通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
なんでも英語で言えちゃう本 がカートに入りました
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

なんでも英語で言えちゃう本 単行本(ソフトカバー) – 2016/1/16

5つ星のうち 3.6 23件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2016/1/16
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 999

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • なんでも英語で言えちゃう本
  • +
  • ずるいえいご
  • +
  • 30日で英語が話せるマルチリンガルメソッド
総額: ¥4,212
ポイントの合計: 128pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介


単語力も、フレーズ集も、もういらない!
たった「3語」を意識するだけ!



「そんなの、常識だよ」
「彼、すごい“これみよがし"! 」
英語でこう言いたいとき、あなたならどうするでしょう?

英会話に苦手意識を持っている人のなかには、
単語がわからなかったり、日本語で言いたいことを英語に翻訳できなくて、
会話が止まってしまうという人が多いでしょう。

言いたいことを伝えるのに必要なのは、単語力ではなくある「考え方」です。
本書では、スピーキングの力が劇的に上がるメソッドと
誰でも使える3つのステップを、やさしく解説します。

会議から日常会話まで、事例も豊富に掲載し、
仕事で必要にせまられている会社員から、海外旅行で英語を使いこなしたい、
海外から来た友人と英語で話したいという方まで、
単語力には頼らない、「伝わる英語」の方法論を教えます。


もくじ

はじめに――英語がペラペラな人たちだけが知っている秘密
第1章 だからあなたは話せない
第2章 すべてのペラペラ人が、なんとなく知っている事実
第3章 英会話は、“3語"でできる!
第4章 3語で解決するための、3ステップ
第5章 実践 なんでも英語で言っちゃおう
「おわりに」に代えて――本当は、英語力は問題じゃない

内容(「BOOK」データベースより)

言いたいことを伝えるのに必要なのは、単語力ではなく、ある「考え方」!スピーキングの力が劇的に上がるメソッドと、3つのステップを徹底解説!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 200ページ
  • 出版社: 日本経済新聞出版社 (2016/1/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4532169798
  • ISBN-13: 978-4532169794
  • 発売日: 2016/1/16
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 23件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 9,101位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?


関連メディア

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

英語コンプレックスだった筆者が留学や外資系企業の経験から「考え方」を変えるだけで英語は話せるようになるという本。
その「考え方」とは、「引き出す力」。
これまでに培ってきた文法や単語力だけを使って、言いたいことを表現してみようというもの。
筆者のホームページにあるが、例えば「あがる」。
「人前で話すのに緊張しちゃってあがってるよー!と言いたいシーン」を自身でどう「言い換え」るか。
何通りも考えられる。
このように日本語は何通りもの英語に言い換えることができる。
考えてみれば当たり前だが、パターン英語に慣れた日本人にはこれができるようでできない。
面白い試みだと思う。
もっとも、背景の考え方はリプロセシングと同様。
日本語を英訳できるような日本語にして英訳するというもの。
「単語力も、フレーズ集も、もういらない!「たった「3語」でOK!」ということは絶対にないが、リプロセシングの考え方を知りたい方にはお薦めである。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
なんでも言えるというのは分かります。
でも、外国人の相手の言っていることを理解できなくては、会話は成立しません。
英会話の問題点の半分を解決したのはいいですが、もう半分の「聞いて理解する」方も解決してくれないと・・・
1 コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
もし今日、上司に呼ばれて「二週間後からアメリカ勤務」と言われたらどうしますか?

私なら、この本を持って行きます。

それがこの『なんでも英語で言えちゃう本』です。

この本の何が凄いかというと。
新たに英語の知識をインプットするのではなく、今ある英語の知識で「話せるようになる」実践方法が書いてあるということです。
※さすがに中学卒業まで程度の知識は必要ですが

しかも、初めにするのは日本語のトレーニング。
書き間違いではないですよ。日本語でどう考えるかを鍛えるんです。

これが画期的かつ、この本の凄いところです。

日本語での表現力の幅を広げることが英会話に役立つなんて気づかなかったでしょう?
本当に目から鱗が落ちる人、たくさんいると思います。

もちろん英語トレーニングもあるんですが、それも暗記ではありません。

ここまで書くと著者の青木さんに叱られるかもしれませんが、英語を話せる人の多くが無意識にやってきた秘密、「本当に自分が伝えたいこと」に焦点を当てた「言い換え力」のトレーニングです。

この本の素晴らしいのは、自分でもやれるんじゃないか、と自信が持てるよう
...続きを読む ›
コメント 52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
これは素晴らしい!長沢先生の本のファンですが、本当にこれは傑作です!
英語をマスターしたい人ならだれでも手にとって見られたらいかがでしょう。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 mousecarp 投稿日 2016/2/16
Amazonで購入
小冊子にして雑誌の付録くらいでちょうどいい内容。タイトルが大げさ。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
この程度の内容で、本にしないで欲しいです。
このくらいは、普通やってます。
もう少しバリエーションがあれば、使えそうですが、
ワンパターン過ぎです。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 野宮 投稿日 2016/6/7
こんなオリジナリティも何もない本を、あたかも自分が考えたかのように書いている態度が良くない。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
言いたい事は分かりますが、やはり英語が出来る人の本だなと思いました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
言葉は道具です。日本人同士が日本語で会話しても通じないことがあります。
通じないときは、なんとかわかってもらえるように言い換えをします。
実は英語も同じです。英米の方と話をすると彼らも同じように言い換えをしています。
要するに当たり前のことですが、なぜか日本ではそういう話は出にくいものです。
それは、英語業界の人にとっては、日本人が英語に自信を持ったらお仕事がなくなるからかもしれません。
日本だけの当たり前に挑戦する大冒険を著者も出版社もしていると言えるでしょう。

ちなみに、私は海外経験もあり、現在日本企業の海外進出をお手伝いしています。
現在、海外進出日本企業は約7万社(外務省調査)もあります。
そこで働く現地の方は日本人から正しい英語を教えてもらうつもりはありません。彼らが知りたいのは、日本企業の持つ優秀な技術や経営の方法です。実際、派遣された日本人がそれまでの自分の経験を簡単な英語で伝えれば十分喜んでもらえますし、業績も上がります。

例えば、「改善」という日本語は、英語の辞書に載っている時代になりました。おそらく、あまり上手ではない英語ではあったが、なんとか「改善」を伝えたいと、いろいろな工場で多くの日本人が説明され続けた結果だと思います。そして、その努力が現地の
...続きを読む ›
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック