この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

においカミングアウト 単行本 – 2001/6

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
¥ 641
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

商品説明

   プルーストの『失われた時を求めて』で、語り手である「私」が紅茶に浸したマドレーヌを口に運んだ瞬間、その香りと味によって幼い日の記憶を鮮明に呼び起こされたように、香りには視覚や触覚とはまた違った、人の心に強く訴えかける何かがある。人気のインターネットコラムサイト「Webやぎの目」のコーナーの1つ、「においカミングアウト」に寄せられた投稿を集めた本書を読むと、そう実感せずにいられない。

   本書に収められているのは、「オヤジの頭のにおい」に始まり、クーラーのカビ、犬の足の裏、文房具のスティックのり、さらには張りっぱなしのばんそうこうなどといったにおいを愛する人々の告白。他人にはとても恥ずかしくて言えない、そんなにおいへの嗜好を告白する機会を、インターネットという匿名性が許される場で与えられた人々は、驚くほど饒舌(じょうぜつ)である。なかには、想像すると気分の悪くなるような告白もあるが、なにしろ1000近い投稿が掲載されているから、自分もこのにおいが好きだったな、と思い出したり、あのにおいが好きなのは自分だけじゃなかったんだ、と思わぬところで同好の士を発見したり、と楽しめる1冊である。

   本書につけられた1201(いーにおい)円という定価、ところどころに穴の空いた表紙の装丁、さらに著者の手書き文字がいい味わいを醸し出す読者アンケートハガキなど、本自体のつくりも凝っている。(和久裕子)

著者からのコメント

ひとりで読むのも楽しいけど、おおぜいで読むのもイケます。 このまえ知人3人でビールを飲みながらこの本を読んだ。すごく楽しかった。

最初は「排気ガスのにおいっておれも好きー」などと本に載っているにおいについての話だったが、いつのまにか「ごめん、実はおれ○○○のにおいが好きなんだ」とか「ふつう嗅がないでしょ?! そんなにおい」という告白合戦になった。ちょっとせつなくなるにおいもあり。ギリギリなにおいもあり。

その友人たちとの距離は縮まった気もするし、遠くなった気もする。

とにかく、おおぜいで読みながら盛りあがるためには、まわし読みではなくひとり1冊買う必要があるということだ。

というわけで買ってください。

お願いします。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 391ページ
  • 出版社: 光進社 (2001/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4877610634
  • ISBN-13: 978-4877610630
  • 発売日: 2001/06
  • 梱包サイズ: 16.6 x 13.4 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,315,487位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(3)

トップカスタマーレビュー

2001年7月24日
形式: 単行本
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年12月3日
形式: 単行本|Amazonで購入
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2002年5月4日
形式: 単行本
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。森永