通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
なぜ雇用格差はなくならないのか―正規・非正規の壁を... がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

なぜ雇用格差はなくならないのか―正規・非正規の壁をなくす労働市場改革 単行本 – 2009/3

5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,836
¥ 1,836 ¥ 214

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • なぜ雇用格差はなくならないのか―正規・非正規の壁をなくす労働市場改革
  • +
  • 「非正規」をなくす方法―雇用、賃金、公契約
  • +
  • 「非正規大国」日本の雇用と労働
総額: ¥6,480
ポイントの合計: 135pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

政・労・使「不作為の罪」を問い、混迷からの突破口を提言。派遣やパート、期間社員、契約社員など非正規雇用へ向かう大きな趨勢のなかで、目先の政治課題にあまり惑わされることなく、正社員と非正社員を巡る雇用や賃金・処遇、セーフティネットなどの問題について、客観的な事実の上に立ち、かつ問題の根本に立ち返って、その解決の突破口を探る。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

小林/良暢
グローバル産業雇用総合研究所所長。1939年生まれ。70年電機労連本部書記局に入職。その後企画部専門部長、中央執行役員。90年連合総研主幹研究員、電機総研事務局長。2003年にグローバル産業雇用研究所を設立。2006年~08年、経済財政諮問会議労働市場改革専門調査会委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 246ページ
  • 出版社: 日本経済新聞出版社 (2009/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 453231447X
  • ISBN-13: 978-4532314477
  • 発売日: 2009/03
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.2 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 520,610位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 luz 投稿日 2014/6/18
形式: 単行本
私自身は企業の労務屋です。
この本を組合出身の人が書いているとも知らず、読んだ最初は違和感があって著者プロフィールを見て「やっぱり」と思いました(笑)が、意外や意外、今まで読んだ本の中でも最もバランス感覚にあふれていると思います。

実際のところ、現場の人事マンとしては今の「正社員vs非正規社員」の身分格差的状況が良いなんて決して思っておらず、忸怩たる思いです。

本書によれば、すべての悪の元凶は「正規雇用至上主義」であり、この問題を解決しようとすると、労働者の味方であるはずの「連合」がもっとも抵抗勢力となってしまう事実。一方の日経連もこの問題をスルーしており、さらにマスコミもおもしろおかしい報道ばかり...そりゃこの問題はいつまでも解決しないわな、と納得です。

「解雇規制が厳しいから正規雇用が増えない」と、労務屋ではなく組合出身の著者が書くのはビックリしました。が、現場を見るものとしては実際には120%その通りだと思うので、もうちょっと皆さん現実を見てほしいなと思います。仮に解雇規制を緩和したからといっていきなりバンバン人を切るような度胸は会社にもないですし、もしあったとしてもそんな会社には人も定着しないので、間違いなく早晩つぶれるでしょう。

結局、人をモノ扱いするような会社は生き残れな
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
他の雇用格差の本だと、格差の実態を紹介した後「格差は許せない。雇用主は責任をもて。規制を。」と終わる本もあるが、
この本は、今の規制では現状は変えられないと様々なデータから示し、雇用側の事情もふまえながら、具体的な解決策を提示している。

データが苦手な私も分かりやすい文章ですんなり読めた。

もっと著者の考えが雇用政策に反映されたら良いと思う。

2009年の本なので、最近の労働関係の法律改正を著者がどのようにとらえているのか知るために、最新作が読みたい。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 非正規と正規の格差を改善するにはどうするべきか。

 非正規の正規雇用を促進するより、非正規のままでもやっていけるように非正規の待遇を改善するというのが作者の主旨。
 年金や雇用保険にもふれられていて、なかなか興味深かった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 働く貧困とか雇用格差などの問題が大々的に取り上げられているが、話題になればなるほど、この問題を扱う報道番組や書籍には、正社員と非正社員の対立を煽るような過激な内容のものが多い様に感じる。
 世間一般の人びとは、報道されているような実態に接して「格差」を実感しているわけではないし、そこまでの切迫感はないと思う。たとえば、職場において短期雇用で働く労働者が増えているとか、家族や知人に学校を卒業しても定職につかない若者が多くなっているのをみて、身近な格差社会を感じるのではないだろうか。
 著者は、電機・電子関係の会社で働く労働者が組織する組合で仕事をし、労働者の労働条件や賃金実態に詳しい。「非正規労働者が失業した場合、雇用保険の一般求職者等給付が受けられないため、問題が深刻化すること」などの例を挙げ、正規労働者と非正規労働者の立場の違いをわかりやすく解説している。その上で、非正規労働者の雇用と生活の安定に必要な、積極的雇用政策、賃金・処遇の均等待遇、公的セーフティネットや就業支援、年金改革などについて提言している。
 日常生活と「報道の世界」とにギャップを感じる人にとって、そのギャップを埋めるために役立つ入門書となる。自分が読み終わった後に、大学生の息子に読ませたいと思う。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
商品の購入日からその配達日までの日数が割と短くて良かった。商品の包装もキチンとしていて良かった。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告