中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: シミあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

のぼうの城 単行本 – 2007/11/28

5つ星のうち 3.7 190件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 600 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

映画化企画進行中!新しい英傑がここにある

城戸賞受賞、注目の大型新人脚本家が自ら小説化!武・智・仁で統率する従来の武将とは異なる、駄目だが人間臭い魅力で衆人を惹きつけて止まない英傑像を提示した、まったく新しいエンタテインメント小説

内容(「BOOK」データベースより)

時は乱世。天下統一を目指す秀吉の軍勢が唯一、落とせない城があった。武州・忍城。周囲を湖で囲まれ、「浮城」と呼ばれていた。城主・成田長親は、領民から「のぼう様」と呼ばれ、泰然としている男。智も仁も勇もないが、しかし、誰も及ばぬ「人気」があった―。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 338ページ
  • 出版社: 小学館 (2007/11/28)
  • ISBN-10: 409386196X
  • ISBN-13: 978-4093861960
  • 発売日: 2007/11/28
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.4 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 190件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 42,800位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 zizi 投稿日 2014/1/20
形式: 単行本 Amazonで購入
映画を見る前にやはり人気本を読んでおこうと購入。とても良かったです
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ページを倍増してでも、それぞれのエピソードを掘り下げて書いて欲しかった。
戦は一合戦だけ、領民が慕う理由についても今一納得できない。
キャラクター設定が絶妙なだけに残念です。
同じ題材を用いた「水の城―いまだ落城せず (祥伝社文庫)」の方が
戦いや領民の感情など深く掘り下げて書かれており秀逸です。
2つ対比して読み比べてみると面白いです。
コメント 144人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
先行レビューで「三国志が透けて見える」と書いてあったのを読んで子膝を打ちました。
まさにそんな感じですね。まず登場人物の人物像が極めて類型的に分けられています。
この小説では、
のぼう様は、作者によって人徳がある土豪という役割を与えられてるがゆえに、無条件で百姓達は
のぼう様の命令に対して命がけで従うというわけです。

なぜ、彼はそこまでの人格的影響力を持つ人になり得たのか?ということについて細かく描写すれば
山本周五郎や藤沢周平の世界になったでしょうし、
それとは別の観点、例えば当時の北条政権の法治主義に百姓が順化されたから云々・・という風に歴史観をもって
そこの設定に説得力をもたせたらそれは司馬遼太郎の世界です。

この小説はどちらでもありません。だからそこに引っかかる人は引っかかると思います。
でも、最近日本でも受けてる、中国の武侠小説とか韓流ドラマとかは、みんなこんなかんじですよね。
類型的に人物像を分けていて、そこで登場人物が役割を演じつつ、予定調和的に話が進むというのはね。
まあ、だから、こういうのもありと言えばありでしょう。ただ、こういう本が「本屋大賞」とか取るのはどうなのかね?
巷の読書家のレベルも落ちたもんだね。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
設定や登場人物のキャラクターは素直に面白いと思った。
しかしイマイチ話に入り込めないのはたぶん作家の表現力の乏しさが原因のような気がする。

この作品は映画化されるそうだが、主人公の成田長親は演じるには相当ハードルが高い。
まったく掴み所がないからだ。
一見バカのようだか完全なバカではなく、人々を魅了する不思議な人間力をもつ主人公を
役者がどう演じるか是非映画館で観てみたいと思った.

あと水攻めはCGで描くのだろうか?
その点も気になる。。。。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
店頭でよく平積みにて売られており、受け狙いの表紙と相まって本来の歴史小説ファンでなくとも
手に取りやすい本である。

大まかなあらすじはお解りと思うので、それを前提にして書きますが、目が文章に入りやすく
説明になる文の分量も読みやすさを阻害しない。入門用といって良いか。

連戦連勝の秀吉の城攻めに唯一、土をつけた城主が、でくのぼうでまるでさえない男であった。しかしーー
と言ったものだが、正直、慕う農民の心情の描写が雑過ぎる。命を懸け戦うトリガーが
「のぼうさまなら仕方がない」で誰が納得するのであろうか。

それ以前に長親が農民を愛し、領地を愛す描写もこれまた雑なのである。だから身につまされず
「へ?あ、そうなの?」と筋に従う格好で他人事のまま読み続ける事になった。

メインの田楽踊の奇策も「相手が農民なら堰は破れる」と言い切った割には偶然まかせで、この顛末は
「作者都合」と言われても仕方がない。知将でも何でもない。一番のポイントだけに残念な限りだ。

三成のキャラクターも肉体を持った人間の像を最後まで結ばなかった。間抜け過ぎる。

どこかで読んだ事のある定番の三国志が透けて見える、脚本家による小説なのだと
...続きを読む ›
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 なかなか売れているらしい。
 確かにエンターテインメントとしてのストーリー性はあるし、一気に読める。しかし、小説としての完成度はいまいち。
 登場人物たちの時代考証を無視した言動(茶髪の武将が出てきそうな世界観である)が多々見られるが、これはもちろん意図的な現代風アレンジであって、そのことを批判するのではない。この手法は、若者にとっては司馬遼よりもスタイリッシュに感じられるだろうし、時代小説の裾野を広げるものであると評価できる。
 問題は、登場人物たちの描写である。彼らの『花の慶次』のような、つまり漫画のような描写がこの小説への感情移入を妨げている。なにより、主人公たる成田長親のキャラクターでありタレントであるところの「人間性」、つまり「将器」についての納得ある説明がされていないのが決定的に評価を下げている。語り部的役割である猛将正木丹波守のアフターストーリーにも同様のことが言えるが、初めに結論ありきの物語展開が強引で、一度疑問を感じて立ち止まってしまった読者を置き去りにしてしまう。
 さらに敢えていえば、日本文学が得意としてきた人物の心の陰影に関する描写が極端に少ない。これは、「表現のための物語」ではなく「物語のための表現」が優先され、物語そのものが目的化した結果であると言えよう。
 まあ、見方を変えて言い換えれば、スマートな展
...続きを読む ›
コメント 59人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す