中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: レンタル落ちではない個人所有本。店頭併売なしのamazon専用在庫です。一般中古範囲内の手ズレ・色あせ、小傷有りますが実用閲覧には問題ありません。表記のもの以外、付録などはありません。本は防水梱包で発送します。営業日以外は作業が持ち越しになります。領収書は購入履歴からの領収書発行機能をご利用下さい。万一発送不可能の場合は全額返金いたします。海外への発送の場合、航空便、SAL、EMSのいずれかで1から3週間ほどかかります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

はじまりの骨の物語 (富士見ファンタジア文庫) 文庫 – 1993/3

5つ星のうち 5.0 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 689 ¥ 181
文庫, 1993/3
¥ 1
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

雪の女王にひきいられた〈冬〉の軍勢は、大地をただ死と静寂で埋めつくそうとしていた…。女戦士ゲルダは、育ての親であり恋人でもある魔術師アルムリックとともに、〈冬〉討伐の遠征軍に加わり、魔物の地ヨトゥンヘイムを目指した。討伐軍は強力な〈冬〉の軍勢相手に果敢に闘う。しかし、アルムリックは突如として討伐軍を裏切り、壊滅的な打撃を与えたうえ、ゲルダをも捨てて去っていってしまった。『―アルムリック、おまえだけは絶対に許さない!』こうして、ゲルダの長い復讐の旅が始まった―。第四回ファンタジア長編小説大賞において大賞を受賞した、壮大なスケールの本格ファンタジー、ついに登場。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

五代/ゆう
1991年「はじまりの骨の物語」(富士見ファンタジア文庫)で第四回富士見ファンタジア長編小説大賞を受賞し作家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) --このテキストは、文庫版に関連付けられています。


登録情報

  • 文庫: 341ページ
  • 出版社: 富士見書房 (1993/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4829124865
  • ISBN-13: 978-4829124864
  • 発売日: 1993/03
  • 商品パッケージの寸法: 15.4 x 10.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,225,645位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
5
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(5)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 アオノ42 投稿日 2006/9/25
形式: 文庫
長らく絶版になっていた五代ゆうさんのデビュー作であり、北欧神話を題材にしたファンタジーです。
もちろん神話に関する知識がなくても充分に楽しめますが、
ある程度の知識のある人なら「おっ」と思うような仕掛けがあちこちに施されていて、
2倍楽しめること間違いなし、と言える作品になっています。
北欧神話を上手く消化していて、物語としても良質。
何度読み返しても面白いオススメの1冊です。

ただ、P177のところで旧版にあった文章が4ページ分ほどごっそり抜けてしまっているので、
初めて読む方には話が飛んでいるように感じられるかもしれません。
単なるミスだと思うので、初版以外では直っているのかもしれませんが、それが残念でした。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
あとがきを読んで驚きました。
この小説は作者が大学生の頃に書いたものだそうです。
その若さで、なんでこんなにも無駄のない、重厚で美しい言葉を
連ねることができたのだろうと圧倒されることしきり。
1ページめからいきなり大冒険が始まります。
女戦士ゲルダの素敵な生きざまに酔いしれてください!!
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ライトノベルだけではなく一般文芸のホラー分野でも活躍が目立つ五代ゆうのデビュー作『はじまりの骨の物語』。
ファンタジアにおける初の大賞受賞作です。
五代ゆうといえば近年の作品では、文章力は素晴らしいけどそれ故に文章の密度が濃くなり過ぎてかえって読むのが疲れるという面もあるのですが、このデビュー作は力のある文章ながら比較的読みやすいです。
北欧神話をベースにした舞台設定、安定した情景描写、女主人公の復讐譚という明解なメインストーリー。個性的な作品が多いと思われたファンタジアにあって(本作に個性が無いというわけではありませんが)、本作は正統派の本格ファンタジーです。
さすが大賞、と納得できる秀作です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 かい 投稿日 2004/10/28
形式: 文庫
風景描写がすごくきれい。ファンタジーだけれども、すんなりんと世界観にひたれます。登場人物がリアルに苦しんだり悲しんだりしているのも、要因のひとつかも。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
五代ゆうさんのデビュー作であり、北欧神話を題材にしたファンタジーです。
もちろん神話に関する知識がなくても充分に楽しめますが、
ある程度の知識のある人なら「おっ」と思うような仕掛けがあちこちに施されていて、
2倍楽しめること間違いなし、と言える作品になっています。
北欧神話を上手く消化していて、物語としても良質。
何度読み返しても面白いオススメの1冊です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告