¥ 1,566
通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ねずみのすもう (幼児みんわ絵本) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ねずみのすもう (幼児みんわ絵本) 大型本 – 1986/7

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 1,566
¥ 1,566 ¥ 360

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ねずみのすもう (幼児みんわ絵本)
  • +
  • おしゃべりなたまごやき (日本傑作絵本シリーズ)
総額: ¥2,862
ポイントの合計: 53pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

むかし、びんぼうなじさまとばさまが、1ぴきのねずみとくらしていた。そのねずみが、となりのちょうじゃどんのふとったねずみとすもうをとって、ころりころりとまかされている。それをみたじさまは、だいじにとっておいた米でもちをついてたべさせると…。この話は、新潟県の松代町に伝わる話をもとに再話したもので、軽快な語りと楽しい絵で、読者をじゅうぶん楽しませてくれます。


登録情報

  • 大型本
  • 出版社: ほるぷ出版 (1986/07)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4593562252
  • ISBN-13: 978-4593562251
  • 発売日: 1986/07
  • 商品パッケージの寸法: 24.4 x 23.4 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 766,947位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 クラバート トップ500レビュアー 投稿日 2014/2/11
形式: 大型本
ろくに食うものもなかった貧乏なじさまとばさまでしたが、
土間のネズミをかわいがって大事に養ってきました。
ある日、芝刈りに出かけたじさまは、2匹のネズミの相撲を
見ていますと、投げ飛ばされたカリカリやせたネズミは
土間のネズミでした。
投げ飛ばしているのは長者どんのネズミ。

家に帰ってお正月さんのために取っておいた米で
カリカリやせた土間のネズミのために餅をついて力づけます。

野心など微塵もないじさまとば様の笑顔と穏やかな気持ちに
心がほっこり。二俣さんの絵もぴったりです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本 Amazonで購入
びんぼうなおじいさんとおばあさんが、自分の家に住んでいる痩せたネズミが、長者どんの太ったネズミに相撲で負けてばかりいるのを見かねて...。
有名は昔話「ねずみのすもう」ですが、図書館で借りてすっごく良かったので購入しました。ストーリーも絵もほんわか暖かく、うちのこどもも大好きです。2〜3歳くらいから読んであげられる本です。
樋口淳さんの文章はテンポも長さも丁度良く、読む時に一切省く必要も、付け足す必要もありません。大人も読み聞かせていて非常に心地よいです。
それに二俣英五郎さんの素朴な絵がとってもマッチしており、まさに文章と絵の絶妙なコラボレーションです。お勧め致します。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す