通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (新... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (新潮文庫) 文庫 – 1997/9/30

5つ星のうち 4.4 142件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 1,728 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 680
¥ 680 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (新潮文庫)
  • +
  • ねじまき鳥クロニクル〈第2部〉予言する鳥編 (新潮文庫)
  • +
  • ねじまき鳥クロニクル〈第3部〉鳥刺し男編 (新潮文庫)
総額: ¥2,311
ポイントの合計: 72pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

受賞歴

第47回(1995年) 讀賣文学賞小説賞受賞

内容紹介

「人が死ぬのって、素敵よね」彼女は僕のすぐ耳もとでしゃべっていたので、その言葉はあたたかい湿った息と一緒に僕の体内にそっともぐりこんできた。「どうして?」と僕は訊いた。娘はまるで封をするように僕の唇の上に指を一本置いた。「質問はしないで」と彼女は言った。「それから目も開けないでね。わかった?」僕は彼女の声と同じくらい小さくうなずいた。(本文より)

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 312ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1997/9/30)
  • ISBN-10: 4101001413
  • ISBN-13: 978-4101001418
  • 発売日: 1997/9/30
  • 梱包サイズ: 15 x 10.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 142件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 9,224位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
羊をめぐる冒険で垣間見たもう1つの世界や圧倒的な邪悪と言った著者の作品に通底するテーマが平凡な主人公の日常に起きた出来事と絡みながら話が進む如何にも村上春樹作品。スピリチュアル的な様相もありながら実に読みやすくあっという間に読み終えてしまうのは著者の思惑と計算通りだろう。著者の作品の中で最高傑作かと言えば他の作品を挙げるが村上春樹という安心のブランドの安定した作品なのでしょう。1日1〜2時間程度読めば1週間弱で読み終わるくらいなのも自分の読者層を考えての事だろうか。扱われるテーマの割に通勤の際に読んでも考えさせられる事も無いし肩も凝らない。ライトノベルのスピリチュアル?
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
時間も空間も越えて、物語のなかに引き込まれました。一番好きです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
私のような平凡な人間にはこの中のひとつのエピソードだけで充分なくらいに目まぐるしく物語が進んでいきます。それが小説の面白さなのだといえば、この作品は評価に値します。ただ、モンゴルの井戸の底には太陽の光は物理的に届かない。北回帰線より北だもんね。重要なモチーフの場面だけに、春樹それでいいのか?
編集者も気付かなかったのでしょうか。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
もう読んでから10年は経つかな、あとはごくたまに出だしの方読み返すか、位なんだが、こないだそれやっても、いいなあ、上手いなあと思った。最初読んだ当時の印象のまま書くと、出だしから違和感、非日常感、これから何が起こりこの小説を読む事で何を得られるのか、といった小説そのものの中味から来る期待感と世間の村上春樹小説への高評価から来る期待感がないまぜになった気持ち、ディテール展開への興味、まあスパを茹でるシーンや何やにサラリーマン生活を送って来ずジャズBarだっけ送って来た生活の特異性が出てるのは初期作品からなんだけど、それやこれや色々期待を持たせながら読み進めさせて、それなり納得いくくくり迄持って行っている、途中で世界観そのものを示唆、暗示するような穴こもりシーン、短編集中国行きのスロウボートの中の午後の最後の芝生に次ぐ村上作品中、私的高評価作品です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 投稿日 2016/12/31
形式: 文庫
著者の作品、「ノルウェイ」までは新刊を心待ちにしていたファンでしたが、
この話には入っていけず、初読時は序盤で挫折してしまいました。

10数年ぶりに再挑戦し、何とか読了したのですが、、、
やはり、しんどかったです。
この人の小説の、風通しのよさやシンプルさから一転して、
メタファーが多すぎな感じで、よく分かりませんでした。

二度三度の再読を要する物語のように見受けられますが、
そこまでのエネルギーが喚起されません。

それでも最後まで読めたのは、笠原メイらのキャラクターの魅力、
また、妻が一体何を抱え込んでいたのか、カッティサークの空箱とは?といった興味からでしたが、
わからずじまいでした。

もしかして「ツインピークス」みたいな謎解きに目線が行ってたのでしょうか。
分かりません。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
主人公の岡田トオルは根源的な悪と対決するために井戸の底に下りていきます。

なぜ根源的な悪と対決するのか・・・愛する人がそれに苦しめられているからです。
なぜ井戸に下りていくのか・・・意識の底に人間の普遍的な心の闇、すなわち悪が存在するからです。
物語は迷路のような展開をくぐり抜けて、夫婦がきずなを取り戻す姿を描きます。

【猫の失踪】
「あなたの身にはこれからしばらくのあいだにいろんなことが起こることになると思います。猫のことはおそらくその始まりに過ぎません」

猫の失踪をきっかけにして、主人公は謎にみちた人々と出会います。
主人公は彼らが妻のクミコの深刻な問題を示唆していることになかなか気づきません。

【加納クレタ】
「私が十代のいちばん難しい時期にあって、姉の存在をいちばん必要としていたときに、
姉はいつもどこか遠くにいました。」

加納クレタと姉のマルタの関係は、クミコと亡くなった姉の関係に酷似しています。
クレタの辛く孤独な人生は、クミコの過去を投影しているのかもしれません。
そして両者の抱える問題の先に、綿谷ノボルが深くかかわっていることが暗示されます。

【水のない井戸
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー