通常配送無料 詳細
残り13点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
はみだす力 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
5点すべてのイメージを見る

はみだす力 単行本 – 2013/11/18

5つ星のうち 3.9 27件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 648 ¥ 163

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • はみだす力
  • +
  • アーティストになれる人、なれない人 (magazinehouse pocket)
総額: ¥2,432
ポイントの合計: 74pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

2013年11月からMIT(マサチューセッツ工科大学)の助教に就任する現代アーティスト・スプツニ子!が贈る、「自由に生きるヒント」です。

自身の激動の半生をたどりながら、折々に「はみだし」てきたその生き様、考え方を紹介する内容。本書は4ページほどの短い区切りで進んでいきますが、各パラグラフには「はみだすヒント」としてまとめを掲載。「考えてからルールを壊せ」「型を破るには型を知れ」など、「平凡」な毎日からの脱出をしたい人、自分らしく生きたい人へのヒント満載です。

内容(「BOOK」データベースより)

マサチューセッツ工科大28歳日本人助教が教える「自由に生きる」ヒント。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 187ページ
  • 出版社: 宝島社 (2013/11/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 480021792X
  • ISBN-13: 978-4800217929
  • 発売日: 2013/11/18
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 13 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 27件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 89,435位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
彼女は、ようするに特権階級なのだろう。これがこの本を読んだ感想だ。

彼女は、はみ出そうと鼓舞する。確かに、彼女は、「ふつうの」人が生きるような人生を生きていない。
でもそれは単に彼女が、豊かで学識のある家庭(両親共に大学教授)に生まれた。ある種特権階級として成長したからに過ぎず、
そのため、「普通の」人の人生とは違う人生を歩んでいるに過ぎないのではないかと感じた。

普通の家庭に生まれて、過剰な自我を抱えて、はみ出してアーティストになったわけではなさそうだ。

そのような意味では、同じアーティストの自叙伝の、『踏み外す美術史』(森村泰昌)や、『この世でいちばん大事な「カネ」の話』(西原理恵子)の方が、はみ出る感じがよく出ており、お勧めである。
森村の本にしろ、西原の本にしろ、普通に生まれてきたが過剰な自己を抱えてはみ出して生きざるを得なかったある種の悲壮感がある。一方
、スプツニ子さんの書籍からはそのような悲壮感は感じられない。

はみ出すという本書のテーマなら、外資系コンサルティング会社の日本法人代表と結婚したエピソードも入れれば、普通の人からはみ出している感がもっと出て良かったのではないかと思う。

本書を読んでいて、彼女の場合、ジェンダ
...続きを読む ›
コメント 120人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 おさじ 投稿日 2014/4/7
形式: 単行本
一度テレビで拝見したことがあるので、彼女が見た目の華やかさのわりにとても謙虚だということは知っている。
多分、ビジュアルに反してとても素直で優しい女の子。

本書は、途中まで読んで、読み進めなくなりました。
彼女の書いていることはあくまでティーンや20代の、そして都会の若者への指南書。
しかも彼女の生まれた環境は生まれたときからコンピュータにかこまれ、理解ある両親という恵まれた環境に育った。
だからこそ生まれた「はみだす力」なのだろう。
いじめられてもへこたれずに「はみだして」きたのだろう。

そうでない家庭環境、やることなすこと全て両親に否定されて育った私には疎ましく思えてしまいました。
そして、私は既に若いといえる歳ではなく、老人となった両親の面倒をどう見ようか、と考えざるをえない年齢。
いまさらはみだして両親をハラハラさせる事はできません。なんにせよ自分の身体にも衰えを感じています。
嗚呼、これはわかいひと向けの、ある程度理解ある家庭に育った人向けの本なのだな、と思いました。
どうにも自分が卑屈になってしまいそうだったので最後まで読む事ができませんでした。
コメント 125人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
人は、それぞれ思考回路が個々に違います。
一緒の考えなんて、皆さん良く言いますが、やはり少しの違いは必ずあると感じます。
似た考えであったり、ニュアンスが違うけど同じような考えが正解なのかなぁって、そんな、不思議な感覚におちいります。あとは、実行力に行動力、やってみるかを「やってみた」を、視野と言う世界と活字と言う世界に引きずり込んでくれます。あくまでも個人の感想であり、興味があるから引き込まれていった次第ですが。俺にとっては今までに無いしかし、知っているような世界です。読んで感じて楽しんで下さい。これも、ある種のエンターテイメントでしょう。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
スプ子さんにTwitterフォローしていただいたのをきっかけに、タイムラインを読むようになり、本を買いました。
この本に向いてるのは、自分が他とはあきらかに違う人間で(特別な人間のはずだ、ということではなく)生きるのが大変な方ではないでしょうか。
ある意味ほかの自己啓発本とは異なりますし、読んでみないと合う合わないはわかりませんので、気になる方は読んでみてください。
私は半分も読んでません…。なんか彼女の歴史を読んでる段階で疲れてしまって。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
彼女の生きてきた世界では異分子だったというだけのつまらない本。日本語が下手なのか、日本語によるご自身のプレゼンが下手である。梅宮アンナの「みにくいアヒルの子だった私」と似ている。なお、はみだし系の女性のエッセイ本なら、内田春菊、雨宮処凛、小野不由美あたりがぶっ飛んでて面白い。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック