通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
のだめカンタービレ(23) (KC KISS) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆非常にきれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

のだめカンタービレ(23) (KC KISS) コミックス – 2009/11/27

5つ星のうち 3.6 111件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 453
¥ 193 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • のだめカンタービレ(23) (KC KISS)
  • +
  • のだめカンタービレ(24) (KC KISS)
  • +
  • のだめカンタービレ(25) <完> (KC KISS)
総額: ¥1,359
ポイントの合計: 9pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

カプリチオーソ(気ままに気まぐれに)、カンタービレ(歌うように)。不思議少女・野田恵(のだめ)のクラシック音楽コメディ!!

シュトレーゼマンとの共演で燃え尽きたのだめ。千秋を避け、ピアノから逃げ、のだめが迷い込んだ先は? そんなのだめを千秋は連れ戻すことができるのか? 離れ過ぎてしまった二人の未来が再び交わる瞬間、そこにはあの曲があった……。感動の最終巻!!

著者について

二ノ宮 知子
埼玉県出身、ふたご座のA型。1989年『LONDONダウトボーイズ』でデビュー。翌年『トレンドの女王ミホ』の連載で人気漫画家に。代表作は『天才ファミリー・カンパニー』『平成よっぱらい研究所』『GREEN』。「Kiss」連載のクラシック音楽コメディ『のだめカンタービレ』が大好評を博し、2004年、第28回講談社漫画賞を受賞。


登録情報

  • コミック: 174ページ
  • 出版社: 講談社; 新書版 (2009/11/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 406340773X
  • ISBN-13: 978-4063407730
  • 発売日: 2009/11/27
  • 商品パッケージの寸法: 17.5 x 11.4 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 111件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
最初から楽しく読んでいたのですが・・・最終巻はものの5分で流し読みという結果に><

 当初は変態オケ漫画としての路線を維持しつつファン層を確立していただけに、常に最近そうだった
のですが、最後まで読んだ感じは、「何を中心に、どういった層に見てもらいたいのか?」が非常に
不透明になっています。

 最終話もありふれた「あの人たちのその後」なのですが、あっさりとシンプルにというのも
ありといえばありなのですが、そういった終わり方はラストスパートで盛り上がった直後に行う
べきであり、ざんねんながらのだめにはラストスパートの盛り上がりが全然ないです。
 一体何処でもりあがればよかったのか?も含めて、何で盛り上がればよかったのか?がおそらく
掴みきれてなかったのかもしれません(父親との和解? のだめとのロマンス? 演奏?いずれも
中途半端にあっさりとまとめています)

 流行に乗せてスピンオフが作れる感じで終わっていますので、それに期待できるのが唯一の救い。
やはりヨーロッパに行かないで終わらせるべきだったのかな、とこの作品も出版社に振り回された
感じが否めないラストにものすごく寂しさを覚えています。
 
 PS:私達も、
...続きを読む ›
コメント 53人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
漫画、ドラマ(上野樹里と玉木宏のテレビブレイク作品)、アニメ(来年初春第三部スタート)、映画(こちらも年末に最終楽章が公開)と大ブレイクを続けてきたこの作品もいよいよこの巻で最終巻です。
 いつの間にやら、千秋とのだめの関係が逆転、どんどん開花してゆくのだめの才能に惚れ込んだ千秋のほうがのだめを追っかける展開になっていたこの頃。この巻でも、連載スタート時を思えば信じられないくらいに、いじましく彼女を追っかける千秋先輩。二人のコンチェルトを弾く事すら拒むのだめを強引に連れ出して、思い出の一曲を弾く千秋とのだめ。ベタだけれど原点に帰ったエピソードが良かったです。 
 ただ、惜しむらくはもう少し違う盛り上げ方もあったような。ミルヒーことシュトレーゼマンと千秋、或いは他の登場メンバーとのだめ達の絡みも見たかったような気がします。物語がどんどんスケールアップしていただけに、わりとシンプルで地味目な終わり方もこれはこれでいいんだけれど、もう一山あっても良かったかなぁなんて思う最終巻でした。
 ともあれ、日本の少年少女のみならずクラシックに興味がなかった人にとっての、クラシックへの入り口というかきっかけづくりになった作品として、とても貢献度の高い漫画だったと思います。←書いている本人にとってはそれはどっちでもいい話だろうと思うけれど、「ヒカルの碁」だったり「動物のお医者さん」だったり、そういう作品はやっぱり歴史的に残って行くんだろうなぁと思います。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
クラシック音楽の世界に生きる若者たちのコメディタッチ青春グラフィティ。

のだめは天性の資質そのままに音と戯れ、音楽の中で本能的・感覚的なままに生きてきた不思議ちゃん。
「自分」と「音楽」が未分化なまま、自己の充足した世界の中で生きてきた。(だからオクレール先生は、彼女を「ベーベちゃん」と呼ぶ)

一人で充足していた自己の音楽世界に、ある日「他者」が入ってくる。それが千秋。
千秋との出会い=千秋と弾いたモーツァルトの連弾は、他者と共に音楽を作り上げる喜びの原初的な衝撃となって、のだめは千秋に「フォーリン・ラブ」する。
千秋との恋愛は、のだめがそれまで自己と渾然一体だった音楽という世界を、千秋を窓口として少しずつ「発見」していく過程となる。

千秋はといえば、彼もまた、音楽に深い愛情と情熱をもっている。
千秋は知性派で、音楽を小さい頃から意識的に学び、その意味でのだめとは違い、音楽をすでに対象として理知的に認識している。
とはいえ、幼少の頃、大きな影響を受けたヴィエラ先生を父のごとく慕い、それを心の拠所として生きてきた。つまり千秋は、愛する相手と音楽が未分化なまま、という意味で、のだめと相似形なのでした。
奇人のだめに対しても、その音楽的天賦の才にひかれるが、千秋の
...続きを読む ›
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
多くの方が仰っている様に、「ホントにこれで終わり?」というのが正直な感想ですが、
「これがベストな終わり方なのかな?」と思いもします。

急に父親が出てきて和解とか、突然のヤドヴィとか、後半カップル出来まくりとか、
非常に予定調和な感じがしますが、
「父親に自分を認めさせる」という千秋の密かな目標よりも、
のだめの方が大事になっていたという事で、つまり千秋の成長を描いてる訳ですし、
(あと自分もプロになって、父親の音楽家としてのプレッシャーも理解出来るようになった)
18巻にだけ突然現れ、なんの為に出てきたのか分からなかったヤドヴィも、
のだめに音楽の楽しさを思い出させる役割のキャラクターだったんだなと、やっと分かります。

2人のコンチェルトを見たかったですが、
それをやっちゃうと逆に「のだめ」らしくないのかもしれません。
永遠に未完成で発展途上、大爆発もあれば大不発もある、飛んだり跳ねたり不安定大王、
それこそが「のだめ」じゃないですか。
思いっきり肩透かしを食らいましたが、それこそ「のだめ」だなって感じがします。

ある意味、この中途半端な感じが余韻が有って良いのかもしれません。
(結婚なんかしたら
...続きを読む ›
2 コメント 430人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー