それからの小さな希望の日々をいくら重ねても、きっと取り戻せないもののほうが多いのだと思います。

それでも、この「ばかもの」というタイトルには、言葉では説明できない愛情のようなものが込められており、なにか自分の人生を大切にするためのヒントを得たような気持ちになります。

そうそう、エッチなシーンも結構期待していいと思いますよ(笑)

DVD発売が楽しみです。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
 主演は内田有紀さんと、成宮寛貴さん。
 内田さんは、やはり、いつものような気丈な性格な役柄設定です。
 成宮さんは、10年という年月をかけて、内田さんのことを愛しつつけるという役柄を設定したため、その年代(カットシーン)にはかなり苦労されているように思えました。
 この作品は確か、女性の芥川賞を受賞した方だと記憶していますが、その完成度の高さを見事に映像に再現出来ていると思います。
 不器用な二人が真の愛を掴み取るまでに掛かる十年というとてもつもない時間、そして、その間、それぞれに起きた色々な大きな問題。それらを乗り越え、感動のラストシーンになります。
 恋愛作品に興味が無い方にも是非お勧めしたいですね。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック