通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
はるき悦巳短編全集 力道山がやって来た (ビッグコ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ご覧頂き有難うございます。 当店評価ランクB(S~Dの5段階評価「良品」)初版 少し使用感ありますが、開き癖無く内容キレイです。 除菌クリーニングし防水包装の上、エアーマットで梱包してお送りします。 迅速丁寧を心がけております、宜しくお願い致します。 ※ゆうメール発送のため日曜祝日の配達はありません、また荷物追跡は出来ませんのでご注意ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

はるき悦巳短編全集 力道山がやって来た (ビッグコミックススペシャル) コミック – 2010/6/30

5つ星のうち 4.6 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 445

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • はるき悦巳短編全集 力道山がやって来た (ビッグコミックススペシャル)
  • +
  • 『じゃりン子チエ』の秘密
総額: ¥2,592
ポイントの合計: 79pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容説明

はるき悦巳、唯一無二の全1冊短編全集

一大ブームを巻き起こした『じゃりん子 チエ』(双葉社文庫 全47巻)で小学館漫画賞を受賞した、はるき悦巳。氏の幻の傑作として評価の高いまま単行本化されることのなかった多くの珠玉作を中心にすえ、さらに、未発表の習作2編も加えた、はるきワールド全開とも言うべき全13作一挙収録の全1巻短編全集です。
大人に負けぬ世間知を持った子供たち。リタイア知らずのパワフル老人たち。さらに、プライドを持って人間と互角にわたりあう動物たち。元気なキャラクターが縦横無尽に躍動し、笑いのうちに切ない感動の世界へと誘います。作品は発表順に収録し、著者の作家として成長の過程をたどるとともに、ラストに収録した習作によって、はるき悦巳氏がデビュー以前から持ち続けていた、揺るがぬ世界観が再確認できるような構成になっています。
巻末には、著者が全作品への思いを新たに書き下ろした、コメンタリー付きです。


登録情報

  • コミック: 446ページ
  • 出版社: 小学館 (2010/6/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 409183244X
  • ISBN-13: 978-4091832443
  • 発売日: 2010/6/30
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13.2 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
自分は中学生の頃「じゃりン子チエ」を読んで以来、
「日の出食堂の青春」も「ガチャバイ」も「どらン猫小鉄」シリーズも全て読むほどはるき作品のファンになってしまいました。
高校生の頃じゃりン子チエのファンサイトでこの本に収録されている単行本未収録作品の存在を知り、「単行本化されないかな」と思ってから9年、
これらの単行本未収録作品+幻の初期作品集「舌町物語」からの短編3編+はるきさんが漫画描き始めた頃の未発表作品を収録した単行本が発売されると知り感激でした。
個人的に「伝説」と未発表作品の「翔と影絵」「待つ戦士たち」は「じゃりン子チエ」等のコメディ作品とは違いはるきさんの作品のもう一つの世界観が見られたような気がします(「どらン猫小鉄」も似たような感じですが)。
個人的に90年代に発表された短編作品が面白かったです。
出てくる人がみな温かい「オッペラ甚太」
腹違いの兄弟が再会するという普通なら暗くなりがちな題材だが、実際に読んでみるとさわやかさを感じる「西の幸福」。
売れない漫画家の青年と一癖も二癖もある元気な4人の老人が出てくる「夏の虫」(個人的にはこの作品集で一番好きな作品)

エッセイ漫画風の「すがすがしい1日」、
乱暴なのにどこか憎めないテツみたいな男が出てくる「エンゼ
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
「じゃりン子チエ」で大ヒットを飛ばす前の、70年代の作品がいくつか収録されていますが、
チエちゃんのイメージとは大きく異なるSFロマン風の「伝説」、
静かで内省的な未発表作「翔と影絵」など、
はるき氏の色々な面を見ることができる貴重なアンソロジーだと思います。
「ドンチャンえれじい」という作品では、テツやオバアはんの原型が出てきて面白いです。
何より、巻末の氏による自作解説(どういう状況で描かれたのか、など)がいいですね。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
タイトル名になっている「力道山がやって来た」以外にも、はるき悦巳としては珍しい、古代ヨーロッパのどこかの国での戦争を画がいた作品である、
「伝説」と、「待つ戦士たち」の二作品も収録されており、この二作は、順番別々のページで収録されているのだが、この二つの物語は繋がっており、
「待つ戦士たち」を読んでから「伝説」を読むと、より一層切ない物語として読めて面白い。
それから、「翔と翼」も哀愁漂う話なのだが、この物語と同じく、飛行機を自分で作って飛ばした男を核にした作品「右向け右!!」では、
「翔と翼」とは違い、じゃりン子チエのように明るく画がかれており、「右向け右!!」が陽で、「翔と翼」が陰のようにも読めて面白い。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
日の出食堂の青春など見て、はるき悦巳作品を一通り読みたくなり購入。
初期作品集といった位置づけでしょうか
絵柄はザ・劇画といった感じですし、物語も荒削りな部分もありますが、じゃりんこチエに通じるような人情劇、人間模様の描写があったり、
じゃりんこチエにはない要素を見つけたり・・・と楽しめます。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック