通常配送無料 詳細
通常1~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 『カバー上の値札等のシールは除去済みです!』のだめカンタービレ。中古商品。背表紙の色褪せもなく綺麗です。クリーニングを行い、迅速にお届けいたします(付録付きの商品の場合、付録は付属しておりません)。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

のだめカンタービレ(12) (KC KISS) コミックス – 2005/5/13

5つ星のうち 4.6 48件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 432
¥ 432 ¥ 1

この商品には新版があります:


この商品はセット買いができます
のだめカンタービレ コミック 全25巻完結セット こちらチェック
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • のだめカンタービレ(12) (KC KISS)
  • +
  • のだめカンタービレ(13) (KC KISS)
  • +
  • のだめカンタービレ(11) (KC KISS)
総額: ¥1,296
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

カプリチオーソ(気ままに気まぐれに)、カンタービレ(歌うように)。不思議少女・野田恵(のだめ)のクラシック音楽コメディ!!

著者について

二ノ宮 知子
埼玉県出身、ふたご座のA型。1989年『LONDONダウトボーイズ』でデビュー。翌年『トレンドの女王ミホ』の連載で人気漫画家に。代表作は『天才ファミリー・カンパニー』『平成よっぱらい研究所』『GREEN』。「Kiss」連載のクラシック音楽コメディ『のだめカンタービレ』が大好評を博し、2004年、第28回講談社漫画賞を受賞。


登録情報

  • コミック: 192ページ
  • 出版社: 講談社; 新書版 (2005/5/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063405443
  • ISBN-13: 978-4063405446
  • 発売日: 2005/5/13
  • 梱包サイズ: 17.5 x 11.5 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 48件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 街道を行く #1殿堂トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2009/9/10
形式: コミック Amazonで購入
クラシック界の天才は、家庭環境に恵まれる場合が多いように思います。ビートルズのようなポピュラー音楽界の天才は、突如天から舞い降りたような印象を受けます。のだめの素質は、ビートルズの天才性に近いのかもしれないな、と思いながら読んでいます。型破りなピアノの才能。自分だけの力では育ちません。彼女の素質がどう開花するのか、今から期待しています。クラシック音楽を柔らかに格調を保って描くこの作品は本当に素晴らしいと思います
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
クラッシック好きには,たまりません。さすがテレビドラマや映画化されるはずです。漫画好きでなくてもついはまってしまうコミック作品でした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Baro 投稿日 2013/4/29
形式: Kindle版 Amazonで購入
千秋先輩のデビュー♪
のだめもちゃんと勉強中。
バッハは、演奏するのが好きな人と好まない人に分かれるね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
ははは
愉快です
いよいよ千秋がパリで指揮者としてデビューします
オーボエの黒木くんが日本からやってきます
同窓会のようですね
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
 ある週の火曜日に#1を買って読み終え、水曜日に#2と#3を買ってこれもその日のうちに読み終え、とうとう止まらなくなり、木曜日から土曜日まで3巻ずつ一気に#12まで読みきってしまった。#9までの桜ヶ丘音楽学校篇はこれだけで充分に完成・完結している。#10から始まったパリ編は物語の行方(というか感触)をまだ作者が手探りで探っている感じ。このあとどこまで進んでいくのかまだ見えないが、途方もなく長大な物語に発展・深化していきそうな気配を感じる。
 このマンガの面白さは「読んでいる時間の中にしかない」(C.保坂和志)。二ノ宮知子がつくりだすキャラクターの面白さも、読んでいるマンガの中にしかない。とりわけ面白いのは演奏会の情景を描いた箇所──たとえばシュトレーゼマン指揮、千秋真一演奏のラフマニノフ・ピアノ協奏曲2番(#5)とか、千秋真一指揮のブラームス交響曲1番(#8)など──で、当然そこに音は響いていない。しかし沈黙の紙面のうちにたしかに音楽が流れている。それも音楽の表現のひとつのかたちである。これはちょっと比類ない達成なのではないか。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
 のだめ、1~3巻をためしに買ったけど、もうとまらず、
本屋へ走り、一気に買っちまった!
 そして、少しブランクを開けて、聞いていなかった
クラシックCD買いに走ってしまった!
 以前はブラームスが好きだったけど、最近はシベリウスが
好きになってしまった!
 ANDこれまたブランクがあったけど、最近楽器をやり始めてしまった!
 ああ、音楽っていいなあと再認識させてくれる麗しい作品!
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
堅苦しいクラシック音楽の世界を、決して貶めることなく

笑えるマンガに仕上げた手腕は、高く評価されるべきだろう

『のだめカンタービレ』、のだめ焦燥の第十ニ巻である。

世界演奏旅行から主人公千秋真一がパリの自宅に戻ると

級友の音楽レベルの高さに衝撃を受け

ただただあせるのだめがいた。彼は自分らしくあることで、

のだめに自信を取り戻させようとするのだが・・・。

本巻後半からは、日本篇からオーボエの黒木君が

パリのストーリーに参入!!
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 みちん 投稿日 2017/6/15
形式: Kindle版
ついに覚悟を決めたか、千秋様。
のだめと千秋が付き合い始める…でいいんだよね?
まあ前々からいつもいっしょだし、仲いいけども。
おめでとう。たいへんはたいへんそうだけど(笑)。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
12巻、ついに千秋先輩がのだめちゃんに・・・・。
パリのアパルトマンに引っ越して隣人はどんな人かと思ったら
やはり・・・・。やはり、奇人変人??ばかり個性の強い人だらけです。
面白いのに、ギャグばかりなのに、千秋先輩が指揮をすると、
のだめがピアノを弾くと、空気は一遍に変わります。思わず
鳥肌たちました。
オーケストラシーンに音楽はないけど(当たり前)♪マークや
登場人物が心地良く演奏しているシーンを見ると、音楽が聞こえて
くる気がしました。
久しぶりにクラッシクコンサートに行きたくなりました。
世界の小澤氏も昔はこうだったのかな、と。ラララ~~~~♪♪♪
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー