中古品の出品:4¥ 1,650より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

のらみみ 1 [DVD]

5つ星のうち 4.7 9件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:4¥ 1,650より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


登録情報

  • 出演: 半場友恵, 白石稔, 西村知道, 中尾衣里, 加藤奈々絵
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: VAP,INC(VAP)(D)
  • 発売日 2008/03/26
  • 時間: 70 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 9件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0012TEI8I
  • EAN: 4988021130462
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 163,044位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

“心をほっこり”させる『お好み居候キャラ』をDVD でお届け!
出会いと別れをテーマにしたキャラクター・コメディー・アニメ「のらみみ」がDVD化!

かつて誰もが憧れた「居候キャラクター」。生活を共にし、日常を愉快に演出してくれる愛すべき異分子――そんな居候キャラが世間にあふれかえる時代のお話。そして、主人公はのらみみ。「チェッ」が口癖のにくカワイイ奴です。居候先がなかなか見つからず、ハローキッズ59号店に居候中のみそっかすキャラです。


原作:原一雄(小学館「月刊IKKI」連載中)
監督:湖山禎崇
シリーズ構成:中村誠
キャラクターデザイン:増田敏彦
音楽:中川孝
アニメーション制作:トムスエンタテインメント
オープニングテーマ:「古い定休日のうた」/栗原正己(コロムビアミュージックエンタテインメント)
エンディングテーマ:「roundabout」加賀美セイラ(バップ)
製作:中部日本放送/「のらみみ」製作委員会

(c)原一雄・小学館/「のらみみ」製作委員会

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

居候キャラ・のらみみが共に生活し日常を愉快に演出してくれる、原一雄原作による人気コミックをTVアニメ化したキャラクターコメディ第1巻。のらみみと共に過ごした子供たちが、さまざまな経験を経て成長していく姿を描く。第1話から第3話までを収録。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

 全体的な派手さは無く、画柄はセルで描いたような地味な作風。
 しかしながら、演出技術が極めて高く、何より作り手の作品に対する愛情を感じる。
 キャラの個性が実に魅力的に引き出されており、作り方が実に丁寧なので、、画面上に現れる
キャラ全てに深く親近感と愛着が沸く。
 これだけ地味なのに作品の質に関しては極めて高い。
 これがどうしてなのかを延々と考えたのですが、「構成力が高い」の一言かと。
 ストーリーの流れ、作画の技法、声優の演技、舞台設定、キャラ設定の全ての組み方に
破綻が無いというのが驚異的なんです。
 一見して前世代の安い作品に見えるかもしれませんが、それらの安い作品と一線を画している
最大の要因は、それだと考えています。
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 最近シナリオ的に見て微妙な映画やドラマ、アニメ(特にドラマだろうか)などの視聴率がなぜかいいときがある。すべてが当然そうなわけではないが、最近の映画やドラマ、アニメなどは本当宣伝と役者やキャラクターさえきちんとしていれば、それなりに視聴率が取れている場合が多い。それが悲しい。正直のらみみにはアニメオタクが好きそうな「美少女キャラ」は出ないし、かといって子供の見る時間帯のアニメでもない。つまり、見ようとする人が少ないのだ。例えばキャラのみを見て(公式サイトなどで)第一印象だけで見るのをやめてしまう人が多いのではないだろうか。だが、何話かを見れば最近の金儲けに走った映画やドラマ、アニメなどには滅多に見られないこの物語のシナリオの完成度がわかると思う。単に泣くとかだけが感動ではない、こうした深みのあるまさに「感情を動かす」物語がここにあるのだ。
 薄く安い感動より、深く心に安らぎをくれる感動を「のらみみ」は与えてくれます。
 騙されたと思って、見てみてください。本当、この作品はもっと多くの人に見てもらいたいものです。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
一話目を見た感想では、某アニメキャラを彷彿させるネタが盛り込まれており、かなり楽しませてくれました。「うん、なかなか面白い。思わぬ拾いものだった」ぐらいの感想でしたが、二話目でいきなり泣かせにいったとは意外でした。ええ、泣きましたとも。いい歳コイたオッサンが鼻水流して食事ものどを通らず…。完全にヤラレました。まさしくコレは「花田少年史」の再来だと思いました。今からコレでは、今後が心配(涙腺が)であり、楽しみでもあります。見逃しは勿体ない!
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
この作品全体で言えることだが、製作者の愛を感じる。
なぜなら脚本、演出その他ほぼ全ての要素でぬかりが無さすぎる。

コンセプトは子供向けのようだが、その実大人が共感し感動できる話が多い。
では完全大人向けかというとそれも違うのではないだろうか?

私が小さい頃の「ガンバの冒険」等は子供向けにもかかわらず、
仲間の死や弱肉強食が生々しく描かれていた。
もちろん子供時代の私はよくわからなかったし嫌な気分にもなったが、
子供はよくわからないからこそ色々なことを学ぶことができるのだ。

この「のらみみ」という作品も、そういった子供の成長に役立つ要素を
持っているように感じられる。その上大人には共感とノスタルジーも呼び起こさせる。

この作品は間違いなく良作だ。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
居候キャラ(ドラえもん的存在)が派遣され、どこの家庭にも存在しているという設定の物語。毎回これを見ているとなぜか癒されてしまう自分がいます。それはなぜなのかと考えると、「居候キャラ」が究極の癒しなのではないかという考えに行き着きました。厳密に言うと家族という存在でもないし、ましてや恋人でもない、友達と言う言葉が一番近いのかもしれないが、どうもしっくりこない。どの存在とも決定的に違う点は、絶対的に自分の味方だという点だ。恋人でも、友達でも、家族でさえも自分を裏切ることがある。しかし「居候キャラ」はそんな事は絶対にしない。いつでも自分を肯定してくれて、味方になってくれる。自分だけの存在。友達、恋人、家族の要素を含めながら、その全てを超越している存在。自分を理解してくれる存在。人間のエゴの塊かもしれないが、こんな理想とも言える特殊な存在他にはないだろう。もうこれは自分を慰めてくれて、心の拠り所になる究極の「癒し」ではないのか? だからこの作品を見ていると癒されるのかもしれない。他にもほのぼのとした絵柄、音楽も要因にあるのだと思いますが、とても癒される作品です。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック