通常配送無料 詳細
残り13点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
のだめカンタービレ(25) <完> (KC KIS... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: [特記]ゆうメールにて配送のため日祝配送不可。配送日及び時間指定はできません。また郵便追跡はできませんのでご了承ください。■中古商品の場合、擦れ・日焼け・多少の汚れ等、経年による劣化ががございます。帯・ハガキ・チラシにつきましては、原則付属致しません。全ての商品はアマゾンコンディションガイドラインに準じて出品を行っているものとなります為、事前の状態・仕様のお問い合わせにはお答え致しておりません。詳しくはAmazonマーケットプレイス コンディション・ガイドラインをご確認下さい。「限定」「初回」などの表記があっても特典や内容物のない場合がございます。■ご注文後、駿河屋からメールが届かない場合はメールアドレスの誤登録、受信拒否設定の可能性がございますのでご確認ください。■弊社サイトと併用販売を行っているため、品切れの場合はキャンセルとさせていただきます。■毎朝7時の受信のため7時を過ぎてからのお問い合わせ、ご注文は全て翌日の扱いとなります。■お客様ご都合のご返品の場合、送料と手数料を差し引いた金額のご返金となります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

のだめカンタービレ(25) <完> (KC KISS) コミック – 2010/12/13

5つ星のうち 4.6 50件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 453
¥ 453 ¥ 75

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • のだめカンタービレ(25) <完> (KC KISS)
  • +
  • のだめカンタービレ(24) (KC KISS)
  • +
  • のだめカンタービレ(23) (KC KISS)
総額: ¥1,359
ポイントの合計: 9pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



「まとめ買い・セット本」
マンガ・絵本・小説・文庫セットなど、新品・中古本をまとめ買いできる。最大10%ポイント還元も。 まとめ買い・セット本

商品の説明

内容紹介

カプリチオーソ(気ままに気まぐれに)、カンタービレ(歌うように)。不思議少女・野田恵(のだめ)のクラシック音楽コメディ!!

初のオペラに挑戦する千秋。問題を抱えたまま公演当日を迎えるが……魔法のような奇跡が……? 「のだめオペラ」のフィナーレとともに、ついに「のだめカンタービレ」完結! コミックスのための描き下ろし16P収録も収録、充実の最終巻デス☆

著者について

二ノ宮 知子
埼玉県出身、ふたご座のA型。1989年『LONDONダウトボーイズ』でデビュー。翌年『トレンドの女王ミホ』の連載で人気漫画家に。代表作は『天才ファミリー・カンパニー』『平成よっぱらい研究所』『GREEN』。「Kiss」連載のクラシック音楽コメディ『のだめカンタービレ』が大好評を博し、2004年、第28回講談社漫画賞を受賞。


登録情報

  • コミック: 176ページ
  • 出版社: 講談社; 新書版 (2010/12/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063408264
  • ISBN-13: 978-4063408263
  • 発売日: 2010/12/13
  • 商品パッケージの寸法: 16.8 x 11.4 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 50件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
読んでみての感想は、
「ああ、読んで良かったなあ」です。

24巻では、
何故急にオペラを題材にしたんだろう?
23巻までで充分な内容であったし、
単なる引き延ばしでは?と思ったけれど。

24・25巻のオペラ編は、
人気作ゆえの無理矢理な引き延ばし、ではありません。

二ノ宮先生が、
のだめと千秋の素敵なラストのために用意してくれた物でした。

特に24巻を読んで、
「何これ?のだめと千秋ほとんど関係ないじゃん。23巻までとオペラ編は別にして!」と思った方。

23巻まで読んで、
のだめと千秋の関係が消化不良だな…と感じていた方。

ぜひとも、 25巻まで読んでみてください。

番外編ではありますが、あえて25巻とした理由が理解できる…はず。
消化不良もきっと解消されるはず。

やはり物足りない、という人もいるかもしれませんが…。

5つ星にしておきつつ、
私にも少し不満な点はありました。
(千秋が慣れないオペラに苦戦している様子をもう少しゆっくり見せて欲しかった!など…。)
...続きを読む ›
コメント 74人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
アンコールオペラ編の最終話を収録した、のだめシリーズの
完結巻となります。
オペラの物語と出演者の心情を上手くリンクさせた描かれ方
となっています。ドラマやアニメが終了し、この「オペラ編」
は何のしがらみも無く二ノ宮先生が本当に描きたいことを自由
に表現した、という感があります。非常に好感が持てました。

これまで、長きに渡り、「のだめ」には本当に楽しませて貰い
ました。潜在的なクラシックファンを掘り起こしたという点が
このマンガの大きな功績かも知れません。

二ノ宮知子先生、本当にありがとうございました!!!
コメント 74人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
『のだめカンタービレ』というマンガはこれで本当に終了した。それでも、この番外編が描かれたことで、のだめの世界は今も続いているという感覚が芽生えたように思う。連載開始の頃には本編終了後の後日談かしらと思っていたけれど、なかなかどうしてしっかり構成されて隅々まで行き届いた作品だった。千秋とのだめは主役から一歩下がって、ほかのメンバーと同じ位置に立ち、ひとつの音楽を作り上げるために協力する。泣いたり笑ったり、つまづいたり転んだり悩んだりしながら、それでも前に進んで行くんだろう。音楽があるかぎり彼らはつながっているし、音楽を聞くたびにそういう人たちがいることを私たちも思い出すだろう。ひとつのマンガ作品が、ドラマ化されアニメ化され映画になり、クラッシックファンを増やすことになった大きな流れの中で、自分の立っている場所を見失わず、最後まで描き上げた二ノ宮さんに拍手を送りたい。おもしろかったです。ありがとう。
コメント 58人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 街道を行く #1殿堂トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/12/16
形式: コミック Amazonで購入
最終話ですね。
24〜25巻は、コーダのように聞こえます。
千秋様とのだめの締めくくりは、R★Sでなければならなかったし、初競演もこのオケで成し遂げて欲しかったし、のだめの未来に確約が欲しかったし・・・。
著者は、ファンの気持ちを推し量ったコーダを用意してくれたように思います。
本当に素敵な作品でした。映画も良かった。
ベートヴェンの7番も良かった。
そしてラストを飾ったのは、R★Sオペラ。
目頭がちょっと熱くあるような思いです。
1 コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
ついに「のだめ」が終わってしまった。正直言って、後半のほう、特にラキスタのオペラ編は、登場人物とかは懐かしいんだけど、いま一つ、盛り上がりに欠けるなぁって思っていた。
でも、やはり、この最終巻は、その欠点があっても、いや、むしろどんちゃん騒ぎというより、静かなエンディングを迎えることになって、よかったと思う。

悩む真一と彼を助けるのだめ。長い連載の間に、いつの間にか、二人がかけがえのないパートナーになったということの象徴のような最後だった。

ファンとしては、この愉快な物語がここで終わりを迎えるのはとてもさみしいところだけれど、この結末なら、いいかなとも思う。想像していたヨーロッパの大劇場、大舞台でののだめと真一の共演といった終わり方ではなく、むしろ、二人らしい、心に残る結末だったと思う。
また、二人のこれからを読者が想像することができる、余韻を残した結末だったようにも思う。願わくば、安易な続編がないことを。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック