通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
なれる!SE (9) ラクして儲かる?サービス開発... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

なれる!SE (9) ラクして儲かる?サービス開発 (電撃文庫) 文庫 – 2013/5/10

5つ星のうち 4.1 17件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 572
¥ 572 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • なれる!SE (9) ラクして儲かる?サービス開発 (電撃文庫)
  • +
  • なれる!SE (10) 闘う?社員旅行 (電撃文庫)
  • +
  • なれる!SE (8) 案件防衛?ハンドブック (電撃文庫)
総額: ¥1,716
ポイントの合計: 54pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

アルマダの攻勢を受け、業平案件は守りきったものの業績が悪化したスルガシステム。苦境を脱すべく、社長が下したミッションは従来の個別システム構築ではなく定型のサービス開発と拡販だった。その実行チームとして立華、梢が選ばれる。そして犬猿の仲の二人を束ねるプロダクト・マネージャーに指名されたのは―もちろん我らが桜坂工兵!慣れない業態に五里霧中&試行錯誤の工兵たち。希望が見えたと思った矢先に立ちはだかるのは、思わぬ障害と失敗の許されない巨大な取引先!?萌えるSE残酷物語、新たなるチャレンジの第9弾。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

夏海/公司
兵庫県出身。『葉桜が来た夏』で第14回電撃小説大賞選考委員奨励賞を受賞、デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 264ページ
  • 出版社: アスキー・メディアワークス (2013/5/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4048916211
  • ISBN-13: 978-4048916219
  • 発売日: 2013/5/10
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.4 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 17件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 252,268位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 Edgeworth-Kuiper Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2013/6/4
形式: 文庫
ラノベの衣装をまとった軽妙さの中に、日本のIT業界の暗部を描き出し、密かな衝撃を与えてきたシリーズの第9弾!今度は、新規サービスの開発偏。

業績悪化に見舞われたスルガシステム。この低迷から立ち直るべく、社長みずから今までの個別システムの案件ではなく定型サービスの開発を指示する。ということで、今度はプロダクトのマネージャにされてしまった我らが桜坂工兵。サポートするのは犬猿の仲の室見立夏と姪乃浜梢。そして。。。

普通にNetworkの用語が飛び出してきたり、UDXビルとか地理的な描写もさりげなくリアルです。登場人物もおなじみで、面白おかしくドタバタしてくれます。一方、例によって、出来すぎのお話です。また、それほど意外感の無い展開でもあります。そして、暗黙のお約束になっていた新しい女性が登場しません。今までに比べると、SE残酷物語というほどでもないし。一言でいって、ハラハラ感とか、あるある感という点では、もうひとつかもしれません。まあ、今までのパターンにこちらもだんだん慣れてきて、知らず知らずのうちに求める水準が上がってきたのかもしれませんが。あまり過度な期待はせず、割り切って読めば、それなりには楽しめます。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ゼネコン真っ青の多重派遣が幅を利かせるIT業界において、自社サービスの展開は悲願です。今回のお話の焦点はまさにそれです。
ただ本編で梢が言っていた通りバクチであって、当たればでかいが大半は同様のサービスが乱立して結果小規模IT屋の製品は埋没してしまうものです(特許や実用新案をとればだいぶ変わってくるが)。

まぁ話の流れはいつも通りですが、今回違うのがSD部の福大が製品開発担当としてサービスチームに入ることですね。室見x梢のバトルはいつも通り楽しめますが、そこにまたアクの強ーい福大が絡んでくることで三つどもえの争いになる点は見物です。
扶桑の薬院さんも出てきたりで、目立つ新キャラは出てきませんが、安定的にぶっ飛んだキャラを揃えて各キャラの特性を強調する形で話を進めているのはある意味好印象かと。

あくまでフィクションであるライトノベルらしく、クロージングでは中小IT企業としては常識外の事態も起こりますが、ラノベらしくこれはこれでいいのかな、と思いますね。
ただ「月額課金サービス」であり、なおかつ競合他社が居ない現在の状況でこのサービスを提供し続けられるのか(今後のストーリーとして)は大きな意味を持ちます。ここまで話が大きくなってしまうと、今後このサービスがストーリーに常に絡まなければ矛盾してしまうからです。
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
作者様はプロダクト開発の現場の経験もありと読みました。切り取ったメントしては、さらっと流しておられますが、詳しく書くと3巻にわたるような、製造元と、販売の契約の話、監査、裏とり、客先への個別交渉など、あれも、これも、技術から離れないとやってられなかったっすね。私。でも、やっぱり良書だな。さすがだな。毎回、やっぱり、見つけてきますね。。。。まだ、やってないSE職務としては、コンサル業務か監査か入社1年記念で、銀行のシステム統合PJのプロマネとか。それに合わせて、女性関係を合わせて書いてほしい。でも、最後の部分で泣いてしまいました。良い本だと思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
これまでkindle版を買ってきましたが
待てど暮らせどvol9以降がkindle化しないので
仕方なしに文庫版を購入しました。
kindle化した文庫は、新刊も可能な限り早くkindle化してもらいたいです。

内容は、いつものように楽しいです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
『開発』という響きから,プログラムの方の開発を思い浮かべるかもしれませんが,
ここで言う『開発』とは何かを生み出すこと,つまり新しいサービスを…となります.

その新サービス開発が題材となる本巻ですが,やや大味というのが率直な印象です.
というのも,これまで登場していた『敵役』がこの巻ではハッキリとはしないためで,
起きるトラブルにしても,人対人ではなく,技術や機材を前面してザッと解決する流れ.
そのため,主人公の奮闘やそこから生まれる痛快さ,盛り上がりに欠けるのは否めません.

また,そういう展開のせいか,専門用語の飛び交うやり取りがいつもにも増して多く,
毎度毎度,うまく行き過ぎる点は,読みやすさやテンポの良さとして評価できるものの,
続いていたゲストキャラクタの登場もなく,内部調整が中心の展開は少し地味に映ります.

序盤,サービスの説明やたとえ話は分かりやすく,話に入っていきやすかったですし,
登場人物の昔話をチラリと語り,それを問題解決の打開策へと繋げる畳み方もまずまず.
チームがまとまっていく様子もよかっただけに,今回はちょっと物足りなさが残りました.
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー