この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

はじめてのPixia―無料で使える高機能ペイントツール (I・O BOOKS) 単行本 – 2008/8

5つ星のうち 3.6 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 670
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「Pixia」(ピクシア)は、パソコンで絵を描いたり、写真を加工したりできる、ソフトです。フリーでありながら有料ソフトのような本格的な「ペイント・ツールの機能」があり、「画像編集機能」が手軽に使えて、タブレットを使って「絵筆」のような描画も楽しめることから、人気があります。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

土屋/徳子
CG書籍のテクニカル・ライター及びイラストレーター(monami名義)。1996年、漫画家業の傍らパソコンでお絵かきをはじめ、現在オールアバウトCG・画像加工ガイドとして活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 255ページ
  • 出版社: 工学社 (2008/08)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4777513831
  • ISBN-13: 978-4777513833
  • 発売日: 2008/08
  • 商品パッケージの寸法: 21.2 x 15 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 402,602位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.6

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
Office系の参考書すらカラー印刷されている昨今、ペイントツールの本なんだから
カラーの頁がもっと多くてもよかった気がするのがちょっと残念。

追記
索引含めて255ページありますが、カラーなのは最初の33ページ。
でも、そのカラーページはPixiaでできることの紹介といった感じ。
作業としてはダウンロード、インストールといった基本的なことから
レイヤー、マスク、フィルタといった加工系からドット絵の書き方まで。
バナーやカレンダーの作り方も書かれているが、おそらく多くのユーザは
PixiaをSaiのように使いたいと思われ、その点で星3つにしました。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
はじめに基本的な操作方法が詳しく描かれているのはよいと思います。
ただ、私が目的と考えるイラストの描き方については解説が少なく、
せっかくの高機能を具体的にどう生かして良いのかよく分からず、
他のサイトでの技法紹介等に主に頼ることになりました。
Pixiaの基本機能について押さえておくのには良いかもしれませんが、
イラストを描くのが目的と考える方にはあまり必要はないかと思います。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 procol 投稿日 2009/10/20
形式: 単行本 Amazonで購入
「はじめての」というわりに、前半の基本操作のところで、はじめての人が知りたいであろう「手順」というものが、ことごとくカットされている。機能説明だけだと判断して読み流すべきか、実際にやってみるべきか悩んだあげく、やってみたのだが、手順説明が少ないため、本の写真みたいになるまでに、自分でかなりの試行錯誤が必要だった。それでもわからないところは諦めて後半へ。後半は「手順」が増えてきてやりやすくなった。しかし、前半を読み流していたらおそらく後半も理解できないと思われた。前半の頑張りがモノを言う?F●M出版のテキストのような「大きい写真で詳しい説明」を期待して買うと、「小さい写真で少ない説明」に泣きそうになること間違いなし。それでも、ソフトをインストールしたまま途方に暮れていた自分には、とてもありがたい一冊。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
ホームページの作成に関する勉強中、写真等を加工するツールとして「Pixia」の紹介があり、その使い方の初歩を知りたくて購入しました。 「Pixia」そのものがフリーソフトであることから、マニュアルも少なく苦労して探し当てたものでしたが、やはりこの種のマニュアルには、カラーによる説明が最良だと感じました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック