中古品: ¥395
配送料 ¥350 5月 26-28日詳細を見る
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 2010年発行・初版1刷。(帯付)で、ページ・カバー破れ、落丁、書き込みはありません。クリックポスト(追跡可)で即時発送します。宜しくお願いします。
シェアする
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
Kindleアプリのロゴ画像

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。

ならまち大冒険 まんとくんと小さな陰陽師 単行本 – 2010/4/16

5つ星のうち4.1 5個の評価

価格
新品 中古品
単行本
¥395
¥800 ¥395
【対象のおむつがクーポンで最大20%OFF】 ファミリー登録者限定クーポン
お誕生日登録で、おむつやミルク、日用品など子育て中のご家庭に欠かせない商品の限定セールに参加 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「たろうどの。ぜひ、お目にかかりたくそうろう」―奇妙な葉っぱのハガキに誘われて奈良に向かった太郎を待っていたのは、ちょっとヘンなやつばかり。動く狛犬や石の猿に、しゃべりだす飼い猫のキジ。そして平城遷都1300年祭のマスコット「まんとくん」。奈良の古い町並みを舞台に、おもしろキャラたちが大暴れ。

著者について

寮美千子(作)
1955年、東京生まれ。外務省勤務、広告コピーライターを経て、1986年、毎日童話新人賞最優秀賞受賞をきっかけに作家活動に入る。童話、詩、小説、ノンフィクションと幅広く活躍。2005年、小説『楽園の鳥』で泉鏡花文学賞受賞。2006年、奈良市に移住。2007年より奈良少年刑務所で詩の授業を受け持ち、受刑者の詩集『空が青いから白をえらんだのです 奈良少年刑務所詩集』(長崎出版)を編纂。2010年より奈良佐保短期大学非常勤講師。奈良の民間キャラクター「まんとくん」を応援。近著に奈良のお水取りをイメージしたファンタジー長編「夢見る水の王国」(角川書店)がある。

クロガネジンザ(絵)
1971年、埼玉県生まれ。専門学校卒業後、漫画家アシスタントを経て1994年、『月刊コミックNORA』(学研)で佳作となった「KI・RI・KA」でデビュー。その後読み切り作品を3本掲載。イメージキャラクター採用歴に奈良の「まんとくん」、青森浅虫水族館の「ここる」。 シンボルマーク採用歴に埼玉県鴻巣市のシンボルマークがある。その他入賞歴多数。現在はイラスト業をメインに活動中であり、童話の挿絵を担当するのは本作が初となる。

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 毎日新聞社 (2010/4/16)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2010/4/16
  • 単行本 ‏ : ‎ 152ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4620200271
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4620200279
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.1 5個の評価

著者について

著者をフォローして、新作のアップデートや改善されたおすすめを入手してください。
Brief content visible, double tap to read full content.
Full content visible, double tap to read brief content.

千葉県立千葉高等学校卒。外務省、広告制作会社勤務、フリーランスのコピーライターを経て、1986年、毎日童話新人賞を受賞、童話作家としてデビュー。以後、童話・絵本・小説・ノンフィクションと幅広く活躍。2006年より奈良市在住。

http://ryomichico.net/

1991〜1997年、衛星放送ラジオ局「セント・ギガ」に600篇以上の詩を提供。

1992年、野辺山宇宙電波観測所十周年記念絵本『ほしがうたっている』(絵・高橋常政、思索社)を制作。

2004年、兵庫県立西はりま天文台の2メートル望遠鏡「なゆた」完成記念絵本『遠くをみたい 星の贈りもの』(画・東逸子、パロル舎)を制作。

2005年、大人を主人公とした最初の小説『楽園の鳥 カルカッタ幻想曲』(講談社)が第33回泉鏡花文学賞を受賞。同年、財団法人アイヌ文化振興・研究推進機構の助成を受けて制作した絵本『イオマンテ めぐるいのちの贈り物』(画・小林敏也、パロル舎)が小学館児童出版文化賞候補作に選出。

上記以外の作品に、子どもを主人公とした小説『小惑星美術館』『ラジオスターレストラン』『ノスタルギガンテス』『星兎』(以上パロル舎)『夢見る水の王国』(角川書店)、先住民文化関連絵本『父は空 母は大地 インディアンからの手紙』『おおかみのこがはしってきて』(いずれもパロル舎)、絵本『黒い太陽のおはなし 日食の科学と神話』(絵・佐竹美保、小学館)、ノンフィクション『マザー・テレサへの旅 ボランティアってだれのため?』(学研)『しあわせの王様 全身麻痺のALSを生きる舩後靖彦の挑戦』(小学館)など。

幼稚園・保育園向けの月刊絵本誌でも数多くの作品を発表し続けている。それらの中から絵本『おおきくなったらなんになる?』(鈴木出版)『ほしのメリーゴーランド』(フレーベル館)などが単行本化されている。アジア各国で翻訳出版された作品も多い。

金沢歌劇座で2012年に上演されたオペラ「ラジオスターレストラン 星の記憶」では原作・脚本を担当した。

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.1
星5つ中の4.1
5 件のグローバル評価
星5つ
47%
星4つ
18%
星3つ
36%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2010年4月21日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2010年4月19日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2012年12月31日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2011年1月30日に日本でレビュー済み
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2014年1月20日に日本でレビュー済み
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する