中古品
¥ 161
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

はい、わかりました。 単行本 – 2007/7/10

5つ星のうち 4.8 10件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728 ¥ 161
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

1989年7月、45歳のときに仕事中の事故で両手を失い、失意のどん底から独学で創作の道を歩み始めた義手の画家、大野勝彦。さりげない言葉に込められた心情やほとばしる情熱で描かれた作品、そして、どんな運命の苦難も「はい」で受けとめる生き方が、感動とともに全国に広がっています。本書は、これまでの軌跡を詩と作品で構成した決定版「詩画集」。大野流バイタリティの根幹にふれる一冊です。

内容(「BOOK」データベースより)

「はい、わかりました」この言葉ですべてを受け止める、強さとやさしさ。二本の義手で命の輝きを描きとる、大野勝彦の詩と画の世界。失意のどん底から、独学で創作の道を歩みつづける、その軌跡を作品やエッセイで構成した決定版、ついに刊行。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 150ページ
  • 出版社: サンマーク (2007/7/10)
  • ISBN-10: 4763197495
  • ISBN-13: 978-4763197498
  • 発売日: 2007/7/10
  • 梱包サイズ: 19 x 15.2 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 321,497位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 千葉厚 投稿日 2017/5/24
形式: 単行本 Amazonで購入
今の状況を良いこともそうでないことも受けきる覚悟が出来ました。この本を買ってよかった。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
大野勝彦の事を5年ほど前知りました。健康で当たり前。そんな自分が両手を失い、生きる気力も無くしてしまいそうになった大野勝彦が、阿蘇の麓に美術館を建てる。
色彩がとても鮮やかで、元気をもらえます。相手の事を思う気持ちがとっても純粋に飾らない素直な表現で好きです。阿蘇の美術館も是非行って見て下さい。(私行き本人に会うことが叶いました)
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ぼろぼろ泣きました。

農業をやっていた大野さん。
トラクターを清掃中に、右手を巻き込まれ、
それを取ろうとした左手も巻かれて、両手とも切断。

事故直後、「もう、生きていてもしょうがない」と思った時
彼を支えた両親、家族、まわりの人々の愛に気づき、
感謝する心を学んだ様子が
飾ることなく、ストレートな言葉で綴られています。

<神さまからのメッセージ>の一部ですが・・・
両手を切って、手は宝物だった
持っているうちに、気づけば良かった
それに気づかんと、おしいことをした

には、ドキッとします。
私も、気づいていないことが一杯あるんだろうなぁ・・・と。

現状を改めて振り返らせてくれる詩が、たくさんあります。

詩・絵だけでなく、エッセイもところどころにあり
大野さんの思いが、より伝わってきます。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
昨日、会社の後輩の女性から本書を借り、一時間半程で
一気に読み終えました。

神様からのメッセージ、という詩の中の

「大切な人の喜ぶことをするのが人生ぞ」

という言葉に強く心を打たれました。

この言葉を見て、去年、壮絶な癌で夫を亡くし、今また
末期癌で死を迎えようとしているゴールデンと独り暮らす
母のところへ時間を作って帰国しなければと強く思いました。

私は30代半ばで、それなりの人生経験を積み、船井幸雄さん
らの書籍を多数読んでいるので、この本に書かれている言葉
は既に聞き知っていること、自ら実践しようとしている言葉
が多かったですが、それでも上の言葉を見た時に

はっと気づかさられました。

身体に障害を抱える方も、心に病を抱えている方も、まだ若い
ビジネスマン(ウーマン)、それに私より年配の方も、
きっとはっとさせられる大切な言葉に巡り合えると思います。

ぜひ多くの方に読んで頂きたい、見て頂きたい詩画集です。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ishikawa VINE メンバー 投稿日 2007/8/1
形式: 単行本
本日はとても心温まる本を
イトーヨーカドー幕張店にて見つけ、
即購入、即読みました。

平成元年に農作業中に両手を失いながらも、
そこでめげずに、自分とはなにかを
問いながら、家族を大事にし、
今自分ができること、自分が好きなことを
一生懸命考え、一生懸命生きている姿の描かれた
貴重な本でした。

私には両手があるのだから、もっともっと大きなリスクを
追ってでも、自分の好きなことがなんでもできるんだぞ〜

なのに、小さいことで苦しんでいる・・・。
馬鹿らしい。
自分は何でもできるし、自分が好きなことを
忙しくせず行なえば
必ず幸せになれる。
周りへの見方も変わる。

そう、大野さんから後押ししてもらえる本でした。

再度この本を読んで見たくなりました。
絵もついていてとても綺麗な本です。

詳しくは、
[...]
も参照ください。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す