のだめカンタービレ 最終楽章 後編 スペシャル・エ... がカートに入りました
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品によってはわずかな汚れやキズがある場合がございます。(管理ラベルは簡単に取れます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

のだめカンタービレ 最終楽章 後編 スペシャル・エディション [DVD]

5つ星のうち 4.4 45件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 6,264
価格: ¥ 4,536 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,728 (28%)
残り12点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • のだめカンタービレ 最終楽章 後編 スペシャル・エディション [DVD]
  • +
  • のだめカンタービレ 最終楽章 前編 スペシャル・エディション [DVD]
  • +
  • のだめカンタービレ in ヨーロッパ [DVD]
総額: ¥17,225
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 上野樹里, 玉木宏
  • 監督: 武内英樹
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 3
  • 販売元: アミューズソフトエンタテインメント
  • 発売日 2010/10/08
  • 時間: 123 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 45件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B003TWRQPI
  • EAN: 4527427647169
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 10,958位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

【特典映像】内容決定!
5時間以上の特典映像収録!

[DISC1]
予告編集、その他

[DISC2]
●「のだめカンタービレ最終楽章 後編」ついに完結!みなさんお別れデス。
→後編の魅力をシリーズの振り返りとともに紹介
●のだめ×ウソホンティ~ウソみたいなホントの"のだめカンタービレ" マル秘裏話~
→キャスト勢ぞろい、撮影中のマル秘話をクイズ形式で出題
●これで見納め!?ヒミツのマングース撮影日記~後編~
→クランクインからクランクアップまで後編の撮影に完全密着
●のだめニュース
→のだめの各種イベントの様子を上野・玉木キャスターがニュース形式で紹介
●上野&玉木スペシャルこたつトーーーク
→とくダネ!で放送されたインタビューをロングバージョンで収録
●後編オールアップコメント集
●未公開シーン
●後編演奏楽曲紹介


[DISC3]
●密着!!4・17初日舞台挨拶目指せ!初日動員新記録
●完成披露舞台挨拶
●全国縦断のだめツアー出発式 &前編復習上映会・舞台挨拶
●のだめコンサートグランドフィナーレin日本武道館
●香港上映プレミア舞台挨拶
●大ヒット大感謝祭舞台挨拶
※上記特典映像内容は予告なく変更になる可能性がございます。ご了承ください。


【スタッフ】br原作:二ノ宮知子「のだめカンタービレ」(講談社 KCKiss)br脚本:衛藤凛
総監督:武内英樹
監督:川村泰祐

製作:フジテレビジョン・講談社・アミューズ・東宝・FNS27社br制作プロダクション:シネバザール
配給:東宝


【キャスト】上野樹里 玉木宏
瑛太 水川あさみ小出恵介・ウエンツ瑛士 ベッキー 山田優 なだぎ武(ザ・プラン9)
福士誠治 吉瀬美智子伊武雅刀・竹中直人


離れ離れに暮らすことになった、のだめ(上野樹里)と千秋(玉木宏)。そんな矢先、エリーゼ(吉瀬美智子)は千秋に、孫Rui(山田優)との共演話を持ちかける。千秋がヨーロッパデビューを飾ったウィルトール・オケとの競演だ。一方、のだめはなんとか千秋に追いつくべく、ピアノレッスンに励む日々。だがオクレール先生からコンクールの許可がなかなか下りない。焦りを感じはじめる、のだめの元に、峰(瑛太)と真澄(小出恵介)が突然現れた。ヴァイオリンコンクールに出場する清良(水川あさみ)を秘かに応援するためだ。久々の再会に、千秋の姿も。すっかり意気投合したフランク(ウエンツ瑛士)やターニャ(ベッキー)、黒木(福士誠治)らを伴い、一行はコンクール会場へむかう。のだめはコンクールのピアノ部門で聴いた「ラヴェルピアノ協奏曲」に心奪われ、いつか千秋と競演する時に演奏したいと心に決める。しかしこの曲こそ、千秋がRuiと共演する演目だったのだ。テオ(なだぎ武)からその事実を聞いた、のだめは大ショックを受ける。そして二人の共演

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

二ノ宮知子のベストセラーコミックを、上野樹里と玉木宏主演で映画化したラブコメディ『のだめカンタービレ』劇場版2部作の後編。のだめと千秋の恋の行方を笑いと涙と感動を交えて描いたシリーズ完結編。特典映像を満載した3枚組特別版。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
前編とは打って変わって、しっとりと何処か物悲しげなベートーヴェン:交響曲第7番ピアノ独奏で始まります。
のだめも笑顔。千秋も笑顔。でも何かがこれから起ころうとしている。
まるで観ている側が焦燥感に駆り立てられるような、今までの「のだめ」には見られなかったプロローグの幕開けです。

上野樹里演じる「のだめ」が可愛らしいことは充分分かり切っていましたが、この後編はとにかくこの上なくのだめが可愛い。
のだめってこんなに可愛かったっけ?と思うほど、限りなく「女の子」ののだめを感じました。

運命の曲をのだめ以外のピアニストと共演することになってしまった千秋。悔しくてやるせない、のだめの想い。
そんなのだめの気持ちを充分に汲み取りながら、散々悩んだ上出し惜しみせず、今できる精一杯の演奏をした千秋。
ここから徐々に、二人の心がすれ違っていきます。
この一連の二人の表情、次第に移り変わって行く心情描写が素晴らしい。とてもとても引き込まれる。

二人旅の終わりから、千秋&Rui共演→のだめプロポーズ→のだめコンチェルトデビューまでの流れが、
かなり駆け足気味だったことが非常に残念でならないが(個人的には、この点が本当に残念でした。あと30分尺が長ければ…)、
...続きを読む ›
コメント 118人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
こちらの後編は、のだめ独特のギャグや音楽は健在ながらも、前編や原作とは少し趣が異なり、登場人物の心情を丁寧に描いた、シリアスな恋愛映画になっております。(以下、ネタバレ含みます)

原作の方でも、恋愛感情と音楽が重なり合っていると推測できる描き方がされておりますが、実写の方では、更に上野樹里さんならではの解釈も加えて演じてくれたのが良かったです。

例えば、映画雑誌のインタビューで 「のだめにとって、コンチェルトというのは、男女の恋愛関係を表すとても重要な意味を持つので、自分の初めてのコンチェルトは絶対に千秋とすると信じて頑張っていた。  けれども、その大事な初コンチェルトを不本意とはいえ、千秋以外の人(ミルヒー) としてしまったから、もう自分は千秋の事を好きじゃないの? と思い込んでしまい、全て投げやりになってしまう。  でも、その後で千秋に 『いや、そうじゃないだろ』って音楽を通して引き戻してもらえる。」 音楽面では「ショパン協奏曲の演奏も、あの時の精神状態だから弾けた 一時的な良さであり、継続してプロとして続けていけるわけじゃなくて。  だから千秋の事を好きでいられなくなるというのは、上から目線ではなく、もうピアノを弾けない自分は千秋の事を追えないし、ミルヒーと共演してしまった為に新品でもなくなった。というのが大きくて、そういう感情を入
...続きを読む ›
3 コメント 312人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
個人的には前編には、いろいろと細かなところに気になるところや、不満も多くて、素直に良いといえなかったのですが、後編は見事!脱帽です。とても素晴らしい出来映えだったと思います。前編でもそうでしたが、最初のTVドラマから、のだめ、千秋共に質量両面で経た歳を、上野樹里さん、玉木宏さんのそれぞれが、自然に受け止めていて、二人が次第に本格的にプロフェッショナルな音楽家に成長してゆくうえで、ぶつかる様々の苦悩や障害に次第に正面から向き合ってゆく姿が感動的。とくに、ここでは樹里ちゃんの終始、孤立感や嫉妬、劣等感、閉塞感や抑うつ感のなかで悶々と苦しむのだめの痛々しいまでの姿を演じるところが凄い。おちゃらけや、ボケのない「笑わないのだめ」を演ずる樹里ちゃんには、ドラマ以来ある程度ステロタイプ化された「のだめ」のイメージを良い意味で壊しているところに、女優としての大きさが実感できます。特に、ショパンの協奏曲を見事に弾ききって大評判になってから、皮肉にもそれがために却って潰れそうになるのだめ。そんなのだめが、最後のシーンで、ドラマ以来の天真爛漫な子供のような笑顔と変わって、高みを目指す芸術家としての気高さも備えた、凛とした笑顔に変貌するまでの展開(これは敢えて書きませんので、是非映画でごらんください)など、息を呑む説得力があります。そして、アマチュア的な「自由に楽しく」のモットーとも違う、「幾度でも、立...続きを読む ›
コメント 136人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
紫色のドレスののだめ。成長と進化とは、こういうものかもしれません。
前編と千秋コンプリートを観たら、やはり後編が観たくなる。
音楽ファンを漫画に、漫画ファンを音楽ファンに、そして未来の音楽を作る子供たちに、音楽ってすごいね、楽しいね、を映像にしてくれた皆さんに感謝。
プロもアマチュアも楽しめる、世紀に残る傑作だと思います。

樹里ちゃん、玉木さん、俳優さん、スタッフさん、プロの音楽家の皆さんと、たくさんの音楽ファンが、のだめをキーワードに集ったからこそできた作品。
のだめを創り、愛して、育ててきた皆さんに拍手。
まずは後編を予約して、気軽に身近で開催される生のコンサートに足を運びましょう。
そこには、千秋やのだめがめざし続ける新世界があるはずだから。
コメント 51人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー




フィードバック