通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ぬらりひょんの孫 1 (ジャンプコミックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

ぬらりひょんの孫 1 (ジャンプコミックス) コミック – 2008/8/4

5つ星のうち 4.0 42件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 421
¥ 421 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ぬらりひょんの孫 1 (ジャンプコミックス)
  • +
  • ぬらりひょんの孫 2 (ジャンプコミックス)
  • +
  • ぬらりひょんの孫 3 (ジャンプコミックス)
総額: ¥1,285
ポイントの合計: 30pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

ぬらりひょんの孫 1 (ジャンプコミックス)


登録情報

  • コミック: 200ページ
  • 出版社: 集英社 (2008/8/4)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4088745574
  • ISBN-13: 978-4088745572
  • 発売日: 2008/8/4
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11.4 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 42件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる



関連メディア

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
ここのレビューで賛否両論が激しかったので気になって購入しました。自分としては予想以上に楽しめました。まず絵がカッコいいです。ページをめくるたびに上手くなっていると思います。あと個性的なキャラクターもいいですね。主人公はもちろん雪女などサブキャラクターも魅力的な感じです。ただバトルに関しての描写に迫力がなかったのでそこらへんを頑張ってほしいと思います。
ここのレビューに書いてあるような「作者は妖怪の勉強が足りない」とかそこらへんは全く気にしなくていいと思います。少年ジャンプですし、いちいち妖怪マニアの大の大人がそこに激怒しなくてもオーケーです。
とりあえず自分の感想は、絵が素敵でギャグも笑えるとこも有り、続きが気になる内容でした。次巻も買うと思います。
コメント 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 西京BOY 殿堂入りレビュアートップ1000レビュアー 投稿日 2008/8/4
形式: コミック
読切の時から好きだった「ぬらりひょんの孫」。個人的に最近のジャンプでは特に楽しみにしている。
非常に娯楽作品として優秀な漫画だと思う。

まず妖怪の総大将がぬらりひょん、という部分からして惹かれるのだが
重要なのはそこではなくこの漫画は妖怪を格好いいもの、として描いてあるという部分が新しい。
普通とは違う、フック的な部分があると個人的には入っていきやすい。
正に新しい価値観で描かれた物語である。

話の方向性としては、奴良組と呼ばれる妖怪一味があり、そこの3代目が主人公のリクオなのだが
妖怪の血を4分の一しか継いでないため、一日の4分の一しか妖怪になれなかったり
人間っぽい部分を多く残しているのでイマイチ組の連中から信用されていない。
その組同士のイザコザ、そして分家との因縁、また学校で生活する日常があったりと
意外と幅広い方向性で作られている物語。
今後もバトル一辺倒にならず、この方向性を維持してほしいと思う。(恋愛方面にも密かに期待しているが)

なによりもリクオのキャラが強烈である。言い方が悪いが、普段のリクオはやや腑抜けている部分が目立つのに対し、
妖怪のリクオの方は理屈ぬきに格好いい、切れの良いキャラ造詣になってい
...続きを読む ›
コメント 75人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
たまたま久しぶりにジャンプの雑誌を友人から借りて読んでみたところ、
新しいマンガの中で目にとまったのが『ぬらりひょんの孫』でした。
単行本を購入して読んだところ、最近の小説の方で流行っていたような内容のつくりになっており、
非日常世界との絆や、属性が「すこーし」新しいキャラクターたちがとても魅力的に描かれていてなかなか面白いマンガだと感じました。
特に他のジャンプのマンガと比較して顕著なのは、コマ割がとても上手で、ほかのマンガよりも目を引く描き方がとても気に入りました。不思議にひきつけられるのはこのせいでしょうか?

一巻では大勢の妖怪たちが宴会をやっているシーンがとても印象に残りました。
こういった「絆の形」は個人的に大好きです。

二巻目を買うのがちょっと怖くなるほど面白い一巻でした。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
いわば鳴り物入りで連載スタートという感じでした。
当初は読切向けの漫画だと思いましたが、登場人物も増えていきなかなか面白いのではないかなと思います。

絵も上手いし、たまにギャグも面白いし、勿論ストーリーは1巻以降進んでいくので面白くなってくると思います。

腐女子向け漫画だと思うのなら勝手に思っていればいいとは思います。
なんか格好良い男を書いたら(要するに絵が上手いってことか)すぐに腐女子向けらしいですし。
きっとそう思ってる人は今のぬら孫を読んでないんでしょうね。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
処女作にしては、キャラクターは中々よく描けてると思う。但しストーリーと殺傷シーンは少し幼稚かな。
でも期待の新人だから、メキメキ腕を上げて描いてほしい。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
将来性がとてもある漫画だと思います。
画力の伸びも目覚しく、第一話の頃と、8月現在、本誌で連載中の絵と比べても
明らかに上達しています。
話の内容も、回を重ねるごとに奥深くなり、最近ではバトルシーンの描写にも、
他の漫画には無い、大きな魅力を感じます。
日常描写での生き抜きも、なかなか楽しませてくれます。
キャラクターの個性、役割も、やはり回を重ねることに濃くなっていき、
物語をよりいっそう味わい深くしていきます。

主要連載陣と新連載陣の人気の温度差の影響か、
必然的に短期連載が多くなっている少年ジャンプですが、
この『ぬらりひょんの孫』は、本誌を見る限り、なかなかの人気をキープしているようで、
このままの勢いで突っ切ってもらいたいです。
読みきりの頃から、このマンガ、作者の力に魅力を感じた読者も多いようで、
そこからもこのマンガへの期待や、将来性を伺えます。

一巻を読んで、『ぬらりひょん』の世界が気に入った方、いまいち自分には合わなかったという方も、続刊、続々巻に期待していただきたいです。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック