通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
のだめカンタービレ(11) (KC KISS) がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【ページ中折れ・汚れなし】中古品のため経年劣化による表紙のスレや多少の日焼けはご容赦下さい。《こちらの商品は24時間年中無休のAmazon.co.jp配送センターより発送いたします。また、各種お支払い方法やカスタマーサポートもAmazon.co.jpが提供いたします》
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

のだめカンタービレ(11) (KC KISS) コミックス – 2005/1/13

5つ星のうち 4.6 38件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 432
¥ 432 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • のだめカンタービレ(11) (KC KISS)
  • +
  • のだめカンタービレ(12) (KC KISS)
  • +
  • のだめカンタービレ(13) (KC KISS)
総額: ¥1,296
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

カプリチオーソ(気ままに気まぐれに)、カンタービレ(歌うように)。不思議少女・野田恵(のだめ)のクラシック音楽コメディ!!

著者について

二ノ宮 知子
埼玉県出身、ふたご座のA型。1989年『LONDONダウトボーイズ』でデビュー。翌年『トレンドの女王ミホ』の連載で人気漫画家に。代表作は『天才ファミリー・カンパニー』『平成よっぱらい研究所』『GREEN』。「Kiss」連載のクラシック音楽コメディ『のだめカンタービレ』が大好評を博し、2004年、第28回講談社漫画賞を受賞。


登録情報

  • コミック: 192ページ
  • 出版社: 講談社; 新書版 (2005/1/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063405230
  • ISBN-13: 978-4063405231
  • 発売日: 2005/1/13
  • 商品パッケージの寸法: 17 x 11.5 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 38件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
国内篇までの「青春」感に取って代わり、メインの2人がプロの世界や世界レベルの音楽教育に足を踏み入れるという、各々の根幹に関わるような展開の序章です。それに従って二人の関係も変わってきました。のだめは"音楽と関わる人との関係"を超えて"音楽との関係"が表面化してきたようです。シンイチ君はその真逆で、のだめとの関係が徐々にウェイトを占めてきています。今までになく曲者な先生も登場して、どう転がるか非常に楽しみです。成長すること、心を動かされる事の素晴らしさがまた予感されます。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 yuishi トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2005/9/25
形式: コミック
シュトレーゼマン久々の登場(しかも芸者遊び中)、いままで回想か遠景でしか登場しなかったヴィエラも登場です。
なんといっても指揮者コンクールが盛り上がります。
“のだめ“の学校もようやく始まり、次の展開に向けた人物が続々(?)と登場してきます。中国の美人天才ピアニストのルイ、中国人留学生のユンロン、それから”のだめ“の学友になる少年”(後の巻で名前がわかります)
この指揮者コンクールかなりタフですね、レパートリーがハイドンから現代曲まで(お国柄、選曲にフランスものが多いように見えますが)、得意不得意言っていられませんし、オケのメンバーがわざと間違えた箇所を指摘する間違え探しなんて、どうするんだ!!って、感じです。
指揮者コンクールに出場している片平のジャンプを交えた指揮というのは見てみたい気がしますね(審査員も言っていましたが、ジャンプしてもリズムが崩れない指揮とは・・・)。
登場曲は(たくさんあるけど)
バルトーク 舞踏組曲
チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲
ロッシーニ 歌劇「セルビアの理髪師」よりアリア「私は町の何でも屋」
スカルラッティ ピアノソナタヘ長調
リスト 超絶技巧練習曲
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/3/14
形式: コミック
いよいよヨーロッパ編ですが、爆笑R☆Sオーケストラ編やのだめコンクール編の迫力は欠けてしまっていて、ちょっとトーンダウンしてしまっていますね。新たな環境や、新キャラ登場で説明的な部分が多いので仕方がないかもしれません。今後の展開に期待ですが、個人的には国内組のキャラが再登場してほしいです。どーも新キャラはパワーが足りない気がしてしまうので。既刊と比べて、ちょっと厳しく星3つ。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
先輩にふさわしい暗くて陰湿な曲を、そして選んだのがチャイ'コのVnコンチェルト。最高。『砂漠のプロメテウス作戦』、そしてミルヒーがのだめにふっとばされる所は
竹中さんの怪演です。
ベベちゃんが超絶技巧でオクレール先生にけちょんけちょんにやられてしまう。
音楽家のみなさんにとっても、わたしたちにとっても一番きつい問いかけで終わります。
プロへの道も一歩から。
覚悟を問いかける、重要な局面デス。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 mi12 投稿日 2005/1/14
形式: コミック
音楽が溢れ出てきます。
コンクールの場面は真一が指揮する場面だけでなく、ライバル達の指揮も真一のそれとは違う魅力がある。
漫画なのに、まるで音が聴こえてくるよう。読んでいてどきどきします。登場人物の音楽に対する熱意がどんどん伝わってきて。
でもまだ『のだめのピアノ』はこの巻では聴こえてこないけど...これは次巻に期待ですね。真一に負けるな、のだめ!
(のだめ作の食事は激しく想像できたけど。笑)
しかし登場人物は相変わらず全員変。
のだめ&真一のカップル(?)に負けないほど、ジャン&ゆうこも笑えます。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
本屋でお試し本としてあった1巻を初めて読んだ時は、本屋で笑いました(笑)そして早買いしました!!なぜなら家で思う存分笑いたかったからです!!
その「のだめ」も、とうとう11巻ですね!!
この漫画は笑いながらクラシックを勉強できるという、なんとも素晴らしい作品です(笑)
絵は結構地味目ですが、内容はサイコーです☆
出てくるキャラが個性的で面白いです!!
この11巻では野田恵こと【のだめ】の奮闘が描かれています。
次巻では、今回の奮闘が活かされるのではないでしょーか!!
12巻も楽しみです♪
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
面白いですね。いやー、今巻も笑わせてもらいました。
パリ編になってから勢いが落ちたという感想をお持ちの方も多い
ですが、私はむしろパリ編に入ってからが「次巻が待ち遠しい!」と
いう感じです。だって、ようやく千秋とのだめが自分の未来に向かっ
って歩き出したんですから。
キャラも、真澄ちゃんや峰くんももちろん良いですが、音楽を通して
お互いを切磋琢磨させながら成長していく点では、現在の方が見て
いて楽しいです。
さて、12巻ではのだめが打ちのめされてしまうようですね。
頑張れのだめ!だめだめパワーで自信回復だ!
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー