通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
はたらかないで、たらふく食べたい 「生の負債」から... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 帯あり。中古品のわりに比較的使用感の少ないキレイな状態です。(あくまで中古品としてのコンディション評価であり、ほぼ新品ともコンディションは異なりますのでご注意ください。)◆注文確定後、2営業日以内にゆうメールにて発送します。地域により予定配達日を数日経過する場合がございます。170522
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

はたらかないで、たらふく食べたい 「生の負債」からの解放宣言 単行本(ソフトカバー) – 2015/4/21

5つ星のうち 2.9 12件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,836
¥ 1,836 ¥ 1,288

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • はたらかないで、たらふく食べたい 「生の負債」からの解放宣言
  • +
  • 現代暴力論  「あばれる力」を取り戻す (角川新書)
  • +
  • 大杉栄伝: 永遠のアナキズム
総額: ¥4,860
ポイントの合計: 64pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 大賞作品決定!
大賞は『サピエンス全史(上)(下)』、準大賞『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』 他 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

結婚や消費で自己実現? ウソだ! 豚小屋に火を放て!

やりたいことだけをやってはいけない、 かせがなければいけない、買わなければいけない—負い目を背負って生きることを強いられる「生の負債化」が進行する現代社会。今こそ新自由主義の屈折した労働倫理から解き放たれるとき!
笑いながら溜飲が下がる、トンデモなさそうで腑に落ちる、この新しい読み心地!
『大杉栄伝ー永遠のアナキズム』で第5回「いける本」大賞受賞、気鋭の政治学者による爆笑痛快現代社会論

目次
キリギリスとアリ ― はたらくこと馬車馬のごとく、あそぶこと山猿のごとし
切りとれ、この祈る耳を  ― 耳切り一団
3・11になにをしていたか? ―とうとう江戸の歴史が終わった
豚小屋に火を放て ― 伊藤野枝の矛盾恋愛論
甘藷の論理 ― うまい、うますぎる!
地獄へ堕ちろ ― ヘイトスピーチか、それともスラムの念仏か
他人の迷惑かえりみず ― 心得としての高野長英
お寺の縁側でタバコをふかす  ― 大逆事件を旅してみれば
豚の足でもなめやがれ ― もののあはれとはなにか?
大杉栄との出会い ― 赤ん坊はけっして泣きやまない
ヘソのない人間たち ― 夢をみながら現実をあるく
反人間的考察 ― 歴史教科書としての『イングロリアス・バスターズ』
豚の女はピイピイとわめく ― 老荘思想の女性観
だまってトイレをつまらせろ ― 船本洲治のサボタージュ論

出版社からのコメント

現実社会の秩序を疑え。「生の負債化」に甘んじるな。
大杉栄、伊藤野枝、幸徳秋水、はたまた徳川吉宗、一遍上人、イソップ物語、タランティーノ…
あまたの思想、歴史、芸術から今を生き抜くあたらしい論理を構築。アナキズム研究のかたわら合コンも恋愛もあきらめない、非労働系男子のたたかいの日々に、笑いながら溜飲が下がる爆笑痛快現代社会論です。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 228ページ
  • 出版社: タバブックス (2015/4/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4907053088
  • ISBN-13: 978-4907053086
  • 発売日: 2015/4/21
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.9 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 242,854位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
中だるみ あったな。もう少し 読みごたえ あるとおもったが。残念。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
社会学的考察を砕けた感じでしてるのかと期待したが
おもしろエッセイと言った感じ。
著者の個人的な話が満載で期待したものとは違いました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
 本書をここでメタメタに叩いている人もありますが、そんなにひどい内容でも、不快な内容でもないと思います。肩の力の抜けたエッセイなんてこんなものではないでしょうか。文学や歴史を巧く引用しておられて素直に尊敬しますし、マニアックな知識も満載で為になることも多いです。フィリピーナのホステスさんたちや、日雇い労働者のおじさんの思い出も、活き活きと描写されていて胸に迫ります。そういったものに意義を見出さない人にはつまらないのかも知れませんけれどね。私としては、カメロンパンの彼女が著者に対して投げつけた言葉の方がよっぽど不快であります。
 ネットビジネスで完全自動収入を達成しているので、三十代、四十代で南の島で悠々自適のセミリタイア生活、なんて人も割と珍しくなくなっている(?)昨今、著者のような生き方、考え方がそれほど批判されるようなものでしょうか?
 お金を稼いでいないからダメなんでしょうか?今は著者も本が売れて、講演会などに呼ばれることも多くなって、結構収入も増えているみたいですよ。これからはもっと増えるでしょう。
 しかし、本人のライフスタイルとしては以前と何も変わっていないのに、書いたものが売れて稼げるようになれば尊敬する、というのも変な話です。

 正直、もっと硬派でとんがった文体や内容を予想していたので、何だ、意外とゆる~い本だな、
...続きを読む ›
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
実は、未だ本は読んでおりません。私には、タイトルだけで充分です。人生の大半を、失業者として過ごした私ですが、社会の批判を一身に受ける著者には、それに負けず、今後も頑張って欲しいと、そう願うばかりです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
あとがきで突然「本書の特徴はフェミニズムを試みてること」のような文章が出てきてびっくりしました。
むしろ、極楽では二千人の天女が飲み物をついでくれる!ウキウキ、とか安部公房の「魔法のチョーク」を引き合いにして女の子ってこわいな〜、とか普通にオッサンだなという印象を受けました。
自分だったら、女も人間だと思ってるから二千人の天女が忙しなく労働してたらあんまり極楽という感じがしない・・・。
「魔法のチョーク」も作った女を自分の所有物として閉じ込めようとした男が返り討ちにあって殺されるわけで、どっちかっていうと男の方が怖い。
その他の内容は普通というか、全体的に軽く読めるエッセイ。
つっこんだら負けなのかも知れないけど、誰かが働いてお米とか作らないと食べるものもなくなるじゃん・・・。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
人間は豊かさを追い求めるものです。
毎日を快適に過ごすために働いて、お金を稼いで、好きなものを買う。それはいいことです。
でもそれがすべてなのでしょうか?いいえ。労働は選択肢の一つに過ぎないのです。
好きでもないのにみんなに合わせて働いて、そこからあぶれた奴は人格すら認められないのが今の日本。
それはおかしいのです。
はたらかないで、たらふくたべたい。この本はまさに現代の自由人たちの心の叫び。
いいじゃないか、他人にちょっとくらい迷惑をかけても。怒られれば済むのだから。
いいじゃないか、はたらかないでプラプラしてても。好きでやってるんだから。
みんなが当たり前にしていることが絶対ではない。
この本は労働至上主義日本へ一石を投じた名著なのです。
コメント 80人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告