通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
なるほどの対話 (新潮文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 OLD PADDY
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【帯無し】カバーにいたみがありますが、その他に使用感は少なく概ね良好な状態です。◆Amazon専用在庫につきキャンセルはありません。 ◆全品簡易クリーニング済み。◆ビニール梱包+茶封筒で発送。◆ゆうメールで通常ポスト投函なので、不在時でも受けとれます。(但し商品の大きさやポストの大きさによって一部例外あり)◆付属品がある場合には、その旨を明記しております。説明にないものは付属しないものとお考え下さい。◆Amazonの登録状況によってカバーデザインが異なる場合があります。その他に◆クリスタルパックに入れ商品を保管していますので、保管中のイタミはありません。◆不具合がありましたら対応いたしますのでご連絡ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

なるほどの対話 (新潮文庫) 文庫 – 2005/8/28

5つ星のうち 4.4 24件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 562
¥ 562 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • なるほどの対話 (新潮文庫)
  • +
  • 生きるとは、自分の物語をつくること (新潮文庫)
  • +
  • こころと脳の対話 (新潮文庫)
総額: ¥1,426
ポイントの合計: 44pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

吉本:「学校は自分をぐしゃぐしゃにした」という印象が強くあります。学校、つらかったですねえ……。河合:とにかく日本には、おせっかいが多い。それは、〈創造する〉作業にとって、ものすごくマイナスなんですよ。日本はクリエイティビティを表に出すのが、難しい社会です。──個性的な二人のホンネは、とてつもなく面白く、ふかい。対話の達人と言葉の名手が明かす生きるコツ。

内容(「BOOK」データベースより)

吉本:「学校は自分をぐしゃぐしゃにした」という印象が強くあります。学校、つらかったですねえ…。河合:とにかく日本には、おせっかいが多い。それは、“創造する”作業にとって、ものすごくマイナスなんですよ。日本はクリエイティビティを表に出すのが、難しい社会です。―個性的な二人のホンネは、とてつもなく面白く、ふかい。対話の達人と言葉の名手が明かす生きるコツ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 312ページ
  • 出版社: 新潮社 (2005/8/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101359512
  • ISBN-13: 978-4101359519
  • 発売日: 2005/8/28
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 24件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 114,305位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
河合さんの人生を支えてきた言葉「ふたつよいことさてないものは」
吉本さんの「困った人や苦しい人にむけて書きたい」という物書きと
しての姿勢が印象に残った、ほのぼのとした対談で楽しめる一冊で
ある。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/9/16
形式: 文庫
 少なくともどちらか一人のファンじゃないと話しについて行けないかもしれない。対話の表面には出てこないが河合氏の背後にはユング心理学があるし、またカウンセラーとしての経験をふまえて吉本氏との対話を進めていく。しかし、両氏のファンとなれば必読と言ってもよいかもしれない。経験豊富な両者の即興的な会話であるが、折に触れて読み返せば新しい発見もあるし凝り固まった心もほぐれるだろう。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ばななさんの心の本音を河合さんがうまく引き出し、

彼女の迷いや疑問に答えが見つかるように道しるべをつける・・・

そんな対談でした。

この対談は2人にとって、とても有意義なものであったのではないでしょうか?

私はいいことが書いてあるページのスミを折っておくクセがあるのですが、

この本は20〜30箇所は折ったと思います。

特に現在の若者と老いの章は“折り”が密集してしまいました。

河合さんがばななさんの小説を「普通の人が言っている、“やさしさ”とかいうやつの、

もう一つレベルの深いところがある」と言っておられましたが、すばらしい解釈だと思います。

なぜ、私がばななさんの小説にこれほどまでひかれるのか、

その答えもこの本で彼女を知ることにより、わかった気がします。

作家としてだけでなく、一人の人間としても彼女の考え方には

共鳴できるものがありました。

それを引き出した河合さんも本当に“対話の達人”です!
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
カウンセリングやコミュニケーションにおいて重要なのは、「カウンセラーと対面している時間」や「会話そのもの」っていうものに直接の意味を与えにくいっていうことなのではないかと思います。一般に人が望むのは、患者の症状が出なくなることや、また会話によって新たな情報を得、自分の行動に変化を出すことです。もちろん家族との団欒など、会話のための会話が行われる余地がまったくないというわけではありません。しかしコミュニケーションというものに対して、コミュニケーションの結果のみに目が行きがちになっている、あるいは結果が出ればコミュニケーションそのものの深度は軽視して良い、そういうおおまかな傾向は指摘できます。

たとえば他のレビュアーの方で、本書について「〜についての話が参考になる」と、あたかもネットやビジネス書で有用な情報を取りに行くように本書に対して対峙している方がいます。しかし僕が思うにこの読み方はまったくの誤読で、そういういわゆる有用な情報が一切含まれていなかったとしても、コミュニケーションがコミュニケーションとして楽しめるように、この対談が読書のための読書としてすっごく楽しめるものである、そのことを強調したいです。

そのことはばななさんも
「(自殺を)永久に止めるのは無理だと思いますから、二時間。『この本を読んでいる間は、ちょっと死ぬことを
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
だいぶのんびりしているな・・というのが2012年初読の印象。

折に触れて「のんびりやろーぜ」って感じなのだが
最近の貧窮家庭にふれている身とすると 
「ついついあせっちまうんだぜ!」と言いたくなってしまう。
まぁそーいう あせりが 自分 やそういった家庭の首を回り回って締めちゃうのもわかるんですけどね。

武器なしで社会に放り出されるのを見るのは怖いし、
かといって頼るだけの 人にしてしまうのもよくない。そういうところで行ったり来たりしている。
”ふつう”になじめない人のコミュ以外のすばらしい才能といっても
単に”できない”からなじめない という人もいるのはいっぱい見てるし・・。難しい。
(今の子供についても、違うタイプの家庭を語っているのだとは思うが、章によって「監視されすぎてる」といったり「社会的訓練を受けていない」といったり単語的なところでは結構つっこめそうな気がしました。)

とはいえ
関西人河合先生と江戸っ子ばななさんの軽妙なやりとりの中
絶望に効く薬 がいっぱいあったので てきとーに抜粋。
私やあなたのようなコミュ障にはききまっせ!
にしてもばななさんのラブレターは美しい!!

...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー