通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
はじめまして三倉茉奈です。はじめまして三倉佳奈です... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★防水梱包により迅速(即日・翌日)に発送いたします。☆良好:『表紙カバー』付属しきれいな状態ですが、一部表面にスレと使用感がみられます。☆「書き込み」ありません。★万が一不着などの場合、迅速に対応いたします。宜しくお願いします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

はじめまして三倉茉奈です。はじめまして三倉佳奈です。 単行本 – 2008/2/23

5つ星のうち 4.3 11件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • はじめまして三倉茉奈です。はじめまして三倉佳奈です。
  • +
  • ふたりうた3
総額: ¥4,724
ポイントの合計: 36pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

飾らない二人にスポットを当てた話題作!
二人の22歳の誕生日(2月23日)に,大学卒業と社会への新たな旅立ちを記念して出版されるフォトエッセイ。元気なイメージの「マナカナ」から,大人の女性としての「茉奈」「佳奈」へ。TVでは決して見せることのない「素」の部分に焦点を当てた,全編書き下ろしのエッセイと今までのイメージを覆す写真の数々で,読者を魅了します。

内容(「BOOK」データベースより)

三倉茉奈、三倉佳奈初フォト&エッセイ集。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本
  • 出版社: 創成社 (2008/2/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 479448027X
  • ISBN-13: 978-4794480279
  • 発売日: 2008/2/23
  • 商品パッケージの寸法: 21.2 x 15 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 573,593位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
「ふたりっ子」のときのイメージしかもって
なかったんだけど,もう22歳なんですね。
笑顔だけじゃないいろんな表情があって,
ベンチに座って遠くを見ている写真の
表情がすごく気になった。
  
写真だけだと僕的には茉奈さんのほうがいいかも。
でも,この本ふたりの文章がけっこうすごい。
考え込んでるふたりの雰囲気が伝わる。
ほんとうはふたりとも芯の強い女性なんじゃないかな。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 uirou VINE メンバー 投稿日 2009/1/5
形式: 単行本 Amazonで購入
彼女たちを「ただ双子なだけ」でひとくくりに見ていた方がいたら、ぜひ手に取って見てください。「一人の女性」が二人います。
多くの人が持っているようなわだかまりを、そして彼女たちそれぞれの彼女たちだからこそのちょっとしたひっかかりのようなものを、すっきりとした文章できちんと言語化されています。
それぞれに、悩みのようなものも書かれているのですが、なぜだか読んだ後にプラスの方向に心が動かされてほんのりと元気が出ました。

長い間、きちんと仕事をしていける秘訣がそこにあるように思います。
「普通であること」「自分の弱さや恐れを見つめられること」「感謝できること」「信じられること」
そして最後に「悩みはあっても何とかやっていけると思うこと」
こういう普通のことを身につけているということが大きな大きな才能なのだと思います。
読んだ後に、「あぁ、それでいいんだ」と思いました。

今の世の中って「いい子じゃいけない」ことになってると思います。
良い子でなにがいけないのさ?
もちろん彼女らも「良い子なだけ」ではありません。
そう思われるのも望んでいないようです。
でも、やっぱり基本線として良い子たちなんだなぁ、と思います。

これから二人がどうなっていくのかは分かりません。
でも、今、このときの彼女たちはとても魅力的です。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
コメントを読んで、勇気を出して購入してみました。
実は今日届いて読み始めて数分なのですが、
他のかたがコメントされているとおり、お二人の違いがはっきりわかります。
それぞれの考え方や思っていたこと、
私にとっては、1つ1つの言葉がストレートに心に響いてきます。
(自分たちには隠れファンが多い…)
少しドキッとしました。自分も隠れファンで…

これまでの写真・テレビでは、いつも2人で笑顔のイメージしかありませんが、
エッセイ集でのフォトでは、笑顔だけではなく、普段見られない表情も見ることが出来ます。

また、マナカナちゃんで1つとして見ていた自分にとって、三倉茉奈さん・三倉佳奈さんを各個人にした時、思いだったり感じたことの違いが、素直に心に入ってきました。

正直アイドル目線で読むにはちょっと辛いかも。
また、フォトにも全部読んでいないのでわかりませんが、水着写真がある感じではありません。
それでも私は、今日一日時間を忘れて、読破してしまうと思います。

エッセイ集ですから、文章からの感じ方は人それぞれです。
微妙に思ったりするかたもいて当然です。
でも、是非、マナカナと言うくくりではなく、三倉茉
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
はっきりしてます。違いが。
ついつい二人を比較してしまいますが、比較する必要がないくらい、はっきりしてます。
茉奈ちゃんのほうは、「優等生」という仮面の下で、実際とのギャップに悩む「姉」。
佳奈ちゃんのほうは、自分の道を貫きながらも、「ぎこちなさ」がときに初々しい。
いろいろ難しいのかもしれませんが、テレビでもそのまんま出したほうが、もっと好感度上がりそうなのに・・・
個人的には、佳奈ちゃんと友達になりたいです。
これまでのファンの人たちには、ひょっとすると「えぇぇっ??!!」という部分が多いかも。
逆に、何の先入観もない人のほうが、素直に共感できるんじゃないでしょうか?
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
 先日観た三倉茉奈・佳奈出演のミュージカルが良かったので二人が書いたこのエッセイを購入しました。
 普段テレビや舞台でニコニコしている茉奈・佳奈とは異なる二人の内面の真剣な姿を知ることができてうれしかったです。
 二人とも普段の生活や仕事のことでいろいろ悩みや葛藤があるのですね。これほど真剣な考えを持っているからテレビや舞台であれほど活躍できることが理解できたような気がします。
 また茉奈ちゃんと佳奈ちゃんの考え方に微妙に違いがあることが分かったのも良かったと思います。茉奈ちゃんよりも佳奈ちゃんの方がやや悩みが深い印象を受け、その分向上心も強く感じられる気がします。
 本の難点を挙げると、茉奈ちゃんの一部の写真で化粧がケバケバしすぎていて少し引いてしまいました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック