通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
のぼうの城 下 (小学館文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: ほぼ新品の本です
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

のぼうの城 下 (小学館文庫) 文庫 – 2010/10/6

5つ星のうち 4.2 90件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 494
¥ 494 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • のぼうの城 下 (小学館文庫)
  • +
  • のぼうの城 上 (小学館文庫)
  • +
  • 忍びの国 (新潮文庫)
総額: ¥1,625
ポイントの合計: 52pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

2011年映画化原作!戦国エンターテイメント大作

「戦いまする」
三成軍使者・長束正家の度重なる愚弄に対し、予定していた和睦の姿勢を翻した「のぼう様」こと成田長親は、正木丹波、柴崎和泉、酒巻 負ら癖のある家臣らの強い支持を得て、忍城軍総大将としてついに立ちあがる。
「これよ、これ。儂が求めていたものは」
一方、秀吉に全権を託された忍城攻城軍総大将・石田三成の表情は明るかった。我が意を得たり、とばかりに忍城各門に向け、数の上で圧倒的に有利な兵を配備した。
後に「三成の忍城水攻め」として戦国史に記される壮絶な戦いが、ついに幕を開ける。

編集担当者からのおすすめ情報
2011年公開予定の映画「のぼうの城」脚本は、本作の作者、和田竜氏が担当。
じつは、小説「のぼうの城」が出来上がる以前に、同内容の脚本「忍ぶの城」を仕上げており、脚本家の登竜門、城戸賞も受賞しています。

内容(「BOOK」データベースより)

「戦いまする」三成軍使者・長束正家の度重なる愚弄に対し、予定していた和睦の姿勢を翻した「のぼう様」こと成田長親は、正木丹波、柴崎和泉、酒巻靱負ら癖のある家臣らの強い支持を得て、忍城軍総大将としてついに立ちあがる。「これよ、これ。儂が求めていたものは」一方、秀吉に全権を託された忍城攻城軍総大将・石田三成の表情は明るかった。我が意を得たり、とばかりに忍城各門に向け、数の上で圧倒的に有利な兵を配備した。後に「三成の忍城水攻め」として戦国史に記される壮絶な戦いが、ついに幕を開ける。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 218ページ
  • 出版社: 小学館 (2010/10/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4094085521
  • ISBN-13: 978-4094085525
  • 発売日: 2010/10/6
  • 梱包サイズ: 14.8 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 90件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 44,145位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
田舎豪族の戦いにしては綺麗に書きすぎの感あり。期待はずれでした。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 電電虫 投稿日 2010/11/7
形式: 文庫 Amazonで購入
久々に戦国もので傑作を一気に読んだ。
風野真知雄氏「水の城」と同じ題材であり双方とも面白いが三成の負け方が痛快だ。
三成作品を読んでもこの話はほとんど話題にならないからこそ、このような作品がおもしろくなる。
一般文学通算624作品目の感想。2010/11/07
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 秀吉の全国統一事業の中では、とくに小さな小さな局地戦でしかない忍城の攻防戦を題材にした史実をもとにした物語である。この物語の主役は、忍城側の「のぼう様」と攻城側の「石田三成」の二人が主役といっていいでしょう。日本史の中では、ほんのなにでもない無視してもいいくらいの小競り合いという戦だったかもしれませんが...そこにはドラマがあり、現代人にも共感と示唆をあたえる物語があり大きな反響を呼んでいるだと思います。三成を主役として考えたとき、その後の三成(関ケ原の戦いをするまでになった)を大きく成長させる転機となった戦闘であったと思われますし、それを和田竜は意識して描きたかったのだと思います。一方の忍城側の面々は、角があり過ぎる個性派ぞろいの坂東武者ばかり。そして彼らの大将は、なんの能力もない、でくの坊「のぼう」なのだ。兵力数・天下軍2万と忍城側500の激突にドラマが生まれない訳がありません。

 映画でも、小説でもやっぱり、この「のぼう」の描き方が重要なところであろうと思われます。彼は本当は天才なのか?やっぱりただの「でくの坊」なのか?さっぱり、判らないのである。それを、読者に考えさせ選ばせる?しかしやっぱり誰もこの「のぼう」のことが掴み切れないままになるように誘導しているのであろう...坂東武者が、まだ、農民と武士との境目があいまいな時代、そんな古き良き時代を体現し
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
最後に良い店を見つけ、広告として動作し、良質、完璧に動作します! 次回も購入する機会がありました 私は完全に満足しています。 偉大な価値と見栄え よくやった。 高品質の完璧な製品です。 良質およびよいプロダクト
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
下巻は息もつかせぬ展開で
一気に読んでしまった。
読み終わって1ヶ月くらいたつが、
まだ、のぼう様の魅力が余韻として残っている。
のぼう様のように生きることができたら
いいなー。
でくのぼう的、のぼう様の生き方は
これから主流になるかも。
こんな、今まで出会ったことのないキャラを
生み出した作者に感服。
正木丹波の槍の極意も
スキーに通じるものがあっておもしろかった。
少しでも恐いと思った方が負け、だと。
最後までネゴシエイターとしても
優秀だったのぼう様。
のぼう様の踊り、見たかったな。
ハラハラドキドキ、そしてじんわりくる
おすすめの本です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
話しことば中心なので,空欄が多いと言うこともありますが
物語がいいのでどんどん読めてしまいます.読み物としては
とてもいいと思います.
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
歴史の表舞台に立つ事のなかった、坂東無者の物語。

戦国時代の傑物、秀吉が関東平定に乗り出す。
その方法は正に天下人の戦。圧倒的な戦力でもって、関東周辺の城を黙らせていきます。
腹心石田光成も、天下人の戦を武蔵の国の小さな城に仕掛けます。
がしかし、お世辞にも立派な将とは思えない ”でく”のぼう様 が
この大軍の攻めを退けていく物語です。

至る所で、”坂東武者”という言葉で、のぼう軍、忍城の武士たちを表現しています。
この坂東武者とは、鎌倉時代前まで遡る古い言葉で、
当時から、戦が激しく繰り返された関東出身、武者の勇猛ぶりを示すものらしいのですが、
秀吉後に訪れる泰平の世を思うと、最後の大立ち回りとなる、
彼らの奮闘ぶりに、ノスタルジーを感じてしまいます。
物語と、現代の情報(忍城の跡地、石田光成の水攻めの堤防跡)を
織り交ぜつつストーリーが進むので、より切なさを盛り上げます。

また、歴史小説では、限られた史料からキャラクタを作り上げるのでしょうが、
各将の戦にかける想い、領民とのやり取りにそれぞれの違いを出させており、
非常に分かりやすいようになっていました。そういった意味で映画化にも納得です。
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す