この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

ねじ子の ぐっとくる脳と神経のみかた 単行本 – 2013/11/11

5つ星のうち 3.8 11件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 3,980 ¥ 1,401
click to open popover


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

皮膚や筋肉を押したり引いたりつついたり。
脳や神経の状態を知るにはさまざまなテクニックがある! 五感を使った顔・体の神経のみかた、体の感覚のみかた、筋肉のみかた(MMT)を、イラストで丁寧に解説します。
他書ではあまり載っていない「死亡確認」も掲載。看護師、医学生はもちろん、リハビリテーションにかかわる人も読んでおきたい一冊!

【看護師のためのWebマガジン「かんかん! 」での紹介記事】
igs-kankan.com/article/2013/12/000840/

[Contents]
■顔の神経のみかた
脳神経のみかた
I番 嗅覚 嗅神経
II番 視覚 視神経
III番 眼球運動 動眼神経
IV番 滑車神経
V番 外転神経
VI番 顔の感覚 三叉神経
VII番 顔の筋肉 顔面神経
VIII番 聴力 聴神経
IX番 のどの神経 舌咽神経
X番 迷走神経
XI番 首の筋肉 副神経
XII番 べろ 舌下神経
■体の神経のみかた
体の神経解剖/生理つまり機能的なこと
■筋肉のみかた(MMT)
徒手筋力試験/顔/首/胸/肩/肘/手首/握力/太もも/膝/足首/ ほんのわずかな筋力低下/MMTカルテの書きかた
■体の感覚
体の感覚のみかた/皮膚の感覚/関節の感覚
■腱反射
腱反射のしくみ/腱反射のやりかた/アゴ(下顎反射)/肘の内側/手首の親指側/ 肘の外側/膝(膝蓋腱反射)/アキレス腱反射/カルテの書きかた/出たら異常な反射
■死亡確認
お看取り
はじめに

みなさんこんにちは。今回の本は「脳と神経のみかた」です。
人間を最も人間たらしめている臓器、それが脳と神経です。その人をその人として認識する最も重要な器官と言えます。「人間が何をもって人間であるか」「その人が何をもってその人であるか」というのは非常に難しい哲学的問題ですが、性格や考え方、それに基づく行動によって人間の価値が決まるのであれば、「脳」とその出先機関である「神経」のふるまいによって、人間は人間たりうると言っても過言ではないでしょう。
社会的に最も重要な臓器にも関わらず、人類の長い歴史において、脳と神経の働きはずっとベールに包まれたままでした。脳は非常に軟らかい臓器で、頭蓋骨という硬い骨に守られています。脊髄も同様に脊椎(背骨のこと)という硬い骨に守られています。外から見ても中でいったい何が起こっているか、さっぱりわかりません。異常が起こっても、それがいったいどんな病気か(脳梗塞か? 脳出血か? 脊髄のどこか切れたか? など)をうかがい知ることができなかったのです。表面に見えるのは、ある日突然ろれつがまわらなくなったとか、言動がおかしくなったとか、右腕が麻痺したとか、足が痛くてたまらないとか、そういう表面的な「結果」だけでした。
ブラックボックスの中身を外からなんとか予想しようと、人類は努力してきました。古来より医者は、脳と神経の出先機関である皮膚や筋肉や腱を見ることによって、「脳と神経のどこが悪くなったのか」を推理してきました。体じゅうを叩いたり、ひっかいたり、なぞったり、押したり引いたり力比べしたり、様々な検査法を編み出してブラックボックスの中で起こったことを予想していたのです。
人類が四千年の歴史をかけて積み上げてきた技術、それが今回の本で紹介する「脳と神経のみかた」です。
近年になってようやく、CTやMRIで脳みその中が「見える」ようになってきました。神経伝達物質や脳内ホルモンも見つかり、神経細胞(ニューロン)がどんなふうに興奮して、どんなふうに情報を伝えているかも、ある程度わかるようになってきました。それでもまだまだ、わからないことがいっぱいあります。人体において、脳と神経は最後に残されたミステリーゾーンだと思います。
この本では、あまたある神経学的所見の中から、よく使う重要なものを抜粋して紹介します。もちろん、この本に載っていないもっと細かい神経学的検査方法はまだまだいっぱいあります。それらを勉強したくなった方は、ぜひさらなるぶ厚い教科書にチャレンジしてください。
森皆ねじ子

著者について

森皆ねじ子
医学生時代よりイラストレーターとして活動を開始。
卒業後、医師として病院に勤務しつつ、月刊誌やフリーペーパーにマンガとコラムの連載を続ける。
2007年、看護師向けフリーペーパーで「ねじ子のヒミツ手技」の連載をスタート。
主な著書に「ねじ子のヒミツ手技1st Lesson」「ねじ子のヒミツ手技2nd Lesson」(ともにエス・エム・エス)など。
ブラックジャックもいいけれど、むしろ手塚治虫に憧れる医者兼マンガ家。


登録情報

  • 単行本: 136ページ
  • 出版社: 医学書院 (2013/11/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4260017721
  • ISBN-13: 978-4260017725
  • 発売日: 2013/11/11
  • 梱包サイズ: 20.8 x 15 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 36,019位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

2014年8月18日
Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2016年1月21日
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2017年11月21日
Amazonで購入
2014年3月1日
Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2016年1月16日
Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2015年9月17日
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2013年12月2日
Amazonで購入
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2014年12月7日
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告