中古品
¥ 250
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■午後1時までのご注文は通常当日出荷。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。s5982_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

のらくろ ひとりぼっち―夫・田河水泡と共に歩んで (光人社NF文庫) 文庫 – 1996/6

5つ星のうち 4.3 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 250

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

漫画『のらくろ』の誕生から六十年―日本漫画の王者・田河水泡先生の妻が、笑いとペーソスと味わい深いゆたかな人生を綴る感動のエッセイ。のらくろ先生と私、そして「サザエさん」の長谷川町子氏ほかのお弟子さんたちとのふれ合いなど、昭和の世相を背景にして流麗な筆致で描いた話題のライフ・ストーリー。


登録情報

  • 文庫: 219ページ
  • 出版社: 光人社 (1996/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 476982131X
  • ISBN-13: 978-4769821311
  • 発売日: 1996/06
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 912,291位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
クリスチャンでもあり、私から見れば人生の先輩として歩んでこられた潤子氏のこの随筆は、若年の人には語れないだろうと思う滋味ある言葉や経験が綴られていて、面白く読ませていただきました。筆者の兄・小林秀雄氏をはじめ、潤子氏の周囲の人の言葉も、良いです。田河水泡氏は私にとって、子供の頃図書館で読んだマンガ「のらくろ」の作者で、平たく言ってしまうと、おじいちゃんというのか、昔の人、という大分類。けれど本書でその純粋な人柄と、自分の生まれた時代と向かい合って生きた一人の男性の姿を垣間見ました。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
田河水泡先生の奥さまの著書ということで、こちらが期待していたことは
全て網羅されていました。即ち、

田河先生との馴れ初め  なぜのらくろは生まれたのか  当時ののらくろの人気っぷり
戦前・戦中のお話  戦後のお話  などなど・・・

嬉しかったのは中盤、113~117ページの永田竹丸先生の4ページものカラーイラスト。
のらくろが戦前・戦中・戦後を駆け抜けるイラストは美しすぎます。とくに最後のイラストは
圧巻。のらくろを囲む昭和の漫画キャラたち。鉄腕アトム・サザエさん・あんみつ姫・オバQ・
おそ松くん・カゲマン・・・好きな人ならこれだけでも買う価値アリでしょう。ホントに凄い。

☆をひとつ減らしたのは、レビュータイトルにも書いた通り奥さまの人生観。詳しくは実際に
読んで判断してもらうとして、自分にはちょっとついて行けない部分がありました。とくに
ペットに関する考えが。ただし奥さまの写真の数々には驚かされます。ムチャクチャ美人。 (//∇//)

それと田川先生の交友関係や師弟関係にも驚かされました。のらくろを深く知りたい人には
絶対必須の一冊。値段も安いのでコストパフォーマンス高し。☆4つだけど絶対オススメ!

このレビューが参考になれば幸いです。 ▽・。・▽ワン!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
著者高見沢潤子氏はかの小林秀雄氏の実妹であり、さすがに文章も
うまい。有名漫画家の妻が思いつきで書いた「作文」ではない。
また、田河水泡というペンネームが、本名の「たかみざわ」を
当て字で「たかみざわ⇒たかみずあわ⇒田河水泡」にしたもので
あることをはじめて知った。実におもしろい。
1 コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
中古とは思えないくらいに綺麗な本でした。 未だに半分と、大事に少しずつ楽しみながら味わいつつ読んでいます。
のらくろの人生?を、少しおっちょこちょいな所も其の儘そっくりな点まで、自分の目標にしてと頑張っていた頃を懐かしく思い出して感無量!!
どうも有り難う。     昭和5年生老凡友より。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック