通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
なれる!SE (3) 失敗しない?提案活動 (電撃... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

なれる!SE (3) 失敗しない?提案活動 (電撃文庫) 文庫 – 2011/1/6

5つ星のうち 4.8 25件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 637
¥ 637 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • なれる!SE (3) 失敗しない?提案活動 (電撃文庫)
  • +
  • なれる!SE (2) 基礎から学ぶ?運用構築 (電撃文庫)
  • +
  • なれる!SE 4 誰でもできる?プロジェクト管理 (電撃文庫 な)
総額: ¥1,890
ポイントの合計: 60pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



「マンガ大賞2017」大賞は柳本光晴 『響~小説家になる方法~』に決定!
2位『金の国 水の国』、3位『ダンジョン飯』、4位『アオアシ』ほか >> 特集ページはこちら

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

とある企業から出入り禁止処分となったスルガシステム社長・六本松。しかし、その企業は大規模案件の発注を控えており、諦めきれない六本松がそのコンペに参加するべく自らの代打として白羽の矢を立てたのは、あろうことか新卒の桜坂工兵だった!右も左もわからないまま、立華や梢の力を借りて提案書の作成をはじめる工兵だったが…。立ちはだかるのは先方の公明正大を絵に描いたような潔癖キャリアウーマンに業界大手の競合企業たち。はたして小規模会社の新入社員・工兵に勝算はあるのか―。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

夏海/公司
兵庫県出身。『葉桜が来た夏』(電撃文庫)で第14回電撃小説大賞選考委員奨励賞を受賞、デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 312ページ
  • 出版社: アスキー・メディアワークス (2011/1/6)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4048701819
  • ISBN-13: 978-4048701815
  • 発売日: 2011/1/6
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 25件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 54,123位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
現役のSEです。
中堅規模の会社に勤めてて丁度、大手に提案で負けたばかりです。

この小説も、構築・運用ときて提案となりシステム屋が通る基本を制覇しました。
1巻の環境もしかり、2巻のSEとOPの確執もしかり、今回もしっかり大手との張り合い(?)がしっかり書かれてて面白かったです。
詳しい内容については買って読んで下さい。
実際のSEとしても違和感が無く、「あぁ」から始まる納得の上での読む楽しさが今回も味わえます。

業界に興味がある方、旦那、奥さんがこの業界の方はこのシリーズを読んで相手の事を理解してあげて下さい。
中小規模の会社のSEなんて、魂削って働いて少ない給料を得てるんですから(私だけ?)。
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 hiyo 投稿日 2012/6/23
形式: 文庫
SE生活20余年、ノウハウ本でない純粋なエンタテインメントものとしてSEを扱った小説は初めて読みました。今というよりも、昔のSEの仕事って誇張なしにこんな感じでした。SEの仕事や業界の悲喜交々を笑い飛ばすだけでなく、作者の愛情を持った目線を感じ好感を持って楽しめるました。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 出禁になった社長の六本松の代わりに、スルガシステムの新人社員桜坂工兵は、業平産業という一部上場の大企業のDRサイト構築の提案依頼を受けることになった。右も左も分からない提案活動、頼みの綱の室見立華も技術寄りで営業は素人同然。そして本来なら弱小ベンダーが受注できる規模の案件ではないのだが、コンペに現れた大手ベンダーのあまりの見下した態度に、本気で提案をしかけることにする。
 実は提案活動もしたことがある姪乃浜梢の手を借りて、一通り提案書は出来上がるのだが、やはりそこは規模の小さな会社であり、大手に比べて価格競争力に欠ける部分もある。一度はあきらめかける工兵だが、父の言葉にヒントを見出し、ユーザー企業へ特攻を仕掛ける。その結果得られるヒントとは、そしてコンペの結果は?

 技術者が主役なので、大手SIerの技術の無さと見下しっぷりが強烈に描かれている。圧倒的に不利な状況から、何とか勝つためのヒントを手に入れ、そして自分たちの自尊心も満足させる回答を見出して戦いに挑むのが醍醐味となっている。そういうスッキり爽快感がある、現代の戦士の物語だ。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 F-22 VINE メンバー 投稿日 2011/11/15
形式: 文庫 Amazonで購入
3巻のテーマは、提案です。

RFPって情報処理のテストでしか自分はみたことありませんが。
結構勉強になりました。

ノベルとしてもなかなか熱いストーリーで、スラスラと読めました。
大手のベンダーに対して、いろいろな方法を考えて、提案書を作成する。
内容は、読んでのお楽しみですが、ラストは胸がスッとしました。

このシリーズは、本当に生々しくあり、ラノベとしても面白くあり、
おすすめできる作品です。

それにしても主人公は、飲み込みが早いですね。
うらやましいです・・・
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
「大切なのは表向きの言葉ではなく裏側の真意を読み取ること。相手が本音の部分で何を望んでいるか汲み取ること。今回の件はどうだろう?相手の意向、本当に欲しいものはRFPに記載されているか?」。

いやあ、この3巻も面白かった。
RFP、NDA、クラウド、DRサイト。
本当によくIT業界について調べて書いている。

今回、桜坂工兵に丸投げされたのは、大型案件の提案。
競合相手は大手のIT企業。

互いに反目し合いライバル意識を燃やす美人のエンジニア2人の間を取り持ちながら、
そもそも提案活動って何?というレベルから、
様々な障害を乗り越え、体当たりで一気呵成に学んでゆく。
仕事をとる苦労を通して、無茶な条件の仕事が多いとはいえ、いろいろな引き合いをもってくる社長のすごさを見直したりもする。

ラノベ特有のコミカルな設定や軽快さや、
登場人物達のありえないくらいの優秀さと個性が、
なかなかいい味を出している。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
新米SEを主人公としたライトノベルの第3弾。前二作も面白かったけど、今回もかなり面白かった。
IT業界を舞台にしたちょっと甘めのライトノベルから、熱血SE物語になってきた。

今回のテーマは、提案活動。ユーザ企業の情報システム部門にいる身としては、もっぱらRFPを発して提案をお願いする立場にあって、その提案書を作成する側については、話に聞くしかないが、毎度、短い期日の中で仕上げてくる提案側の大変さは多少分かっているつもりだ。

また、この業界にある熾烈な企業間の競争や、企業規模の大小による格差なんかも実感することも多い。でも提案側がここまで、熱く提案に関わってくれれば、こちらもうれしくなるなぁ。他の提案の使い回しっぽい提案書も結構ある中で、今回の主人公たちの取り組みを読んでいて、こちらも胸が熱くなってしまった。

ただ、別にこの小説をビジネス小説としてだけ読むのはもったいない。主人公や彼を取り巻く女性たちとのやり取りの面白さは健在だ。

今回、一番のお気に入りは、発注者側の女性課長。彼女の「公正な受託者決定手続き」への思い入れは、同じ発注者側としては共感するし、そのクールさも素敵だ。

次巻も楽しみだけど、構築、運用、提案と来たら、次は何をテーマにするのかしら。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー