Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 300
100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[加藤一, かや]のねこのこと。麟太郎のこと。: 余命二カ月の猫と暮らした、最期の日々のお話。 (ねこのことシリーズ)
Kindle App Ad

ねこのこと。麟太郎のこと。: 余命二カ月の猫と暮らした、最期の日々のお話。 (ねこのことシリーズ) Kindle版

5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 300

商品の説明

内容紹介

「――余命二カ月の猫と暮らした、最期の日々のお話」

 猫が好き。
 猫と一緒に暮らしている。
 ずっと一緒にいたい――。

 しかし、人間より遙かに短い生を生きる猫の最期を看取ることは、我々が猫と暮
らすうえで避けて通ることができません。
 本書は、猫と安穏に暮らすための手引き書とは言えないかもしれません。
 それでも、全ての猫の友のためのやがて来る「その日」のための一冊として、参
考になれば幸いです。


【目次】
麟太郎のこと。
僕らの平穏
九月、ぼくらはそれに気付いた
十月、東大病院へ
十一月、余命
十二月、暮れていく日々
一月、闘いの終わり
帰泉
後片付け
巡る季節
あの日のこと(+kindle版のためのあとがき)


【立ち読みサンプル】

■麟太郎に出会うまでの僕

 僕の親父は魚屋だった。
 魚屋と猫の関係なんていうものは、得てして良好であることはない。親父は干物
を咥えて逃げていく猫のことを嫌っていたし、僕の家には犬とインコがいたから、生
活の中に猫が入り込む余地はなかった。
 小学生の頃、野良猫を撫でようとして手痛い反撃を喰らったことがあった。不意打
ちだったので、結構な深手を負った。
 だから、何となく猫は苦手だった。

【……続きは本編で!】


【著者プロフィール】
実話怪談作家。1967年静岡県生まれ。
『「超」怖い話』シリーズ編著者、『「極」怖い話』シリーズ、『「弩」怖い話』シリーズ、
及び『恐怖箱』シリーズ総監修(以上、竹書房)、児童書『怪異伝説ダレカラキイタ?』
シリーズ(あかね書房)などを始めとする、数々の怪談を手がける。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 1016 KB
  • 紙の本の長さ: 157 ページ
  • 出版社: 竹の子書房; 2版 (2013/3/7)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00BQPUYCC
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 121,660位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
アクセサリー感覚でペットを飼う人間もいますが、
ペットを家族として迎え入れるためには、たくさんの覚悟をしなければなりません。
家族が増えることで楽しいことがたくさん増える分、
実はそれ以上に責任と覚悟が必要なこと、それを大変深く考えさせられる作品です。

病、寿命、死を見届けるまでの苦悩と覚悟、恐怖、
自分達以上に苦しんでいるだろうと気遣う気持ち、そして迎える別れの時。
家族を失った消失感を乗り越え、また新たな覚悟で迎え入れる強さと優しさに感動しました。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
動物を飼っている人なら、必ず迎える「その日」。
残された僅かな日々を、「その日」を悔いなく迎えるために奮闘する著者。
いや、悔いがない筈はない。
家族たる飼い猫のためにどれ程のことをしようと、あとに残される者は後悔するんです。
あれもしてやればよかった、これもしてやればよかった、と。
「僕には書くことしかできないから」
著者は日々を綴っていくことで、自身の気持ちを整理していたのかもしれません。
避けることのできない「その日」のために。

数年前看取った飼い猫のことを思い出しました。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
一匹の猫の、余命宣告から死後の顛末が綴られています。
ペットを家族と考えられない方には全くおすすめできません。
ですが今現在犬や猫と同居している方や、犬や猫を看取った経験をお持ちの方にも
あまりおすすめしたくない。つらいから。

正直なところあまり期待して購入したわけではなく、著者のツイッターを日々楽しく
拝見させていただいている事への対価として購入しました。
大切な誰かを失う事、それをどうやって自分に納得させるかが書かれた本だと思います。
とてもよい買い物をしました。

涙腺の緩い方は人前で読むのは避けましょう。
可能な限り部屋で一人で読みましょう。
特に子供時代に愛犬と死に別れた経験を持ったおじさんなどは
絶対に電車に揺られながら読んではいけません。
・・・私じゃないですよ?
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
本書は猫との生活が軸に書かれていますが、同時に闘病生活の参考になる情報も盛り込まれています。
猫を飼ってる方、これから飼う方、まずは読んでみることをオススメします。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover