通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
なでしこ御用帖 (集英社文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

なでしこ御用帖 (集英社文庫) 文庫 – 2012/9/20

5つ星のうち 3.9 13件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 626
¥ 626 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • なでしこ御用帖 (集英社文庫)
  • +
  • 斬られ権佐 (集英社文庫)
  • +
  • 聞き屋与平―江戸夜咄草 (集英社文庫)
総額: ¥1,857
ポイントの合計: 58pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

八丁堀の町医者の娘お紺は、娘盛りの十七歳。その楚々とした風情から、なでしこちゃん、と呼ばれているが、実は大酒飲みの捕物好き。それもそのはず、祖父は“斬られ権佐”のふたつ名を持つ捕物名人。ある日、次兄の流吉が、殺しの下手人として、しょっ引かれたからだまっちゃいられない。岡っ引きの金蔵小父さんを引き連れて、現場にのりこみ真相を探る。人情と恋と家族愛の心温まる時代小説。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

宇江佐/真理
1949年函館生まれ。95年、「幻の声」で第75回オール讀物新人賞受賞。2000年、『深川恋物語』で第21回吉川英治文学新人賞受賞。01年、『余寒の雪』で第7回中山義秀文学賞受賞。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 318ページ
  • 出版社: 集英社 (2012/9/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087468798
  • ISBN-13: 978-4087468793
  • 発売日: 2012/9/20
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 103,875位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
斬られ権佐の孫たち、一人は医者に、一人は仕立て屋に、そして一人は捕り物好きの娘、それぞれがいい味を出しています。会うことのなかった祖父でも斬られ権佐として語り継がれる祖父を心から誇りに思い、精一杯生きている姿が清々しく読後感の良い作品に仕上がっています。また、娘が結婚相手を選ぶ事件は感動的です。斬られ権佐を読まれた方にはぜひオススメしたい1冊です。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
斬られ権佐の孫娘で「なでしこちゃん」の愛称で周りから可愛がられているお紺の物語。権佐の血を引いて捕物好きで市井の事件に首を突っ込み解決する活躍と、二人の男性に結婚を申し込まれて逡巡する様子が書かれています。作者の筆力からどのお話もそれなりに面白いものの、斬られ権佐に比べてお紺始め登場人物たちのキャラクターのインパクトが小さすぎて、全体的に平凡です。可もなし不可もなし、です。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
私はこの人の時代小説が好きで、たくさん読んでます
なでしこ御用帖、は、斬られ権左、の続編で、斬られの最後が権左の死、で終わるから、その救いにもなる続編です。
その楚々とした風情から、なでしこちゃん、と呼ばれているお紺ですが、実は大酒飲みの捕物好き。

なでしこ御用帖 (集英社文庫)

八丁堀のなでしこ/
 次兄の流吉が犯人と疑われて、なでしこちゃんが乗りだします

養生所の桜草/
 長男の助一郎は、養生所で修行中
 8代将軍の肝いりで始まった養生所だけれど、与力同心の見回りは手抜きで中間たちはやりたい放題
 そんな中で男の首つりが続き、さらに女看護人が殴られて骨折
 だれが、どういう理由で、ってお紺
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 医師である父を助けて患者の世話をするお紺は17歳。
 呉服屋の手代をしている次兄の流吉が事件に巻き込まれ、
下手人の疑いをかけられたことから首を突っ込み、見事な
推理で兄の窮地を救う。
 どうやら、祖父の「斬られ権左」の血が騒ぐのか、それ
以来いろいろ事件が気になって仕方がない。
 流吉も手先が器用で、事件後は仕立屋の道を歩き始めた。
 仕立屋は「斬られ権左」の本業だった。
 そして長兄の助一郎は医師の見習いをしている。
 これは父はもちろん、女医であった権左の妻あさみの血を
引いているようだ。

 3兄妹がそれぞれ祖父や親の血を引いて、立派に真っ当に、
そして仲良く暮らしてゆく。
 今日び、なかなか羨ましい世界かもしれない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
宇江佐真理さんの書かれているものは、どれも温かい。人間ってかわいいなって思えるので、私にとって現実に疲れた時、心を癒すお薬です。何作か読んでいるので、このキャラは、あの作品のキャラと似てるわとか、思ってしまう点はありました。「ひょうたん」~「夜泣きめしや」を読んだ時にも感じたのですが、こういう感じに前の作品の子孫を描かれると、ご先祖様に私って感謝の気持ちもっと持たないと・・とか、私のこの性格はどのご先祖さんの血なんだろっとか思います。そして、人間って儚いようで代々続いていっているのねって思うと元気が出ます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ちゃむ 投稿日 2016/6/10
形式: 文庫
ふと目に入って読み返したくなりました。
「やる気がなくなって、やりたいと思わない」に至って死ぬ事はごく普通の事なんだと、初読の時には大して印象に残らなかった部分が、今回はすんなりと腑に落ちました。
割と単純なキャラですが、とても健全かつ真っ当。少し融通利かせても…と思う部分も無きにしも非ずですが、気持ち良く読みました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 あんちん 投稿日 2016/11/14
形式: 文庫 Amazonで購入
切られ権佐の続きで、祖父母の血が孫に受け継がれているところが面白かった。
親子愛、兄弟愛、叔父叔母の愛などがうまく描かれている。
人は家族に支えられて生きているんだなと思える一冊でした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す