Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,244
ポイント : 12pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[森田敦史]のなにもしていないのに調子がいい ふだんの「呼吸」を意識して回復力を高める
Kindle App Ad

なにもしていないのに調子がいい ふだんの「呼吸」を意識して回復力を高める Kindle版

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,244

紙の本の長さ: 216ページ

商品の説明

内容紹介

かくいう私も20代前半までは不調だらけでした。
13歳のときにクローン病という腸の難病(特定疾患)を患い、チック症、自損、胃潰瘍・十二指腸潰瘍・腰椎椎間板ヘルニア、両股関節骨折、関節の炎症や変形など心身に関わる病気を数多く経験してきました。

そんなときに、あることに気づきます。

ある呼吸の仕方をしていると、苦痛が和らぐということです。

さまざまな治療法や健康法で結果が出なかったこともあり、もう病気を治すとか治さないではなく、「自分がいかに楽にいられるか?」という視点に立って、徹底的にその呼吸の仕方で毎日を過ごすようにしました。
これが呼吸を整えるという作業です。

呼吸を整えて過ごすと、あれだけ酷かった症状は1年も経たないうちにほとんどなくなってしまったのです。それ以来、今に至るまで15年以上、症状は出ていません。
また、症状が改善しただけではありません。集中力や体力、疲れにくさなど仕事のパフォーマンスも上がりました。1日15時間働いても次の日に疲労が残らない。そんなことも起こったのです。

1日1回の「静」の時間として呼吸法を取り入れ、それを基準に1日3万回とも言われるふだんの呼吸を整えていく。
それが本書の内容です。

自分の心身すべてに関わる呼吸。
それは、いってしまえば、自分自身そのもの。
呼吸を整え、ケアするということは、「ふだんの自分をいかに洗練させていくか?」というテーマにもつながっていきます。

最終的には、特段何も意識せずとも、呼吸を整えている状態が〝当たり前〟の状態になります。「ただ在る」というだけで「なにもしなくても」呼吸を整えていられる自分になるということなのです。

内容(「BOOK」データベースより)

忙しい人こそ呼吸を穏やかに保つ。それだけで体調やメンタル、姿勢・睡眠・仕事、すべてが整う。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 11684 KB
  • 紙の本の長さ: 156 ページ
  • 出版社: クロスメディア・パブリッシング(インプレス) (2016/9/1)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01LL00JDU
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 33,211位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
マインドフルネスや呼吸に関する本を読みまくっている人には既知のことも多いと思われるが、かなり具体的。マニュアルとして使える。

「力まない」だとか、「ふだん」を大切にする、など、こういう本で即効的な対処療法を求めがちな人(自分か...)への警鐘が散りばめられているように感じた。

後半は「所作」という表現を使い、習慣化について説明しており、個人的にはツボ。
呼吸法の本を読むと、「(これまで説明した呼吸法を)習慣にしましょう」みたいな漠然とした締めが多い印象があるが、本書の説明はしっくりくる。ひとつひとつの所作を、地に足をつけて行い、ひとつが終わったら一旦停止する。これを心がければ呼吸を乱さず、自然と習慣化される、という感じか。

なお、姿勢自体は「背筋を伸ばさない」「ピンとしない」ことを推奨している。背中を軽く丸める感じ。

まだざっと通しで見ただけだが、何回も読んで身につけるという読み方が適切な本かと。結構おすすめ。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
超多忙な方にこそ、お勧めの本でした!
私は鍼灸マッサージ師の先生もさじを投げるほど肩こりがひどく、「肩こりには水泳がいいよ」と言われても、ジムに通う時間なんて、とても取れずにいました。
しかし、どんなに忙しくても「呼吸」はします。「呼吸状態」を変えることで、タイトル通り「なにもしていないのに調子がいい」となれるのなら、本1冊を読む1時間は、安い投資だと思いました。

結局1時間では読み終わりませんでしたが、大変価値ある投資になりました。
1時間で読めなかった理由は、2章で自分の呼吸状態をチェックしていくと、「不調」を引き起こす呼吸しかできていなかった結果がボロボロ出て来て、
「このままではマズイ。書いてあるとおりにやってみよう」
と読み流すのではなく、一つ一つ丁寧に試してみたからです。

また、価値ある投資だと思ったのは、その場で「呼吸の質が変わった」と体感できたからです。
普通、エクササイズやストレッチといった動きのあるスキルの習得は、文字では伝わりにくいのでは? と思うところですが、この本には、いい意味で裏切られました。
受取手(読者)の思考速度に合わせて書かれているので、非常にわかりやすいです。
セミナーのように講師が目の前にいれば、疑問点をすぐ聞けますが、
...続きを読む ›
コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover