この本は現在お取り扱いできません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


はるかさんとラピート君の 入門今どきの経済―国家から市場へ、そして… (日本語) 単行本 – 2001/5/1

5つ星のうち4.3 4個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2001/5/1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

著者からのコメント

吉本漫才風かけあいで見る現代経済  はるかさんとラピート君の関西人コンビと今間出羽光也郎(いままでわこうやろう)おじさん、データ検索ロボのデータ・アイのかけあいという形式で、日本や世界の経済で起こっていることを分かりやすく解説しました。本文はごくごく初心者でも寝転がって読め、深く学びたい人のためには解説やグラフを豊富につけました。推薦文献・URLも多数紹介しています。内容は、日本経済については、雇用慣行、企業系列、官僚支配体制の動揺、高齢化の問題について、世界経済については、米国経済の功罪と欧州統合、アジア経済発展の課題、グローバル化やIT革命などについて取り上げ、これらの動きを「国家から市場へ」「身内集団原理から開放交換社会の原理へ」という一貫した流れから説明しています。最終章では各種協同組合やNPO・NGO、地域通貨、まちづくりなどの取り組みも紹介しました。

内容(「BOOK」データベースより)

本書では、「国家から市場へ」という経済の流れについて、日本や世界に起っている様々な現実の経済現象を見ながら確認していきます。お話は、みなさんが日常生活のなかで直面するであろう疑問を皮切りにして、はるかさんとラピート君という関西在住の二人に、吉本漫才風の掛け合いで進めてもらいます。ここに、今までの日本のやり方を守りたい今間出羽光也郎おじさんや、データ検索ロボットのデータ・アイも加わり、議論をかわす中から、現在世の中で起っていることの意味を浮き彫りにしていきます。

登録情報

  • 発売日 : 2001/5/1
  • 単行本 : 182ページ
  • ISBN-10 : 4771012717
  • ISBN-13 : 978-4771012714
  • 出版社 : 晃洋書房 (2001/5/1)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.3 4個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.3
星5つ中の4.3
4 件のグローバル評価
星5つ
55%
星4つ
22%
星3つ
23%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2015年7月13日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2001年6月13日に日本でレビュー済み
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2001年7月1日に日本でレビュー済み
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト1000レビュアー
2013年6月28日に日本でレビュー済み