通常配送無料 詳細
通常2~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバー付、カバーにやぶれあり。 中の絵本は良好です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ねずみのすもう (子どもがはじめてであう民話 5) 単行本 – 1977/6

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 1977/6
"もう一度試してください。"
¥ 1,080
¥ 1,080 ¥ 225

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ねずみのすもう (子どもがはじめてであう民話 5)
  • +
  • だごだご ころころ (日本傑作絵本シリーズ)
総額: ¥2,376
ポイントの合計: 72pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

二ひきのねずみが、きりかぶのどひょうででんかしょでんかしょとすもうをとっていました。それを見ていたきこりのじいさまは……。


登録情報

  • 単行本: 35ページ
  • 出版社: ポプラ社 (1977/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 459101665X
  • ISBN-13: 978-4591016657
  • 発売日: 1977/06
  • 商品パッケージの寸法: 24.8 x 21.8 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 286,941位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
2
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 matthew 投稿日 2004/11/30
じいさまが山に木を切りに行ったところ、むこうやまの方で、「でんかしょ でんかしょ」とおもしろい掛け声がする。じいさまがむこうやままで行って木の陰から覗くと、となりの長者の太ったねずみとじいさまのやせっぽちのねずみがすもうをとっていた。太ったのねずみは、すっぽんすっぽん、やせっぽちのねずみを投げ飛ばす。ろくすっぽ食べ物がないからねずみがやせていると考えたじいさまは、家へ帰ってばあさまと相談し、大事にとってあったもち米でおもちを作って、戸棚の上へ置いておいた。その晩、おもちを食べたねずみは、次の日のすもうではそう簡単には負けないようになっていた・・・。岩手県遠野地方の昔話。
絵がとても良く、ねずみの表情が豊かで、じいさま、ばあさまの姿もユーモラスに描かれている。じいさまが、すもうを見に、斧を投げ出してほいほいむこうやまにとんでいく絵が、子供には特に受けたようでした。
子供のころ読んだときには考えもしませんでしたが、ねずみというのは子供を表していて、自分の子供に十分に愛情を注げば、その見返りがあるのだというお話なのかもしれないと、子供に本を読んであげながら思いました。
ちなみに、お話の最後に「どんどはれ」とありますが、これは遠野地方の言葉で、「めでたしめでたし」といった意味だそうです。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
あまりにも有名な民話。このタイトルの絵本は本当にたくさんあります。でも、やっぱり子供に見せるなら、絵が魅力的な方がいい。その点、この本の絵は素朴で、情緒があり好きです。私は、すもうをするねずみやおじいさんを包む森の中の雰囲気がとても好きです。夕焼けの色。小さなねずみの長い影。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す