中古品
¥ 799
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 センチュリー
コンディション: 中古品: 良い
コメント: アマゾンコンディションガイドラインを基準に出品しております。発送は,ヤマトDM便等(ポスト投函)となります。小口等ヨゴレ使用感 表紙カバー等イタミ
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

にせもの美術史―メトロポリタン美術館長と贋作者たちの頭脳戦 (朝日文庫) 文庫 – 2002/3

5つ星のうち 4.3 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 700
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 505
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

世界はだまされたがっている!えせギリシャ美術から現代巨匠の贋作まで、欲望と嘘に彩られた「芸術的詐欺」が巻き起こすスキャンダルの数々を、慧眼の鑑定家としても知られる著者が豊かな実体験を交えて語る。あなたは芸術を愛するか、それとも「芸術的詐欺」を愛するか。

内容(「MARC」データベースより)

古代ローマでつくられた似非ギリシャ美術から、現代巨匠の贋作まで、欲望と嘘に彩られた「芸術的詐称」が巻き起こしたスキャンダルは数知れない。元メトロポリタン美術館長にして慧眼の鑑定家が語る贋作者たちとの頭脳戦。
--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 466ページ
  • 出版社: 朝日新聞社 (2002/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4022613661
  • ISBN-13: 978-4022613660
  • 発売日: 2002/03
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 212,795位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
後書きを読むと3つの章を省略したらしいのですが、それでも翻訳はありがたいと思います。価格的にも、原書のペーパーバックの値段に比べると、まあ安いといえましょう。
ホーヴィングは、ドイツ人のエキスパートを信頼して使い、かつ学んでいるようです。大学でワイツマン教授(ドイツ人の中世美術の権威)に学んだ影響かもしれません。9章のシュタイングラバー、14章のソンネンバーグが著しいものでしょう。
一方、この本では、三枚目の役柄のロリマーは、もともと、メトロポリタン分館
クロイスターズ創立当初の責任者で、大きな業績をあげた人です。
本書のなかで、ホーヴィング自身が遭遇した話、メトロポリタン美術館が直接関係した話には、詳細で興味深い話が多いと思いました。
125頁のメトロポリタン美術館のエトルスクの偽物彫像は、一時ずいぶん話題になったらしいのですが、写真を観るのはこれが初めてです。詳細な経緯もホーヴィングのこの本で初めて読むことができました。
ただ、全体に図版が少ないのは困ります。ミケランジェロのダヴィデ像のように、有名な本物については、画集などでみることができるのですが、議論の対象となっている偽物については、写真図版があまり公表されていないので、偽物の方だけでも写真図版が欲しいところです。本の価格をおさえるためでしょうが、あと5、6点あれ
...続きを読む ›
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 ニューヨーク・メトロポリタン美術館の元館長である著者が、美術品の世界に溢れる贋作・詐欺について語った1冊である。
 「世界はだまされたがっている」。巨匠自身が手っとり早く稼ぐために行う自身の傑作の粗悪な複製、修復の度が過ぎて贋作同然になってしまった本物、一流美術館に目玉展示品として飾られ続けた偽物の逸話、逆に偽物と思われていたものが後から本物と判明した例、著者自身が実際に出会った人物も含む贋作者・贋作商人の列伝…。19世紀に本物以上に見事なルネッサンス彫刻の模作を作り続け、分け前の少なさに怒って名乗り出た後も名声が衰えなかったジョヴァンニ=バスティアニーニなどは、おそらく最も幸福な贋作者だったのだろう。そして今では、バスティアニーニ作と銘打った偽物を掴まされている美術館や収集家が、きっとどこかにいるに違いない。
 今なお真贋論争が続く作品への判定には疑問を感じる部分もあり、実物の写真や科学鑑定の理論・手法についての解説が少ないなどの不満もあるものの、自身の体験談も織り交ぜた著者の贋作談義は詳細で幅広く、現代だけでなく古代ローマからルネッサンス期・ヴィクトリア時代に至る贋作の歴史、贋作を生む社会的な背景への考察なども興味深い。ちなみに著者によれば、騙されないための基本は、ニード(皆さん欲しがってますよ)、スピード(急がないと売れちゃいますよ)、グリード(お得です
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
 贋作や贋作者を取り上げた文献は数多いが、なぜ多いかというと、
はっきりいって素材が面白いからだろう。
 本書は、そういった贋作系の本でも、さらに一歩踏み込んだ面白さに溢れた名著である。
 とりあえず全訳ではなく、有名な贋作者メーヘレンなどの章はカットされていたり、
ある程度の知識がある人を対象としているような感じかもしれないけれど・・・
 しかし、メトロポリタンの名物館長が語る贋作秘話であり、とにかく最初から最後まで
すっごい面白かったので、興味ある人はぜひ読むべし。
 ちなみに絵画だけでなく古代の芸術品とか彫刻の方が多いくらいなので、
絵画の贋作者のみ期待している場合は、別の本が良い。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告