中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

のび太・ジャイアン症候群―いじめっ子、いじめられっ子は同じ心の病が原因だった 単行本(ソフトカバー) – 1997/4/1

5つ星のうち 4.0 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,620 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

親も学校も悪くない。「いじめ」は脳のちょっとした障害が原因だった!いじめる側も、いじめられる側も、同じ病気のコインの裏表であることが判明。いじめは学校(教育)や親(しつけ)の問題ときめつけ、解決策が見いだせない日本の現状を一変させる待望の書。

内容(「MARC」データベースより)

いじめは学校や親の問題と決めつけ、解決策が見出せない日本の現状。だがいじめは脳のちょっとした障害が原因だった。同じ病気の裏表であるいじめっ子といじめられっ子を分析する。


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 231ページ
  • 出版社: 主婦の友社 (1997/4/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4072212733
  • ISBN-13: 978-4072212738
  • 発売日: 1997/4/1
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 12.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 302,494位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
作者はいくつかの点で、間違っていると思う。
まず第一に、ADHDは『心の病』と言うのとは少し違う。『脳のクセ』だと思う。
次に、これは『治る』という文字で表現できるものでもない。
三番目に、いじめと言うのは構造的なものなので、どのようなタイプの子でもいじめられる。心の病のためにいじめられているのではない。
四番目に、母親の育て方が悪いせいではないとは言い切れない。いじめられるのは親のせいではないが、いじめるのは殆ど間違いなく親に原因がある。
五番目に、そもそもいじめの定義が間違っている気がする。いじめっ子がいじめられっ子を(衝動的に)攻撃するのがいじめではなく、有利な立場に立つ主流派の大勢が不利な立場の者を傷つけるのがいじめだと思う。
六番目に、子供の特性を持つ子供を精神障害児(ADHDは精神障害名である)と言う目で見ることが、皮肉なことに一種のいじめである。
七番目に、リタリンはきわめて安全な薬なんかではない。副作用は61.9%もあり、劇薬で、マシュウ・スミス、ステファニー・ホールを始めとする複数の死亡例が確認されている。
まだまだあるが、長くなるのでこの辺で置いておく。
参考文献を調べると、この本は、ADHD界のドンで、製薬会社との結びつきが強く、全米一のドラッグ・プッシャーと呼ばれるラッ
...続きを読む ›
コメント 92人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
ADHD(注意欠陥・多動性障害)という発達障害を、
ドラえもんに出てくる、のび太、ジャイアンに例えて解説した本です。
ADHDの入門書として読むとよいかも知れません。

のび太症候群(注意欠陥)
言われた事ができない、記憶力が低い、同年代の子供に比べて能力が低い、行動が遅い、いじめられる

ジャイアン症候群(多動性)
言うことを聞かない、じっとしている事ができない、自分の感情を抑えることができない、いじめを行うも罪悪感が薄い・感じない

こういった症状がある場合、発達障害を疑った方がいいです。
また子供だけでなく大人も気付かずにこれまでの人生を歩んできた可能性があります。
本書はADHDに気付くきっかけとなるはずです。

ただ97年に出版された本ですから内容が古いのは否めません。
当時はインターネットもまだまだ普及していなかったので、ADHDについての認知度も低かったのでしょう。
(今も高いのかはよくわかりませんが)

また解決策としてリタリンという薬が推奨されますが、現在では問題があって処方できなくてっているはずです。
(私も記憶が曖昧なので詳しくは精神科医に聞いた方が確実です)
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
私は事情があって昔4巻を買って見たのだが、あらためて1巻(今となっては)の社会的な意義は大きかったと思う。リタリンは強い薬である事は強調されてもいいと思うが、それまでADHDを「ジャイアン型」と「のび太型」に分類してわかりやすく説明したのは絶妙だったと思う。今となってはADHDは言葉が人口に膾炙された感があるが、ちゃんと説明できる人は案外少ない。この本の歴史的意義をもっと認めてもいいのではないでしょうか?
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2003/11/16
形式: 単行本(ソフトカバー)
私は社会人一年目で、現在、小学校で3年生の担任をさせていただいています。
なにもかもが初めてのことで新鮮さを感じながらも、学級にADHDではないかと思われる子がいて、接し方に悩んでいるときにこの本に出会いました。
読み進めていく中で、その子の態度がADHD特有のものであり、決して悪気があったわけではないのだということがわかり本当に気持ちが楽になりました。
私自信が気持ちに余裕をもって子どもと接することができるようになったためか、その子もクラスのみんなも明るい表情を見せてくれるようになり、この本に出合えたことに感謝しています。
1,2巻を合わせて読みましたが、大変読みやすくあっという間に読んでしまいました。
3巻以降も読んでみたいと思っています。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告