通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
のだめカンタービレ(14) (KC KISS) がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【ページ中折れ・汚れなし】中古品のため経年劣化による表紙のスレや多少の日焼けはご容赦下さい。《こちらの商品は24時間年中無休のAmazon.co.jp配送センターより発送いたします。また、各種お支払い方法やカスタマーサポートもAmazon.co.jpが提供いたします》
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

のだめカンタービレ(14) (KC KISS) コミックス – 2006/1/13

5つ星のうち 4.6 37件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 432
¥ 432 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • のだめカンタービレ(14) (KC KISS)
  • +
  • のだめカンタービレ(13) (KC KISS)
  • +
  • のだめカンタービレ(15) (KC KISS)
総額: ¥1,296
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容説明

カプリチオーソ(気ままに気まぐれに)、カンタービレ(歌うように)。不思議少女・野田恵(のだめ)のクラシック音楽コメディ!!

著者について

二ノ宮 知子
埼玉県出身、ふたご座のA型。1989年『LONDONダウトボーイズ』でデビュー。翌年『トレンドの女王ミホ』の連載で人気漫画家に。代表作は『天才ファミリー・カンパニー』『平成よっぱらい研究所』『GREEN』。「Kiss」連載のクラシック音楽コメディ『のだめカンタービレ』が大好評を博し、2004年、第28回講談社漫画賞を受賞。


登録情報

  • コミック: 192ページ
  • 出版社: 講談社; 新書版 (2006/1/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063405753
  • ISBN-13: 978-4063405750
  • 発売日: 2006/1/13
  • 商品パッケージの寸法: 17.5 x 11 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 37件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
マルレ・オケの常任指揮者となった千秋のパリでの初めての挫折。また、ダメオケでの新たなスタート。
「空気が読めない」のはのだめよりもむしろ千秋の方ではないかと思った。
そして、挫折した人間がもう一人。かつて神童と言われたが、カーネギーホールでのリサイタルを酷評され、演奏活動を休止した孫Rui。
彼女はのだめの演奏を聞き、何かを感じた。優れたピアニストである者だからこそわかる何か。
あの瞬間、のだめは彼女にとって大きな壁になったのかもしれないと感じた。
のだめは知る由もないが。
睡眠不足の千秋に気を遣って自分の部屋で練習するというのだめに
「試験前だからいいピアノで練習しろ。今日はどんな爆音でも寝られる」という千秋。
平均律を一声一声歌いながら練習しているのだめの声とピアノを聞きながら眠っている千秋の表情は幸せそうで、
母親の腕の中で安心しきっている子供のように見えた。千秋にとってはのだめが傍にいることは当たり前なのだけど、
それがあまりに自然だからその幸せに気づいていない。だけど、いなくなってしまったら耐えられない。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 mi12 投稿日 2006/1/17
形式: コミック
=のだめ。

Ruiは去り際にふと聴こえてきたのだめのピアノに足を止める。

オクレール先生はのだめに不確かな、でも何かを感じている。

以前のだめが弾いた「ピアノソナタ・清掃」は、以前よりバージョンアップしていて、真一を驚かせる。

話はあまり進んでないようで、でものだめの「ピアノ」は確実に進歩している、それがさりげなく(?)描かれているのがこの巻でしょうか?
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
マルレオケの初公演。Sオケで初めて千秋が振った時みたいでした。

笑いまじりの拍手は結構ステキだと思います。

Sオケ初公演も峰くんのおかげ?で盛り上がって拍手に笑い声がまじってましたね。あのときの笑いとはちょっと違いますが。

ヤキトリオの発表会もあります。後、のだめの学校の試験。

2人がバラバラに動いていますので、短い話を繋いだ感じになっています。

次巻のバカンス?編は一緒に行動するみたいです。

2人一緒の方が自分は好きなので気が早いですが「早く出してほしい」なんて思ってしまいます。

のだめの音が変わっていくのを見るたびに

将来世界的な指揮者・ピアニストになる2人の

伝記には載らないであろう、物語を見ている気分になります。

これからどんな風に2人が成長していくのか楽しみです。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
【のだめ】を読み始めると音楽に興味が持てると思います。
よくある恋愛小説の設定のように、シュールでないところが、誰もが読んで笑って感動できるところです。

最新作14巻は千秋が指揮を振り、なんとのだめと初共演する!と、言うのが13巻の終わりだったので「さぁ、どうなる初共演」の心持で読んでみると・・・孫Ruiが登場して・・・あれよあれよと、のだめはどうなるのッ。何なのよッ。と、腹が立ちました。

が、まぁ人生全てが上手くいくわけでもなく、逆に現実的な感じがしました。読んでいる最中は「ちょっとなんなのさ!!」と思いましたが、後味は以外と良かったです。

のだめの奥さんぶりも段々、板についてきて、千秋も半分諦めている様に思えます。「俺が選んだのは変態(のだめ)だけだから」が、なんとなく読み終えて記憶に残りました。次回も楽しみです。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
ついに14巻です。

千秋とのだめの初コラボと思って13巻から気分も盛り上がって待ちに待った14巻。

そんなに甘くはありませんでした。(がっくり。)

その後、指揮者の先輩、現R☆Sオケの指揮者松田が登場。

この人もキャラが濃いです。

<ミルヒ(女好き)+千秋(俺様)=松田>といった感じのキャラで笑えます。

14巻は13巻ほどの動きはありません。

でも一番「ジーン」と来たのは、千秋と松田の会話で

「お前の彼女は変態だ!」と松田に言われて

「でも唯一自分で選んだのが変態(のだめ)ですから・・・。」

と千秋が呟いちゃったところでしょうか。

こうやって文にして読むと変な台詞ですが、マンガとして読んでるとジーンと来ますよ!
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー