はぐれ刑事純情派 主題歌セレクション がカートに入りました
数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

はぐれ刑事純情派 主題歌セレクション

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,024
価格: ¥ 2,711 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 313 (10%)
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

メールマガジン購読:J-POP関連商品
注目のニュータイトルから割引情報、お買い得セールほか、J-POP関連アーティストに関する情報をお届け。 購読はこちら


Amazon の 藤田まこと ストア


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • はぐれ刑事純情派 主題歌セレクション
  • +
  • はぐれ刑事純情派 主題歌全曲集
総額: ¥5,478
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2004/9/15)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: ZETIMA
  • 収録時間: 44 分
  • ASIN: B0002KPJ7C
  • EAN: 4942463531027
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 30,030位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. 「はぐれ刑事純情派」 メインタイトル
  2. ガキの頃のように
  3. 冗談じゃねぇ
  4. 恋唄綴り
  5. 都会の天使たち
  6. 影法師
  7. 東京発
  8. 酔いれんぼ
  9. 竹とんぼ
  10. 河
  11. カラスの女房

商品の説明

内容(「CDジャーナル」データベースより)

テレビ朝日系の人気ドラマ『はぐれ刑事純情派』で主演を務める藤田まことが、過去の番組主題歌の中から選りすぐりの10曲を自らセレクト。プロデュースに堀内孝雄を迎えた磐石の仕上がりで聴かす。


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
 昭和63年からスタートした刑事ドラマ「はぐれ刑事純情派」も、今年(2005年)で最後のシリーズになるそうです。
 藤田まことが演じる安浦吉之助は、このドラマの中で3つの顔を持ち、そのすべての安浦は魅力にあふれています。(顔①「人情あふれる刑事」・顔②「父=ときに優しく、ときに厳しい、ふたりの娘の父」・顔③「男=さくらのママとの恋の行方は?」)
 どの顔の安浦も魅力的ですが、娘を見守る「笑顔の安浦」にいちばんの魅力を感じる方も多いでしょう。特に、エンディングテーマとともに流れることの多い「家族団らんの映像」は非常に微笑ましいものです。
 目をつぶって安浦一家の笑顔を思い浮かべながら、このCDを聴いてみてはいかがでしょう?
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
はぐれ刑事と言えば藤田まこと。実際ドラマでは安浦刑事を演じる藤田本人の歌声は聞く人に訴える所が多く、作者の堀内孝雄とはまた違った魅力がある。コンサートでも歌っている曲をやっとCD化。もう70歳を越えているとは思えない声量。さすが役者として長年培って来た人だからこそ。娘の絵美子さんとのデュエットも聞き逃せない。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
 数原晋のトランペットが印象的な、番組テーマ収録もGOOD。「はぐれ刑事」主題歌の、主役:藤田まこと によるカヴァー集です。役者としても一流ですが、歌も非常に上手いことで知られる人で、「はぐれ刑事・純情派」でも、潜入捜査などで、自慢の「歌」を披露する話があります。鍛え上げられたノドは、70歳を過ぎても健在。渋い低音から、高らかなテノールまで、十分な声量で歌い上げます。
 オリジナルの堀内孝雄は、哀愁を帯びた高音と、多少の「くどさ」で(笑)、番組の顔でしたが、藤田まこと の歌唱は、もっと正統派で舞台劇的ですね。デュエット曲(2曲)でパートナーを務めるのは EMIKO =娘さんだそうです。控えめに、父の晴れ姿をサポートします。
 「ガキの頃のように」は朗々とした低音で、「都会の天使たち」は意外なほどの高音で、聴かせます。低音部は普段の役者の時の声と同じなのですが、思った以上に出る高音部は、一聴くして本人の声とは気付かないほど。素晴らしいんですよ、これが。父から「歌も上手い」人だとは聞いていたのですが、想像以上でした。クセがない分、最近の堀内孝雄より、ボクはこっちの方が好きかも。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック