通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
はだしのゲン わたしの遺書 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◇◆配送:主にゆうメールによるポスト投函です◆当日もしくは翌々日までに発送いたします◆梱包:完全密封のビニール包装または宅配専用パックにてお届けいたします。◆商品:アマゾン専用在庫商品です。除菌クリーニング済◆◇
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

はだしのゲン わたしの遺書 単行本 – 2012/12/19

5つ星のうち 4.8 24件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 119
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • はだしのゲン わたしの遺書
  • +
  • はだしのゲン自伝
  • +
  • 〔コミック版〕はだしのゲン 全10巻
総額: ¥10,476
ポイントの合計: 162pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「忘れてしまうことが大事なこともあるが、これだけは忘れてはいけない」
「はだしのゲン」作者が死の直前、次の世代に遺した最後のメッセージ

自身の被爆体験をもとにしたまんが『はだしのゲン』で知られ、原爆の恐ろしさを訴え続けてきた著者が、73年の人生の幕を閉じる直前に力をふりしぼり「遺書」の代わりに残した作品です。「戦争のおろかさ」「原爆の恐ろしさ」、そして「人間のたくましさ」を自身の半生をふり返りながら語りつくした自伝。すべての子どもたちと、彼らを見守る大人たちに残したかった平和への思いが224ページの中に込められています。
唯一の被爆国にもかかわらず、その教訓が生かされずに原発事故が起こってしまった日本の現状にも、著者は憤りをあらわにしています。
現代に生きる私たちが、世代を超えて語り合うことのできる一冊です。

出版社からのコメント

本書には、『はだしのゲン』の印象的なシーンを抜粋したまんがも数多く掲載されています。中学生以上で習う漢字には原則としてふりがなをつけていますので、小学校高学年以上であればお読みいただけます。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 224ページ
  • 出版社: 朝日学生新聞社 (2012/12/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4904826795
  • ISBN-13: 978-4904826799
  • 発売日: 2012/12/19
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 2.2 x 21.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 24件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 92,158位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
本書は先日逝去された「はだしのゲン」作者、中沢啓治氏のまさに「遺書」であり、生い立ち、戦争体験、被爆、敗戦後の苦労、看板職人としての下積み、漫画家を目指しての上京、アシスタント生活、名作「はだしのゲン」が生まれるまでのいきさつなどが詳しく書かれている。
被爆体験などは1994年に出版された「はだしのゲン自伝」と一部重複する内容があるものの、これはこれで読み応えがある。被爆体験の場面は「はだしのゲン」の本編の絵を流用してある。
また、中沢氏は数年前に肺がんを患ってから、自分の余命があまり長くないことを覚悟しておられたようで、福島第一原発事故における被災者差別や、自分が死んだあとのことが書かれているなど、壮絶な遺書である。
「はだしのゲン」のような重厚な社会派作品を、部数命である娯楽誌である週刊少年ジャンプへ掲載した当時の編集長もすごい人だと思う。
私も「はだしのゲン」がジャンプに掲載されていた頃の読者ではあるが、現在のジャンプの読者にはそのことを知らない人も多いだろう。
ジャンプでの掲載終了後に「市民」「文化評論」「教育評論」など硬派の社会派雑誌を渡り歩く形で続編が掲載されていたことは知りませんでした。
なお、余談ではあるが、中沢氏の他の戦争や被爆体験についての作品には名作「黒い雨にうたれて」など多数あるが、ふつうの娯楽作品
...続きを読む ›
1 コメント 105人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
この書は 6歳のとき、奇跡的に生き残れた男の遺言状である。
母の危篤状況の報を知らされ、原爆に対して「鬼」となった、男の最後のメッセージである。

6歳の子どもの 細胞の全てに きっちりとしみこんだ原爆投下の体験。
母の危篤を きっかけに 彼は 自己の細胞の隅々まで 存在し続けた 記録を 外に向かい 表現し続けるしか 生きることはできなくなった。

ペンで 詳細に 正確に自己と周辺を 描き続けた。
視力を白内障で失い マンガを 描けなくなってからは、 言葉で 伝え続けた。

6歳の少年は きちんとした 完成した 生き物である。
 自己の身体にこのように アメリカ国が 政治的に 広島に原爆を落下させたこと。
 その実態をここまで語り続け 原爆投下という事態がいかなる事態をおこすかを ここまで 詳細に 記録した作品は二度とでてこないであろう。

人類は、いや地球という 星が はじめて 体験した 貴重きわまりない 記録である。
こんごも この作品を超える 作品が 登場するとは 想像できない。 

原爆を絶対にゆるせないと 母の危篤状態を契機に『マンガ』という表現媒体で 詳細きわまる 記録を 残した。

貴重な人
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
中沢啓治氏の「はだしのゲン」は多くの言語に翻訳されて
世界中で読まれていますが、
その反面核兵器は全くなくなるどころか
ますます核兵器保有をする国が増えているのが現状です。
オバマ大統領が5月に広島来訪しますが、
それもある意味政治的なパフォーマンスであり
謝罪する意思はありません。
今でも広島長崎では多くの人が原爆による被害で苦しんでいるのに
それに対しあまりにも冷たい世界の反応、
昔チェ・ゲバラが原爆資料館を見て、「日本人はアメリカ人にこれ程酷い事をされてどうして怒らないのか?」と
激怒したと言う逸話がありますが、日本人自身が被曝者を差別した過去があるので
恥ずかしい話ですね。
今の日本は周辺国との問題もあり、核保有をしようとする国が脅迫しているので
どうやって自衛をするか非常に困難な状況に陥っています。
アラブ諸国の人々の中には「日本人は核兵器を作ってどうしてアメリカに報復しないのか?」とさえ言う過激な人がいますが
誤解をされないように言うと、彼らは生まれたときからずっと戦禍に晒され、今は非常に過酷な状況であるにも拘らず
国連の無能な事務局長のせいで、毎日のように多くの犠牲者が出ています。
その気持ちはわから
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
自民党支持者から共産党支持者まで、とにかく多くの人に読んで欲しい。公式の記録に残らない多くの事実が、原爆投下の結果とその後の被爆者がどうであったのかこれほど赤裸々に語られた本を私は知らない。「はだしのゲン」について色々と批判中傷されたことも後半に出てくる。核兵器についての立場を政治的に取り上げるメディア、政治家は多いが、この本を読むとそれが間違っていることがよく理解できる。核兵器は倫理的、道徳的な問題である。
 本の間には「はだしのゲン」からのシーンが所々で挿入されていて、読んだ時の記憶を蘇らせてくれる。国防軍が、憲法改正が、と騒ぐ前に前の戦争ではどんなことが実際あったのかよく知っておくべきである。
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー