通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
はじめての福島学 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに使用感(ヨレ、スレ、傷等)あり。中身は書き込み等ない状態です。万が一購読等に支障をきたすようなことがありました場合、アマゾンの規定に従いカスタマーサポートを通して適宜誠実に対応させていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

はじめての福島学 単行本(ソフトカバー) – 2015/3/1

5つ星のうち 4.6 16件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 116

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • はじめての福島学
  • +
  • 知ろうとすること。 (新潮文庫)
総額: ¥2,084
ポイントの合計: 63pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

「福島難しい・面倒くさい」になってしまったあなたへ
福島第一原発事故から4年経つ今も、メディアでは放射線の問題ばかりがクローズアップされている。しかし、福島の現実は今どうなっているのか、そして、福島の何を今語るべきなのか? 『「フクシマ」論』で鮮烈な論壇デビューをはたした社会学者・開沼博が、福島問題を単著で4年ぶりに書き下ろし。人口、農林水産業、観光業、復興政策、雇用、家族、避難指示区域……。福島を通して、日本が抱える「地方」問題をもえぐりだした一冊。

内容(「BOOK」データベースより)

人口、農林水産業、観光業、復興政策、雇用、家族、避難指示区域…福島の問題は放射線ではなく、「地方」の問題である。福島から日本の「地方」がみえる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 416ページ
  • 出版社: イースト・プレス (2015/3/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 478161311X
  • ISBN-13: 978-4781613116
  • 発売日: 2015/3/1
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 116,673位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
数ヶ月前から、福島県から避難して来た方々と関わる仕事をしています。
福島のことをきちんと知りたいと思い、
「やっかいな放射線と向き合って暮らしていくための基礎知識」(田崎晴明著)
「知ろうとすること。」(早野龍五 糸井重里 共著)を読み、
最後にこの「はじめての福島学」を読みました。
そして、仕事を始めた訳ですが・・・。
県外避難者自身が、この本の巻末に掲げられている「俗流フクシマ論」みたいなことを
口になさるのにびっくりさせられています。
「除染作業をしていたら、防護服の中で汗をかいたところがただれたそうだ。
放射線のせいだ」とか、
「〇〇(福島県内の地名)では奇形児がバンバン生まれている」とか、
「若い人がどんどん心筋梗塞で死んでいるそうだ。放射線のせいらしい」とか、
どう考えても「デマ」としか思えないようなことばかり・・・。
(でも、もう誰にも反論出来ない雰囲気なのです、残念ながら)。

皆さんの元には、避難元の自治体から沢山の資料が送られて来ますが、
ほとんどの方は毎度そのあまりのボリュームにうんざりしてしまっていて、
「郵送物を開封せずに捨てる人も結構いる」(某自治体職員談)のが実情。
そういう
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
 「福島を応援したい」「福島の農業の今後が心配だ」「福島をどうしたらいいんですか」といった問に対して「『とりあえず、このぐらいは知っておいてもらいたい』ということを一冊にまとめた(p.388)」書だという。「福島を知るための25の数字(pp.2-3)」を手がかりに、福島の復興、人口、産業(主に農業)、雇用・労働、家族・子ども、これからについて解き明かしていく。同時に本書は「俗流フクシマ論(p.412に「間違いだらけの『俗流フクシマ論』リスト」がある)」への鋭い批判の書でもある。
 「『避難』『賠償』『除染』『原発』『放射線』『子どもたち』の6点セットをあえて外し(p13)」、「データと理論を用いながら (p.14)」語るというのが著者の一貫したスタンス。前者は、「『いかにも福島らしい』特殊な問題の背景……にある、日本全体、世界全体に通じそうな普遍的な問題をあぶり出す(p.14)」ことにも通じてくる。
 また、福島をめぐる問題への判断や主張について著者が提唱するのは、「科学的な前提にもとづく限定的な相対主義(p.227)」である。
 著者は、本書の最後で、「福島を応援したい」と考えている人へ、消極的には「迷惑をかけない」こと(p.405に「福島へのありがた迷惑12箇条」がリストアップされている)」を、積極的には「買う・行く・働く(p.401)」ことをアド
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
九州在住の主婦です。
イメージでしかとらえられなかった福島のことが、「へー、そーなんだ!」とすごくよくわかりました。
文章がおもしろいです! 分厚いので読み切らないかな?と思ったけど、サクサク読めました。
なにより福島関係の本というと、立ち読みするだけで涙が出てくるようなものや、やたら攻撃的で暗い気持ちになってしまうものが多いので、これは良書だと思います。
「いわき市は『東北の湘南』とちょっと恥ずかしい名前で呼ばれています」と書かれていて、もしやと思ったらやっぱり著者がいわき市出身でした笑。そんなユーモアもおもしろいです。
軽い気持ちで買ってみましたが、軽く読めて深く知れたので、本当によい本だと思いました。
1 コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
福島県の人の震災後の生活を全体としてつかむことができる。また、筆者自身がフィールドワークの中で実際に出会った事例も、豊富に紹介されている。さらに、放射能の影響についても、民間事故調などで調査に当たってきた筆者が科学的なデータを用いつつ易しい書き方で説明している。

私は東京出身で福島県在住3年目だが、本書は福島県内・外の方どちらに対してもおすすめである。
県内の方にとっては、ご自身や身の回りの方に見えていることを全体と比べて客観視することができる機会になるだろう。また、私自身、放射能の影響について特に県外の方や子どもへの説明が難しいと感じていたが、このように説明すれば過不足なくわかりやすく伝えられるのだということがわかってよかった。
県外の方にとっては、メディアが報じない福島県の人々の生活課題を、全体的に掴むことができる機会になるだろう。読んで思うに、福島県の生活課題は、日本全国ですでに起きているが見えにくい課題や、将来起きると予測できる課題が先に起きただけなのではないか。本書により、自分が持ち場でできる復興支援のヒントを得たり、自分の出身地に福島の教訓を活かすためのヒントが得られた。

書かれているのは福島県の震災後の状況だが、そもそも私たちは、福島県の震災前の状況や、全体の地方の実態を具体的にイメージできているのだろう
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー