通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
([な]5-1)ハブテトル ハブテトラン (ポプラ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 エブリ堂
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: アマゾンのガイドライン基準にて販売させていただいております。原則として帯はございません。■こちらの商品は、メール便(追跡機能がございません)で発送予定でございます。あらかじめご了承ください。ゆうメールやDM便にて配送させていただいておりますが、局留は配送トラブルをさけるため受け付けておりませんのでご了承ください。配送は土日祝日においては配送されないこともございますので到着が注文確定から商品到着まで最長3から7営業日を要する場合がございます。また値札ラベルがあるものの販売をしている商品もございますので、そちらについてはあらかじめご了承くださいませ。住所間違いによる返品、決済後既に配送した後のキャンセルにつきましては発送後の返金は送料はお客様負担となりますが、商品返却後商品代金のみの返金させていただきます。ご住所はお間違いのないようにご確認をよろしくお願いいたします。※配送業者によっては宛名が不明の際は到着が遅れたり、届かない場合がございますので十分にご注意くださいませ。48時間以内に発送をとらせていただいております。誠意のある対応を心がけておりますのでよろしくお願いいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

([な]5-1)ハブテトル ハブテトラン (ポプラ文庫) 文庫 – 2010/9/15

5つ星のうち 4.4 9件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 605
¥ 605 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ([な]5-1)ハブテトル ハブテトラン (ポプラ文庫)
  • +
  • 平成大家族 (集英社文庫)
  • +
  • イトウの恋 (講談社文庫)
総額: ¥1,877
ポイントの合計: 60pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「ハブテトル」とは備後弁で「すねている」という意味。母の故郷・広島県松永の小学校に、2学期だけ通うことになった小学5年生の大輔。破天荒な大人や友達と暮らすうち、大輔は「あること」に決着をつけようと、自転車で瀬戸大橋を渡ることにする。著者唯一の児童文学。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

中島/京子
1964年東京生まれ。東京女子大学卒。日本語学校、出版社勤務を経て、1996年にインターンシップ・プログラムスで渡米、帰国後にフリーライターとなる。03年に『FUTON』でデビュー。『小さいおうち』で第143回直木賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 255ページ
  • 出版社: ポプラ社 (2010/9/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4591120961
  • ISBN-13: 978-4591120965
  • 発売日: 2010/9/15
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 436,309位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
小学5年生の星野大輔は東京ではあれやこれやで登校拒否状態。
心配したパパとママのすすめもあってママの故郷の瀬戸内の小さな町へ「疎開」します。
地元の小学校に「留学した」彼が夏から冬にかけて海辺の町で経験した出来事と彼の成長を描いております。

作者自身が少年少女小説への感謝を込めて書いたということで確かに「大人の目線」からは非常に「懐かしい気配」があります。

海辺の町が舞台ということで現代の物語ではあるのですが、時間の流れは都会のそれとは違って感じられます。
でも、たとえば大輔が通う小学校での友達の一人がいきなりブラジル人だったりするのが絶妙に「現代のリアル感」を醸し出していますね。
パパだけでなくママがバリバリの仕事人だったりするのも同様です。

少年少女向けに書かれているということでサクサクと読めるのですが薄味と感じることはありません。大輔が経験する出来事や彼の感じたことのエッセンスが上手く抽出されていると言えばいいでしょうか。
あくまで大輔くん、只一人が物語の中心で彼以外の登場人物はパパ・ママを含めてすべてが「脇役」なのだ。
成長期の子供時代にはほかに目をやる余裕もなかったもんなぁ。

その上で脇役の味付けに手抜かりはなく大輔の祖父母や
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
物語の舞台は広島県福山市松永。表紙カバーの折り返しには、《「ハブテトル」とは備後弁で
「すねている、むくれている」という意味。「ハブテトラン」は否定形。》とあって、
どこかまあるい感じのする方言が、作中をぽんぽん飛び交う。
東京の小学校で、学級崩壊、担任教師の責任転嫁などで、学校に行けなくなった
5年生の大輔が、母の故郷である松永に2学期の間だけ転校する。

いつもの中島京子さんの含みのある文体とは異なって、ぐいぐい突き進んでゆく力強さに、
ちょっと圧倒される。
そして、好ましくない状況にある子どもが、迷いながらもいまを乗り越えようとする、
『ザ・ピルグリム』(島村洋子著)や『卒業うどん』(服部千春著)などを思い出していた。

祖母の幼なじみのハセガワさんのぶっとんだキャラクターがものすごくいいんだな。
ゲタリンピック、プリントップ、潮崎神社のだんじり……トピックスも盛り沢山。
そして、東京にいたときからずっと引きずっていたある事を、自力で
どうにか解決しようと決意するにいたる、気持ちの揺れ。
これを決行しているシーンが、まさに表紙カバーの絵なのだ。
このことによって、大輔がぐっと自信をつけ、成長したことはまちがいない。
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
「…『おいしゅうない、おいしゅうない』思うて食べると、
きっと、おいしゅうないんよ。『おいしいじゃろ』思うて
食べると、たいがい、おいしいんよ。おいしゅうなかったら、
それは、このお酢とは合わんかったとか、入れすぎてしもうたとか
そういうこともあるんじゃけど、なんにも食べんうちから『まずい』
思うたら、そりゃあ、負けじゃね。じゃけえ、『きっと、楽しいじゃろ』
おもうて学校へ行きょうたら、そのほうが楽しかろうて、
おばあちゃんは思うんよ」〜本作より

上記のおばあちゃんの言葉にいっぱい励まされました。

映画『学校4』のような、主人公の成長していく過程がさわやかで

すがすがしい一冊。

わかりやすくて読みやすく、温かい文章です。

広島県・松永の方言を含めた文化も魅力的でした。

個性的で素敵な人たちがたくさん出てきます。

「よい本」の典型のような本です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
夏休みに広島で過ごす孫たちに読ませるために購入。
広島弁が楽しい。
小学校の途中まで広島に住んでいた娘たちにも読ませたい本。

本の状態も大変よく、届くのが待ち遠しかった。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 missee-p 投稿日 2014/4/11
形式: 文庫 Amazonで購入
ヘンなストーリーですが、楽しくおもしろくよみました。◎です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告