中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【非常に良い】ご検討ありがとうございます。良好品 全体としてきれいな状態です。※通常、防水梱包により迅速(当日・翌日)に発送いたします。◆土日祝日休業:金曜(休日前日)PM注文は翌平日発送となります。◆30分経過後のキャンセル・住所の変更はできません。(アマゾン注文規約より)◆配達不可:マンション名・部屋番号の未記載/配達先の表札違い・無し/住所間違い(市町村名称変更含む)などは配達不可となる場合があります。配送は主にヤマトDM便の為ポスト投函です。着日指定・郵便局留・私書箱、配送センター(営業所)留めでの配送はできません。上記配送不可の場合は配送費を除き商品代金のご返金を致します。安価商品の為再発送はご勘弁ください。ご注意をお願い致します。◆検品は注意をしておりますが、新品の品物以外はあくまで中古品である点御了承ください。どうぞ宜しくお願います。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

のぼうの城 単行本 – 2007/11/28

5つ星のうち 3.7 190件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

映画化企画進行中!新しい英傑がここにある

城戸賞受賞、注目の大型新人脚本家が自ら小説化!武・智・仁で統率する従来の武将とは異なる、駄目だが人間臭い魅力で衆人を惹きつけて止まない英傑像を提示した、まったく新しいエンタテインメント小説

内容(「BOOK」データベースより)

時は乱世。天下統一を目指す秀吉の軍勢が唯一、落とせない城があった。武州・忍城。周囲を湖で囲まれ、「浮城」と呼ばれていた。城主・成田長親は、領民から「のぼう様」と呼ばれ、泰然としている男。智も仁も勇もないが、しかし、誰も及ばぬ「人気」があった―。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 338ページ
  • 出版社: 小学館 (2007/11/28)
  • ISBN-10: 409386196X
  • ISBN-13: 978-4093861960
  • 発売日: 2007/11/28
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.4 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 190件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 157,783位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
ページを倍増してでも、それぞれのエピソードを掘り下げて書いて欲しかった。
戦は一合戦だけ、領民が慕う理由についても今一納得できない。
キャラクター設定が絶妙なだけに残念です。
同じ題材を用いた「水の城―いまだ落城せず (祥伝社文庫)」の方が
戦いや領民の感情など深く掘り下げて書かれており秀逸です。
2つ対比して読み比べてみると面白いです。
コメント 144人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
先行レビューで「三国志が透けて見える」と書いてあったのを読んで子膝を打ちました。
まさにそんな感じですね。まず登場人物の人物像が極めて類型的に分けられています。
この小説では、
のぼう様は、作者によって人徳がある土豪という役割を与えられてるがゆえに、無条件で百姓達は
のぼう様の命令に対して命がけで従うというわけです。

なぜ、彼はそこまでの人格的影響力を持つ人になり得たのか?ということについて細かく描写すれば
山本周五郎や藤沢周平の世界になったでしょうし、
それとは別の観点、例えば当時の北条政権の法治主義に百姓が順化されたから云々・・という風に歴史観をもって
そこの設定に説得力をもたせたらそれは司馬遼太郎の世界です。

この小説はどちらでもありません。だからそこに引っかかる人は引っかかると思います。
でも、最近日本でも受けてる、中国の武侠小説とか韓流ドラマとかは、みんなこんなかんじですよね。
類型的に人物像を分けていて、そこで登場人物が役割を演じつつ、予定調和的に話が進むというのはね。
まあ、だから、こういうのもありと言えばありでしょう。ただ、こういう本が「本屋大賞」とか取るのはどうなのかね?
巷の読書家のレベルも落ちたもんだね。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 s.raymond トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2008/9/22
形式: 単行本
昨年末に立ち読みしたときはピンとこなかったものの、本の帯に20万部と書かれているのを見て、やっと買って読んだ。20万部も売れるのは、それなりの理由があると感じた。
まず、忍城攻防という題材の取り方、丹念な資料の読解、ふだん歴史物には馴染みのない読者層への配慮等々。これが著者にとってこの小説が初作であるとは驚きです。末恐ろしい才能を感じる。

ただ、それらとは表裏をなすことだが、ふだん歴史物時代物、あるいは小説を読み慣れた読者の感想は反対になるような気もしている。そんな点が多々あるけれど、ひとつだけ上げるとすれば、“良くも悪くも映像的すぎる”気がする。小説が、丹念に文章を練り上げて、読者の脳裏に画像を想像させるプロセスが残念ながら、欠落してしまっている。
とくに、前半において、成田氏ゆかりの武将が沢山でてくるところで、それが顕著だ。映画やドラマなどで、役者を使うならばその役者のキャラで視聴者を納得さえられると思うが、小説では無理があるように思う。前半は冗長、退屈であると他のレビュー者が書かれている原因もそこにあると思う。私は、歴史小説もけっこう好きで読んでいるので、とくにその感が強い。
著者は脚本家ということなので、それが特徴なのかも知れない。

ともかく、ふだんは歴史小説など買わない層を大量に取り込んでいるだろう
...続きを読む ›
コメント 63人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
歴史ものに限らず普段小説を読まない人には傑作だろうと思う。
内容・文体・分量ともに時代小説としては簡単な部類だし、
登場人物の造形もストーリーも実に分かりやすく爽快である。

ただ、歴史小説を読み慣れた身にすると、
その単純さに物足りない感じを強く受ける。
作者の素人っぽさも気になる。

すぐに読めて楽しめて、でも心には残らない、そう言う作品。
コメント 78人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
店頭でよく平積みにて売られており、受け狙いの表紙と相まって本来の歴史小説ファンでなくとも
手に取りやすい本である。

大まかなあらすじはお解りと思うので、それを前提にして書きますが、目が文章に入りやすく
説明になる文の分量も読みやすさを阻害しない。入門用といって良いか。

連戦連勝の秀吉の城攻めに唯一、土をつけた城主が、でくのぼうでまるでさえない男であった。しかしーー
と言ったものだが、正直、慕う農民の心情の描写が雑過ぎる。命を懸け戦うトリガーが
「のぼうさまなら仕方がない」で誰が納得するのであろうか。

それ以前に長親が農民を愛し、領地を愛す描写もこれまた雑なのである。だから身につまされず
「へ?あ、そうなの?」と筋に従う格好で他人事のまま読み続ける事になった。

メインの田楽踊の奇策も「相手が農民なら堰は破れる」と言い切った割には偶然まかせで、この顛末は
「作者都合」と言われても仕方がない。知将でも何でもない。一番のポイントだけに残念な限りだ。

三成のキャラクターも肉体を持った人間の像を最後まで結ばなかった。間抜け過ぎる。

どこかで読んだ事のある定番の三国志が透けて見える、脚本家による小説なのだと
...続きを読む ›
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す